2011/3/16

本当に大切なもの  

 巨大地震が発生してから、今日で6日目。

 被災地で、避難所生活を余儀なくされる人々の姿が、映し出される毎日。

 底冷えがする寒さ。
今朝は雪で、薄っすらと白かった被災地。
未だ判らない家族や大切な人の安否、不十分な物資、掴めない情報・・・、寒さの中で、悲しみや不安、苛立ちは日増しに募っていく事だろう。

 大切な人、家族の歴史が刻まれた家、住み慣れた町、すべてを失った悲しみは、想像でさえも計り知れないものがある・・・。

 そのような方々の姿を見て思ったこと。
年配の被災者の多くは、そんな立場に立たされてもなお、感謝の気持ちを忘れてはいない。
なんて立派な人たちなんだろう・・・。胸が熱くなる。

 戦争や物のない時代を乗り越えて、生き抜いて来た人々の強さなのか・・・。

 
 溢れる物や、情報の行き交う中で、何不自由なく生活している私達。
いかに効率良く、要領良く、自分が生きて行けるかが注目を集める世の中だ。
何をもって、勝ち組、負け組と線引きするのか・・・。

 携帯電話から、インターネットにアクセスし、彼なりの『勝ち組』へのパスポートを手に入れたつもりの受験生がいたことも記憶に新しい。
難関大学合格・大手企業への就職、これがいったいどれ程のものなのか・・・。
 合格する事だけがゴールではないはず。

 生きて行くのに、本当に大切なもの。
それは、「生きて行こうと思える強い気持ち」「這い上がろうとする気持ち」「どんな時でも感謝の気持ちを忘れない謙虚な心」「相手を思いやる優しさ」そういった、人間としての持てる力、気持ちの強さ、優しさなんじゃないかなぁ。

 
 まず、自分に出来る事。
 
 どんなに小さな働きでも、それはやがてどこかで、必ず誰かに繋がっているはず。

自分の仕事にベストを尽くす。
節電に協力する。
錯綜する情報に流されず、冷静に心穏やかに過す

 さぁ、頑張ろう!!

 
 
 *ラーメンの買いだめ、やめておこ〜っと!!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ