2011/2/17

モラトリアム  お仕事

 「モラトリアム」と言う言葉がありますねぇ〜

「青年が社会人として成熟するまでの猶予期間」的な・・・

 平たく言えば、相手にちょっと待ってもらう『タンマ』かなって感じ。
そこまでザックリした意味はないかもしれないけれど、成人になってもモラトリアムは必要で・・・

 モラトリアムに絶対必要だと思うのは、充実した時間を過すという事。

 何か一つでイイ、夢中になれるモノを見つける事。

何かに夢中になれるということは、そのことを通して世の中と関わることができるから。自分にも言えることだけれど、社会的な人間関係や人脈はその人にとって財産になり得るもの。
 
 そのためには『専門を学ぶ』というのは本当に大切な事なんだなぁ。
何でもイイ。専門的な知識を身につけることによって、世の中の出来事を自分なりに理解して、説明がつくように求められる立場になる。
 そして、一つの専門をキチンと理解すると、世の中に関わっていくための、自分なりの『軸』ができるんだ。その軸があれば、かえって他の領域への転換も可能となってくるんだね。なにより自信になる。

 
 アラフィフおんな、こんなことを考えてみたり・・・

 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ