2011/4/8

まほろ駅前  

 『誰かに必要とされるってことは、誰かの希望になるってことでしょ。』

 
 「まほろ駅前 多田便利軒」に夢中!!

 この手の小説、久しぶりに読んだよ。
共にバツイチで、三十路な何だか冴えない2人のおとこ。
まほろ市に住むくせ者たちの依頼、ワケありな人たちとの関わりを多田便利軒の2人が彼らなりに解決して行く。
 笑いあり、ほろりとするところもあり・・・
どこまでも他人の人生に入り込んでいく、破天荒な2人。

 おもしろい!!!

 そして、この「まほろ市」、実は「町田市」なのだ〜拍手

 町田をこよなく愛するわが息子。
瑛太と松田龍平が並ぶ映画用広告のぼかした背景を見て「ここ、○○じゃねッ」
とすぐに、言い当てた。

 映画も観たいよ〜!!

クリックすると元のサイズで表示します
2

2011/4/6

幸せの波動  自分の事

 春爛漫な1日桜桜桜

 大学時代の友人と会う。
彼女は愛媛在住。2歳違いの下のお嬢さんが大学入学を機に、姉妹2人、都内でマンション住まいをさせるため、その準備に長逗留。

 女子大生2人のお嬢さんと3人で、なにやら楽しそうにママ業を・・・
学生時代と少しも変わらない彼女。見た目頼りなさそうなのに、しっかり者。そして、いつも幸せそうな余裕のオーラが漂っているキラキラキラキラ

 彼女といると、幸せの波動がイイ感じに伝わって来る。
1

2011/4/5

凛として・・・  季節

 暖かい日差しを浴びて、桜がいっせいに咲き出した。

あっという間に咲き広がって、枝が風にゆさゆさと揺れる感じ。


 桜ばかりを気にしていたら、フッと梅の花を発見。
最後の一輪が、綺麗に咲いていた。

 『凛として』という言葉がぴったりの梅の花。
まだ、寒さの残る早春に、凛と花を咲かせている・・・
最後まで、その言葉がぴったり。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/4/5

花埋み  季節

 『花埋み』
 
昔、好きでよく読んでいた渡辺淳一の小説のなかにあった一節。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/4/4

花冷え  季節

 風が強い!!

 開き始めた桜の花

 あっというまに満開になるね

 強い風に、わさわさと桜が揺れる・・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/4/1

風に揺れて・・・  季節

 キラキラな日差し

 空が真っ青で、キラキラ眩しいほどに日差しが明るいと、私はそれだけで幸せな気分になれる。

 のほほん〜な1日
幸せな気持ちをパチリ・・・パチリ
カメラの中には、私の幸せが詰っている。

 ちょっと風が冷たいネ〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/4/1

春・開く・・・  季節

 日差しが暖かい・・・

 自宅近くにある、公園は地元では桜の名所の1つ。

 毎年、辺り一面薄っすらピンクに霞むような桜の季節は、お花見客で一杯に。
近くにある幾つかの大学の新勧のお花見も、ここ!!
 ところが今年は、節電のために夜間照明は無し。安全のため、夜間の公園への立ち入りは禁止と言うお達しがあったなぁ。

 息子達の大学も、大学近くの公園は夜間の花見は禁止とかで、新勧のお花見ができないと嘆いていた・・・

 
 今年は優しい気持ちで、桜を愛でようよ・・・!!

 いつもとは違う春。

   今日から4月だネ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
1



AutoPage最新お知らせ