2011/8/13

BEAMSの引力  ファッション

 なぜ、ビームスにこんなに引き込まれてしまうのか・・・

 ビームスが大好き!! 息子もビームスのファンだ。

 我が家にとってはビッグ・プライスなので、なかなか手が出せない悲しい現実だけど・・・
でも、でもビームスは大好き〜!!

 セレクトされている商品やディスプレーされているコーディネートがたまらなく私好みハート

 年甲斐もなく、ビームスボーイも必ずチェック目キラキラ
小さなショーケースの中にディスプレーされた小物やアクセサリーも夢が溢れている。

 
 
 ビームスとの初めての出会いはまだ10代の頃・・・

 女子大生の間で、ハマトラが大流行していた頃だったかなぁ〜
レイヤーの入った髪の毛のサイドを後ろに流し、一年中真っ黒だったあの頃。
お花のイヤリングにハイソックス、クレージュのお弁当箱形のショルダーバッグにミハマのペタ靴がお約束だったな。
 ボートハウスやクルーズ,シップスのロゴ入りトレーナーが通学服。その中にビームスのトレーナーもあって、当時の写真にはそんな姿の自分が一杯。男子もそうだったなぁ。ボートハウスの正ちゃん帽が似合う男の子が渋谷・原宿あたりには沢山いた記憶が・・・


 『ビームスの奇跡』読んでみた。

 とても興味深い内容だったよ。
ビームスファンには目からウロコの衝撃の事実もあったり、おもしろかった。
 ビームスとユナイテッドアローズとの衝撃の関係は余りにショックな事実!!

 私がサラリと通り過ぎたロゴ入りスエット時代は、ビームスが歩んできた30数年のファッション界の中では、目にもとまらぬ程のもの・・・

 ビームスは、これからも多分ずっと大好き。
そして、何より大好きでいられる感性の自分でいたい。


クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ