2008/7/15

快勝!!  スポーツ

 3回戦 12:30試合開始 八王子市民球場

 やったぁ〜!!
11−0 5回コールド勝ち

 今日も暑さが厳しく、熱中症・日焼け対策に力を入れて応援に臨みました
楽しい応援だったなぁ。皆和気あいあい、部員達も今日は元気いっぱい活気に溢れていたよ
 次は4回戦。17日、同じく八王子市民球場。
待ちに待ったチア部と吹部が応援に加わってくれる
   楽しみだなぁ〜


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

   参加してますぅ〜
0

2008/7/13

初戦突破!!  スポーツ

 甲子園へと続く大会

 10:00試合開始  上柚木球場

 9−2 8回コールド
 
 やったぁ〜!!初戦突破
30℃を超える炎天下、応援もバテバテ
選手もしんどかっただろうなぁ〜 
もの凄い暑さにもかかわらず、応援席は満員に近い状態。父母会はもちろんのこと、先輩のご父母の方の多かったこと!!OBも驚く程沢山来ていて、応援Tシャツに着替えて一緒に応援している姿がイイ感じだったなぁ
他にもオールドファンの方や同級生のママもちらほら、ありがたい事です。
 あまりの暑さに熱中症になってしまったかと思うほどバテてしまった私お肌のお手入れしなくっちゃ!!
 次は17日。 12:30試合開始  八王子市民球場
行くぞ!! 仕事はお休みします。ゴメンナサイ

 
クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

   参加してますぅ〜
0

2008/7/11

それぞれの‘夏’  スポーツ

 甲子園目指して、ついに始まった
スポーツニュースをチェックしていて、目にとまった記事を2つ。
 
 『背番号21が33人入場行進』
 徳島大会では34校が参加。ベンチ入りできるのは20人。
でも「キツイ練習に耐えたのは皆、同じ」という高野連のはからいで、34校のうち5校の3年生計33人が登録選手20に次ぐ21番目の選手と言う事で、入場行進したというもの。
  
 『たった1人の入場行進』
 奈良大会での事。統合したことにより野球部員の募集を止めた学校で3年間、たった1人で志を貫いて野球を続けた部員がいた。この彼に高野連の粋な計らいでたった1人、学校代表として入場行進を果たす事ができた。

 それぞれの‘夏’が始まるなぁ・・・
息子の引退もついにカウントダウン。寂しいなぁ
昨年の夏は毎日通ったグラウンドももう、行くこともなくなってしまう・・・
 一戦でも長く!!長く!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

   参加してますぅ〜
0

2008/6/21

清原と桑田  スポーツ

 NHKアーカイブス『清原と桑田』見た。
先週の同じ時間に予定されていた番組が、宮城地震の報道で一週間延びたもの。

 86年の映像はグッと来るものがあった。
PL学園のエースと主砲。
甲子園での栄光を共に分かち合い、18才で高卒ルーキーとして、共にプロの道へ・・・
 2人の活躍の裏にあった、苦悩と挫折の日々。
まだ若かった2人の生々しい姿が映し出されていた。
凄いのは、清原にしても桑田にしても『自分』を信じる強い気持ち。勝利への執念。野球に対する真摯な情熱・・・
 2人の距離間もきっと、複雑な次期があったと思う。
30年以上の時を経ても、尚拘り続けるかつてのヒーロー2人の野球への想いは本当に凄い。清原復帰の時のバッティングピッチャーを桑田がするという、桑田の願い実現したらまた、感動だな。一つの物語の終わり・・・
 桑田が「自分は努力する才能に恵まれた」と言った一言が印象的だった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

   参加してますぅ〜
0

2008/6/12

男前の桃子  スポーツ

  上田桃子が好き!!
 いつも、どんな時も前を向いている。
 負けず嫌いで、闘志むき出し。

  男前な桃子が大好き〜
 サントリーレディスに出場のため一時帰国中の彼女
アメリカでは言葉の壁にぶち当たり、メンタル面で苦しんでいる様だけれど、きっと乗り越える!!
いつも最後の一人になるまで残って、練習を続けている。
日が落ちて、シルエットになるまで黙々とクラブを振る彼女の姿がとても印象的だった。いつも強気な彼女だけど、勝つために努力を惜しまない。
 頑張れ〜


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

   参加してますぅ〜
 
0

2008/4/30

キラキラ  スポーツ

 キラキラなもの
元気 ・ 笑顔 ・ ほとばしる汗 ・ 一生懸命 ・ 涙・・・
いいもの一杯もらったよ
息子の高校のチア部の引退公演。
皆、エネルギッシュでキラキラ輝いていた。イイ感じ!!
本当に素晴らしいダンシング、公演の最後のお別れの時、思わずもらい泣き
 一生懸命一つの事に夢中になって、打ち込んで、やり遂げるって本当に素晴らしい。
キラキラの39人、どの子も最高に可愛く輝いていた
   若いっていいな・・・

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

      参加してますぅ〜
0

2008/1/25

父と息子  スポーツ

23日・息子の通う高校の推薦入学の合格発表
マイナーリーグの某大物投手の長男が合格、野球部に入るとあって報道陣が凄かったらしい。スポーツニュースも各紙、この話題を掲載していた。
 『かって甲子園を沸かせ高校野球史にその名を刻んだ父と、親子2代で甲子園出場と言う夢を叶える・・・』などと華々しい記事が載っている。
正直、悪い気はしないよ。まぁ、いいさ!!やるのは息子たち。周囲のプレッシャーや慣れないフラッシュに舞い上がる事なく地道に頑張ってほしい
 親子鷹とはよく言うけれど、こんな偉大な父の背中を追う、息子の心境ってどんなだろう・・・
単純に考えると、こんなにも恵まれた環境で野球ができるなんてちょっと、羨ましかったり・・・微妙だな。
ただ、この父はいつの間にか、謙虚でひた向きな生きざまと心の野球が生きる姿勢になっていて素晴らしい事言うんだよ
 『僕が2人の子供たちにいつも言っているのは、結果じゃなくて目標を立ててそこに向かって頑張る姿勢が大事なんだという事。レギュラーだから偉いということはないし、補欠だからダメだというんでもない・・・』感動です・・・
 同じ道を目指して、父の背中を追う息子
自身の身をもって素晴らしい道しるべを残しているんだろうな、息子の為に。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

      参加してますぅ〜
0

2007/10/15

借りは返せず・・・  スポーツ

 高校野球秋季都大会2回戦
対戦校の国体出場に伴う日程変更の為、平日の試合に。
仕事の為、結局応援には行けずひたすらメール待ち
2回戦にして優勝候補とも言われている高校との対戦・・・早くもヤマ
      結果2−8 

昨年の秋季大会決勝戦で涙を呑み、選抜を逃した時と奇しくも同じ対戦校
借りは返せず、2回戦で敗退・・・
春の甲子園への夢も消えました・・・
 応援掲示板には様々な想いが書き込まれ・・・
皆、思うところは一つ!!のはず。
勝ってほしい、勝たせてあげたい、甲子園に行きたい・・・と強く思うが故の事とは思うけど、観戦記として実名挙げてのバッシングはチョットなぁ
厳しい事書いてあるもんね・・・(私が甘いのかな)
 もう、あとはない!!
『夏』に向かって頑張れ〜
また辛く長い冬越えだね
あっ、まずは明日からの中間か!!
頼むよ、息子!!!
0

2007/10/7

17歳冬・光と影  スポーツ

夜・フジテレビで9時からの番組『新報道プレミアムA』見た。
スペシャル番組でその中に斉藤佑樹投手“絆”と言うのに感動・・・
思ったとうり捕手・白川クンとの事だった。
球史に残る再試合で夏を征した佑ちゃんには、いつもいつも光があたり、注目を集めその夏は佑ちゃんが一人占めだったけど、その裏で白川クンが一人流した汗と涙があった事は知っていた。
ボーイズ時代からエースで甲子園のマウンドを期待されていた彼。そしてその夢を自ら携えて早実野球部にピッチャーとして入部した。
エースを競っていたはずが、高2の冬甲子園に行くため捕手に転向。ライバルだった斉藤クンの球を捕る側に・・・
 なんて言う事!!
理不尽とも言うべきコンバート。今なら良くわかる・・・こう言う事ってあるんだよ、普通に。
17歳の冬。白川クンの心を思うと涙が零れた
そして思うような結果が出せない自分に課した、練習後のトレーニング。
辛い冬のグラウンドで流した汗と涙・・・焦りやイライラ。斉藤クンの才能への嫉妬だってあったはず。何もかもを17歳の彼はグラウンドで努力する事で手ごたえへと変えて行った。そして・・・あの一球・・・
 素晴らしい企画だった。ホントに感動した。涙が止まらなかった。
苦境も自分の手で、光の当たるところに変えてこそ意味がある!!
0

2007/10/3

佐藤君の涙  スポーツ

 高校生ドラフト決まったね
仙台育英の佐藤クン、ヤクルトだって・・・
地元楽天に当てて欲しかったなぁ
 佐藤クンの涙が切ないョ・・・
ガッツポーズの古田監督とは裏腹に、夢が届かなかった彼の気持ち・・・
引き当てた古田監督は次期はもういない訳だし。
小さい頃からずっと・・・ずっと、プロ野球選手になる事に向かってボールを追って来た野球少年の夢が、遂に現実のものとなる時!!
そんな大切な自分の未来が抽選で決まるというのはどう・・?
毎年思う事だけど、本人の希望がもう少し何とか反映されないものなんだろうか・・・
プロになるって、言い方変えれば、高校卒業で就職するってことだもの
あんなに切ない涙を零しながら、兄に感謝し、家族孝行の為に頑張るって、なんて素晴しい優しい心
そして、素晴らしい家族の絆うらやましいなぁ
 応援しよう!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ