2006/7/6

ナーバス気分にはこの香り  香りの癒し部屋

生理前や生理中になると、憂鬱な気分になる女性はおおいですよね。
実は私もその中の一人です。
ここ何ヶ月か生理だけに関する日記をつけているので、だいぶ自分のパターンがわかってきたので、その時期になると、最近は務めて気分を高揚できるような対策をしています。

まず、「来たな!」と思うのが如実に出るのは、
私の場合運転している時。
普段は何でもない事でもちょっとした事でイラッと来たり、
身体がだるくなってきたらもう既にこの時期にさしかかっています。

私の場合、普段大好きな香りナンバー1はなんといってもペパーミントでこれは持ち歩いています。
寝室の香りはコリアンダーで、ローズウッドなども好きです。

でもなぜか生理前になると、普段はどちらかと言うと好みではない、
イランイランやクラリーセージなどの甘い香りが気になるようになります。きっとこれはホルモンのバランスが崩れているので好みも変わるのだろうと思います。
なので、ちなみに香水を買いに行くような時も、生理の前後はおすすめできません。

イランイラン、クラリーセージ、スィートオレンジ、ローズウッドなどが私が生理前になるとすすんで使っている香りです。
女性はこんなふうに身体の状態によってメンタルな部分が変わってくるので自分の心と身体の状態を知る事はとても大切な事だと思います。

ナーバスな気分におすすめの香り
●イランイラン
エキゾチックでセクシーな香りは、ホルモンのバランスをとる事で知られています。神経系をリラックスさせ喜びの感情をもたらし、不安、パニック、ショックなどの感情を解きほぐしてくれます。

●スィートオレンジ
心が疲れた時やエネルギー不足の時に、元気をくれる甘い柑橘系の香りです。不安から来る不眠症などにも優しい眠りに誘ってくれます

●クラリーセージ
PMSに効果的な代表的な精油です。甘い紅茶のようなハーブ調の香りは、緊張している心をリラックスさせ、幸福感を与えてくれます。


●コリアンダー
甘くて優しさの中に色っぽさがあるようなハーブの香りです。
コリアンダーは聖書にも登場する古くからの食薬で、ヒポクラテスは健胃、催眠の作用をあげ、千夜一夜物語では媚薬、姦淫剤として語られているロマンチックな香り

●ローズウッド
ウッディー系でありながらフローラルの甘さも併せ持つバラに似た香り。気分が滅入ったときや疲れた時に気分を高揚させ元気付けてくれます


http://blog.with2.net/link.php?252494
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ