2007/12/11

なばなの里は・・  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

約束ですから、なばなの里の画像を
UPしなければなりませんが
いつも言い訳している通り
全然いい画像が写せていません。
かろうじてこの程度です。
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとアングルは違いますがこの池の上を写したものです。

tontonのmayumiさんに「夜景を写す時は
必ず三脚を使って、自動シャッターを使うように」
と教えてもらいましたので
それを実行しようとしたのですが
あまりの人の多さに三脚を建てる場所が確保できません。

背の高い夫が「貸してみろ」というので渡したのですが
「シャッターを押した瞬間に背中を押された」などと言って
二人でもたもたしてるうちに
バッテリー切れになってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します

これは点灯する前の光のトンネルです。
点灯すると金色になります。
かなり長いトンネルをくぐっていくと広い宇宙が現れます。
天の川に流星がいくつも見られそれはそれは綺麗でした。
春にはチューリップの、秋にはコスモスの咲き誇る
大花壇一体を夜空に見立ててあるのです。
クリックすると元のサイズで表示します

ここはベゴニア園です。
クリックすると元のサイズで表示します

目くるめくような花のシャワーの下にあるカフェです。

昼の明るいうちに園内を散策しますが
それでも16時45分の点灯までには時間があります。
ここは温かいし、そういう時間つぶしには最適で
夫はいつ用意したのかちゃんと本を持参していました。

そんなわけでイルミネーションの画像は
なばなの里のHPでご覧くださいまし。
0

2007/12/9

妻女山  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

私と同世代の女性の方、子供の時お手玉で遊びましたか?
私の地方ではお手玉といわないで
「さいじょうさん」と呼んでいました。
お手玉で遊ぶ時に「さいじょうさんはきりふかし」
と歌いながらやったからでしょうね。

ところで、ずっとこの歌の意味を知らずにいましたが
今、大河ドラマで川中島の戦いの場面をやっていますが
これを見て「さいじょうさん」と言っていたのは
「妻女山」の事だと知りました。
子供の時耳で聞いて覚えたことは
おかしな覚え方をしていることも多いのですが
こんな歌でした。

  さいじょうさん(妻女山)は霧深し
  千曲の川波荒らし
  はるかに聞こえる物音は
  逆巻く波かつわもの(兵)か
  昇る朝日の果てのての
  きらめく光 くるくると周りの陣所のえ
  めぐり合わせるときの声
  あわせるかみもおもしろく
  敵はこの旗血に乱れ
  川中島の戦いは
  聞くも語るも勇ましや

こんな歌を歌いながらお手玉をやっていましたが
どうしてこれがお手玉遊びの歌になったんでしょうね。
また、岡山県の片田舎に
どうやってこの歌が伝わってきたんでしょうね。

最近やっと、昔の人の暮らし振りや考え方に
興味を持つようになって
司馬遼太郎さんの「街道を行く 尾張編」を読んでからは
いっそう史跡を訪ねてみたいと思うようになって
昨日夫が「七里の渡し」を見に行こうと言った時も
喜んでついていきました。
クリックすると元のサイズで表示します

最初の画像は櫓の跡
この鳥居が七里の渡し跡だそうです。
鳥居の向こうには海があるばかりなので
どうしてだろうと思いましたが
鳥居の向こうにあるのは伊勢神宮らしいです。
0

2007/12/8

なばなの里  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

正月休みまでの土日で
「2日とも休めるのは今日が最後だ」と夫が言うので
なばなの里へイルミネーションを見に行ってきました。

4時45分に点灯なのですが
4時ごろからツアー客なども含めて大変な人出でした。
久しぶりに夜の人ごみを歩いたせいかとても疲れました。
また後日画像をUPさせていただきます。

UPした画像は桑名市のマンホールの蓋です。
「その手は桑名の焼きハマグリ」
という言葉があるようにハマグリが名物で
マンホールの図案もハマグリちゃんでしたよ。
0

2007/11/30

デンパーク  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

おしゃべりの尽きない話題をもう一つ。
約一ヶ月前うさぎさん、チーコさんとデンパークへ行きました。
ほんとは明日が1ヵ月記念日なんだけど
(そんなのあり?いいんです、私が決めました)
今月は30日までしかないので一日早めです。

彼女達とはネットを通じたお友達で
同じ県に住んでいるのだけれど
会えるチャンスはなかなか無い。
よって、この日もしゃべるしゃべる・・・
私適には時間が足りませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

岡崎に絵手紙展を見に行って
その後足を伸ばして連れて行ってもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

↑このレンガの内側は「秘密の花園」です。
クリックすると元のサイズで表示します

童心に返って、汽車ポッポのような車にも乗ったりして
とても楽しい一日でした。
遅くなりましたが、うさぎさん運転ありがとう!
0

2007/11/30

寂光院  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

寂光院は我が家から近いので
家族と一緒に、夫と二人で、友達と、など何度か訪れました。
その間には、絵手紙を始めたり、水彩画を習ったり
インターネットを始めたりなどしたので
その都度自分の視点が違っているように思われます。
クリックすると元のサイズで表示します

今回は絵手紙の友達でもなく、ネットの友達でもないので
画像を写したがるのは私だけで
(携帯で写す人はいましたが)
立ち止まっては写し、写しては走って追いつきで
上の画像2枚の最後尾に写っているのは
どちらも一緒に行った友達です。
クリックすると元のサイズで表示します

(↑これは弘法大師筆塚の上から見下ろしたものです)
クリックすると元のサイズで表示します

(↑後ろにちらちら見えるのは桜です)
こういう友達と出かけたとき
何よりも優先するのはおしゃべりで
食べる口も動くけれど、おしゃべりが尽きません。
クリックすると元のサイズで表示します

しゃべりながらも私が考えるのはやはり絵手紙のことで
この仏足を見て思ったのも
瓦當のように描いてみたらどうだろうという
誠に不信心なことでした。
今度は絵手紙の友達と訪れたいものです。
0

2007/11/20

武相荘へ行く  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

かねてから行きたかった武相荘を訪ねてきた。
↑これはショップのところから見た門。
クリックすると元のサイズで表示します

↑ここが入場券売り場とショップ。
クリックすると元のサイズで表示します

門のところにはおなじみの新聞受けがある。
クリックすると元のサイズで表示します

門を入ったところから見た母屋。
クリックすると元のサイズで表示します

門を入ってすぐ右には農機具を置いてある。
その2階はギャラリーになっている。
クリックすると元のサイズで表示します

母屋を正面から見たところ。
クリックすると元のサイズで表示します

母屋の前の竹林。
クリックすると元のサイズで表示します

丁度こんなレトロな着物を着た女性がいました。

夫は想像していたとおりの家だったと
とてもご満悦で何度も記念写真に納まっていました。

家の内部は撮影禁止でしたので画像はありませんが
白洲夫妻が愛用していた家具や品物を展示してあり
正子夫人の書斎は生前と同じ状態に保ってあります。
萱葺きの農家なので内部は薄暗く
若い時あんなにシャイで、スポーツカーを乗り回していた
次郎さんがこういう家に住んでいたというのも面白いですね。

私が白洲夫妻に興味を持ったきっかけは
「君は僕の究極の理想だ」という
次郎さんのプロポーズの言葉です。

いい時間を過ごす事が出来ました。
0

2007/11/1

岡崎作品展  お出かけ

作品展を見に岡崎へ出かけてきました。

これはウェルカムボード。
古い籠に貼られた紙の色 、布で作った果物
これも籠に活けられた秋の草花がとても素敵です。
クリックすると元のサイズで表示します

メンバーの紹介。
秋だけど紅葉していないのは
メンバーがみんな若々しいということかな?

思ったんですけど
絵手紙の講師の方って皆さんイキイキして素敵ですね。
ここの講師ももちろん素晴しい方でした。
クリックすると元のサイズで表示します

全体の感じです。
これは古い戸を4枚あわせて周囲に絵手紙を展示してあります。
クリックすると元のサイズで表示します

水族館でスケッチされたというペンギンの絵は
蚊帳を利用してありました。
クリックすると元のサイズで表示します

ここの講師はコラージュが得意ですが
今回の一押しはこれ!
チラシなどの光沢のある紙を切り抜いて
素敵なかばんを作ってありました。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなかわいらしいのもありましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

ギョッ!!画像が大きい!
分かりやすいからこのまんまにしときましょうか・・・
0

2007/10/27

伝統工芸品祭り  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

今日と明日は今年最後の陶器祭りで
しかも夫が一番楽しみにしている祭りなので
雨にもかかわらず出かけてきた。

昨年も書いたので重複するが
ここは山の中に点在している窯を訊ねて歩くもので
秋の山の風情が楽しめるし
それをうまく利用して商品が並べられているさまを
見るのがとても楽しい。

さすがに今日の雨ではそれも見られないかと思ったが
陶器は雨に濡れても大丈夫なものだけに
並べてある場所もありました。
クリックすると元のサイズで表示します

ある窯ではいつも秋の花をふんだんに生けてあります。
クリックすると元のサイズで表示します

ここは座敷に上がって商品を見るようになっています。
花がいけてあるのはこの左側の縁側です。
クリックすると元のサイズで表示します

ついつい私は飾ってある絵の方に関心がいきました。
言葉が面白いですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

夕方綺麗な虹が出ました。
その時いた場所が悪かったですね。
クリックすると元のサイズで表示します

帰り道はこんな雲を見ながら走りました。
明日はきっと晴れるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/25

常滑招き猫通り  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

うとうとさんには常滑招き猫通りにも
連れて行ってもらいました。
名鉄常滑駅から続く道の壁に39体の猫が並び
訪れる人を迎えてくれます。
クリックすると元のサイズで表示します

抜粋してUPさせていただきますね。
クリックすると元のサイズで表示します

これは夫婦円満猫
クリックすると元のサイズで表示します

縁結び
クリックすると元のサイズで表示します

羽田桂子さんの厄除け
クリックすると元のサイズで表示します

旅行安全 私は寅さんを連想します。
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと首をかしげる最後の猫。
禁煙というタイトルで
タバコのパッケージの上に
猫の足跡がついています。

全部の画像をご覧になりたい方は
常滑市観光協会のHPから探してください。
0

2007/10/24

東浦絵手紙展  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

先日出かけた作品展「絵手紙かふぇ」の
展示の仕方がいいねという意見がありましたので
重複するところもありますが紹介してみたいと思います。
まず、奥田先生のウェルカムボード。
この鬼が好きです。
クリックすると元のサイズで表示します

その隣がカップの並んだ赤い棚。
出展者の名前と落款を紹介してあります。
クリックすると元のサイズで表示します

これは会員の皆さんが布を染めて
その布で絵手紙の文字を書いてあります。
クリックすると元のサイズで表示します

その奥に秋らしく案山子さんがいます。
クリックすると元のサイズで表示します

たわわに実った柿の木が。
左の方を見ていただくと分かりやすいと思いますが
絵に描かれている枝がちゃんと繋がるように
レイアウトされています。お見事!!
クリックすると元のサイズで表示します

つぎはこれ。右の方は講師の作品です。
左の作品は面白くて、たとえばこのバナナ
クリックすると元のサイズで表示します

一番右の1本をむくと中から
手紙が現れてくるようになっています。
アイディア賞ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

左に曲がると上のほうはタペストリーに貼られた
個人の作品。その下が一閑貼り。
退屈させない展示になっていました
0

2007/9/30

お茶わん47個  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

茶碗47個、徳利1本、小皿4枚、小鉢3個、箸置約60個

これは今日の陶器祭りで1000円でゲットしてきたもの。
これ、ぜ〜〜〜んぶで1000円です。
スーパーにあるようなビニール袋に何でも詰め放題で
一袋1000円で売っています。

昨年、ここの陶器屋さんで同じように買ってきたものを
関西の友人知人に持っていったらとても好評だった。
その時からの約束で「今度はもっと買ってくるから」
という事だったので、今日は雨をおして出かけてきた。

しかしながら陶器祭りは、昨日と今日で
めぼしいものは昨日でほとんど売れてしまっていた。

ならば今日はお茶碗オンリーにしよう。
そう決めてお茶碗ばかりをどんどん詰めた。
隙間には箸置きを詰めた。
夫が徳利を1本入れて欲しいというのでそれを入れた。
まだ入りそうだったので小皿と小鉢を入れた。

帰宅してから数えたら上の数だけありましたよ。

在庫処分だから、不揃いだったり汚れていたりするけれど
苔玉の器にするからなどと
みなさんせっせと選んでいましたよ。

子ども会など、お楽しみ行事の景品などにしてもらいましょう。
0

2007/9/22

招き猫投票ツアー  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

行って来ましたよ。招き猫祭り。
来場者の投票で順位が決まるので
自分の猫は自分で責任を持って投票しようと・・・アハハ
↑はボディーシール。お祭りだから楽しまなきゃ!

駐車場から会場へのシャトルバスに乗ったら
あれまーーー!!お客さんは猫だらけ!
と思ったら、顔に猫ペイントした人達でいっぱいなのでした。

さて、出品された猫たち見てください。
クリックすると元のサイズで表示します

なんと器量良しの三姉妹でしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

ブームに乗って。
ビリーズブートキャットというタイトルでした。
クリックすると元のサイズで表示します

よく考え付くもんです。ハァ〜〜〜〜〜〜
クリックすると元のサイズで表示します

いやぁ〜〜こんな口になるなどと考えても見ませんでした。
右は我らがりおさんの猫。ちょっとタジタジ・・・?
後ろは?????
クリックすると元のサイズで表示します

この顔誰かに似てて笑っちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します

初々しいカップルも。
クリックすると元のサイズで表示します

これは愛を呼ぶ妖精かしら?
クリックすると元のサイズで表示します

前列右はちょぼらの楽風のTAKAさんの猫
クリックすると元のサイズで表示します

左は我らがプチトマトさんのウルトラマン。
右側のお腹をくりぬくアイディアすごいです!
後ろは、りおさんのピエロ。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな猫たちもいました。

私達の猫は、我が家にいるときは個性的に光っていましたが
こんな猫ちゃんの間にいるとちょっと引いてる感じでした。
世の中にはすばらしい人がいっぱいいるもんです。
0

2007/9/8

せともの祭り  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

アハハ・・・これなんだと思います?
今日のせともの祭りでの夫の買い物です。
このたびはお気に入りのぐいのみなどは
見つからなかったようで
中学生のお店でこんなもの買ってました。

出店しているのは特別支援学級の生徒達だそうで
どの作品もユニークで値段も500円から1000円ほど。
さて、これはどこに飾りましょうか?

今日は招き猫コンテストに応募する猫の搬入という
大義名分があって・・・・っていうより
そんなものなくったって来たかったんですが
コンテスト応募しましたよ〜〜〜
入賞しますように・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

今回も招き猫を扱っている店がかなりあって
右上には今評判の県知事猫も。↑
クリックすると元のサイズで表示します

かわい〜〜〜い!!
クリックすると元のサイズで表示します

こんなのもステキ!!
クリックすると元のサイズで表示します

本気で買うつもりの人はこんな準備を。

今日も楽しかったぁ〜〜〜〜〜
0

2007/9/6

知多 その2  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

知多市の岡田地区へ行きたかったのは
明治時代に建てられた郵便局が
今も機能してると聞いたから。

よし、その郵便局に行こう!
そこで風景印を貰って友達に送ってあげよう。

そう思って行ったのに、その郵便局には風景印がなかった。
ざぁ〜〜んねん
クリックすると元のサイズで表示します

ここはその昔知多木綿の産地だったそうで
道で出会った老婦人が
「私は秋田から機織りに来てこちらの人と結婚した。
40年住んでいるが、秋田に比べて暑くて大変だ」などと
問わず語りに話してくださった。
クリックすると元のサイズで表示します

常滑のように土管の埋め込まれた坂もあった。
0

2007/9/4

知多へ  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

絵手紙の作品展に出かけてきた。
知多市佐布里(そうり)の梅の館というところ。
ここで始めて見た作品は↑の荷物の形をしたもの。
こんな宅配便が届いたら嬉しさが何倍にもなるでしょうね。

館の周囲には梅林がたくさんあって
花の季節に訪ねるのもいいでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します

館のすぐ上にこんもりとした所があるので行ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します

そこは神社で、そこから見下ろした梅の館です。

知多には「知多四国八十八カ所めぐり」があって
そのうち五ヵ所がすぐ近くなので行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

それぞれのお寺で御真言が違います。
たとえば 「おん かかかび さんまえい そわか」
「おん まか きやろにきや そわか」などです。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなものもありました。

このあと、岡田という所の古い町並みを見に行きましたが
その話はまた後日に・・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ