2006/8/11

ご近所ランチ   

近くに住む友人とランチ。
歩いても行ける距離に住んでいるので、移動距離短縮で、その分おしゃべりしようと駅前のファミレスでランチ
彼女とは年齢も同じ、子供もほぼ同じ歳。
おまけに、お互いアメリカでの駐在経験有り・・・で、他の人には話せない事でもサラッと話せる事が一杯。
いつも、次から、次へと話がぶっ飛び終わらない・・・アッと言う間に何時間も経ってしまう。
今日も11時に待ち合わせ、そのまま入って、4時半までファミレスに粘ってしまって・・・私たちって嫌な客よね
でも、お陰でちょっと軽くなりました
アメリカ在住時、集めていた通称『百年バスケット』
こんな話題で盛り上がったのも、すごく久しぶり
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/8/11

ハハ、マジギレ!!  息子

我が家の部活クン、今朝も7時学校集合で早くからお出掛け。
毎日、毎日本当によく頑張っていると思うよ
が、しかし!!野球好きでやってんでしょだったら、もっと熱くなれよ!!などと心の中で、激飛ばしている。  
まっ、色々ある訳だけれども、夕飯中にハハ、マジギレ
「この草みたいなの、いらないんだけど」 
「ハァ〜?何度教えたらわかるの、その草みたいなのはキャベツでしょ!!」(あんたはウマかい・・・帰国子女クン)
「しかも、なんも味付いてねぇ〜し」
「ソースでもドレッシングでもかけて、食べりゃいいでしょ」
(わざとらしく、冷蔵庫に取に行くも、ソース欠品)
「マジでいらねぇ〜」
「出したもんは、全部食えよ」
(ブチッ!!ブチ・ブチッ・・・!!)
これだけの事なんだけど、一応作る側としてはバランスを考えて四苦八苦してるのだ。
息子にしてみりゃ『草』の様に見えるキャベツの千切りだって、愛情の選択があるのよ。肉には野菜でしょ!!
そもそも、バッティングや守備練だけが、野球じゃないっショ!!
ランニングだって、陰で黙々とやる素振りだって大切なはず。
そんな身体を作っていく食事が何より大切だって、聞いてなかったのかよ!!(ワナワナ・・・ 

栄養管理だって、そんな特別な事やってる訳じゃなく、ただ、最低限のバランスを考えて・・・、あとは超回復に少しでも役立つようにと、儚い努力をあれこれ・・・
昨年、夏を制した駒大苫小牧で暴力事件があった時、殴られた選手はご飯のおかわりをごまかして・・・と言うのにその時は実感なかったけど、今なら良くわかる。強いチームはストイックにやるんだよ。
あるチームは1杯目の丼メシは当たり前。2杯目からは秤で計って食べているそう。先日駒を進めた八重山商工だって、『熱闘甲子園』で食事残して監督に怒られてたもんネ 
我が息子、強くなりたいと思ったら、気持ちを前面に出してこいよ!!
自分の意識が変わらなければ、何にも変わらない!!
大好きだった中3の時の担任が「強い男になりなさい」って言ってたよね。
負けたくなかったら、「負けたくないオーラ」をバシバシ放ってみ。
先ずは戦う相手は自分だからね 

基。出されたものは残さず全部食べる!!
炭水化物とタンパク質は2倍が必要量!!
感謝の気持ちを忘れない!!
これ、基本中の基本ですから・・・
言いたい事は山ほどあるけど、まっ一番辛いのはボクちゃんだと思うので、
何も言わず、山の様な言葉を『千切りキャベツ』と一緒にゴックン。
身体にわるいっスッ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ