2010/4/24

心に残る1日  自分の事

 ずっと楽しみにしていた今日、この日
大学時代の恩師のお嬢さんとご友人によるバイオリンコンサート
       〜2つのヴァイオリンの響き〜

 先生からお誘い頂き、娘と行ってきました。

 パルテノン多摩小ホール。ずっと海外で活動していたため、第1回目となる今回のような形式のコンサートは、どれくらい集まるかわからない・・・と先生は電話で話されていたけど、行ってビックリ 会場はほぼ満席。
 素晴らしいコンサートにもう感激拍手キラキラキラキラ
本当に美しいバイオリンの音色に心が洗われるようなひと時を過ごすことができました。アットホームな雰囲気もとても心地よい感じで、日本の名曲から、童謡(あんなに美しい‘めだかの学校’は初めてドキドキ)、クラシックの名曲まで幅広いジャンルで、パッフェルベルのカノンはもう圧巻!!
 コンサート終了後、先生とも15・6年ぶりの再会を果たすことができて嬉しかったなぁ
大好きな百合子先生は、昔と変わらない穏やかでゆったりとした雰囲気のまま。写真も一緒に撮って、大人になった娘も見せることができたし
 心に残る素晴らし1日になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ