2010/6/5

凍える月  

 おいしいコーヒーのいれ方W『凍える月』

 毎度、前作の内容を忘れてしまった頃発売されるシリーズ。
今回もまた・・・

 勝利とかれんのガラス細工の様に繊細ではかない恋の行方は、少しずつ輪郭を作りながら・・・でもまだるっこしい2人。
年上のかれんを、取り巻く問題から守りきるほど勝利はまだ、大人になってはいなくて・・・。優しさとかれんへの愛しさから傷ついて行く。
 負のスパイラルの只中で、そこから逃れたいともがけばもがくほど、絡みついた縄が解けなくなるばかりか、かえってきつく縛られて行く感じ。
 今回、一気に読み終えて最後に思ったコト・・・
『エッ、マジ・・・!!!』『・・・もう、止めてぇ!!』
ここまでシリーズを追ってきたら、最後まで見届けるつもりだけど、辛すぎるよ。心が凍えた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ