2006/10/30

50代、60代こそホルモンバランス  旬のおすすめ情報

でもそんな時はホルモンの話をするチャンス。
若い人はPMSとか切実な悩みがあるので、
ホルモンに興味を持ってくれますが、
お母さん世代に関係ないか?と言えばそうでもありません。
例えばホルモンのバランスをとってくれる精油は
更年期障害を改善してくれたり、
お年を召した人でも、ホルモンのバランスが崩れると
骨粗しょう症の原因になったり髪が薄くなったり…
思いあたることはいっぱいあるのです。

エストロゲンの減少を防ぐとこんな効果が期待できます。
●骨粗しょう症の予防
●血液が綺麗になる
●高脂血症の予防
●動脈硬化の予防
●美容効果(皮膚の健康を保ちコラーゲンを増やす・くすみを取る)
●膣の中の健康を保つ

なので、ホルモンのバランスをとってくれる
クラリーセージゼラニウムサイプレスなど
上手に生活に取り入れてほしいと思います。


http://blog.with2.net/link.php?252494






















































0

2006/10/30

50代、60代こそホルモンバランス  旬のおすすめ情報

昨日はNANOのアロマ講座の日でした。お初の人が2人ほどいらっしゃていたので、精油の注意事項など説明しました。
私の講座は面白くない話を後回し・・・というか、
何かを作りながら必要に応じて注意事項を教えていく・・・という方式をとっているので、邪道かもしれないけどおばちゃまには喜んで貰えているようです。

いつも最初にする質問に、というかネタ的に
「今妊娠してる人ー?」
と聞きます。
自分の親の世代が中心ですから
「してるわけないじゃん」とか
「ホルモンのバランスは私には生理もあがってるし関係ない」
とか色々言われます(>o
0

2006/10/24

好きなエッセンシャルオイル  エッセンシャルオイルの実力

私事で恐縮ですが、ちょっと前まで気分が落ち込んでいました。
9月はプライベートでとても多忙で、中々テンションがあがらなかったのです。
でも何度かここで書いていますが、アロマ講座の準備などをしていると、
自然と心が穏やかになるのは本当に不思議です。
なので、今日は私の好きなエッセンシャルオイルについて、
思いつくままに書いてみたいと思います。

一番好きな香りは?
こんな事を聞かれてしまうと、本当に困ってしまいます。
女性には生理がありますから、体調によって心地よい香は、
その時々で変わります。
私もやはり時期によって心地よい香が変わるようです。
家には何種類か自分の好きな香で作ったアロマコロンを常備しています。
朝や元気を出したい時はスィートオレンジをベースに作った柑橘系の香。
でも今日はクラリーセージをベースに作った甘い香りが心地いい感じがしました。
自分の気分がわからない人は、何種類か嗅いでみるといいと思います。
甘い香りは普段はあまり好まないのですが、
時々嗅ぎたくなります。
甘い香りで好きなのはローズウッドです。

お酒を飲んだ朝はバジルの香やペパーミントが心地よく感じます。
どうも私は、エッセンシャルオイルの定番「ラベンダー」が好きになれず、
寝室にもヒノキ、コリアンダー、ジュニパーなどをアロマポットで炊いています。
コリアンダーのエッセンシャルオイルは、
あまりアロマテラピーではなじみがないと思いますが、
元々私は香水畑からアロマの世界に入った人なので、
こういう単純に「甘くいい香」という香も好きなのです。
無気力な時、精神的につかれている時に気分を高揚させてくれる作用があります。

後、冬になると我が家の定番の香になるのが、
ゆずとシナモンです。
ゆずのエッセンシャルオイルは、珍しいしすごくいい香なんです。
シナモンは身体を温めてくれる作用があるので、
朝のホットショコラにも入れるし、
エッセンシャルオイルはアロマバスにも使います。
すごく甘い香りだけど、この香を嗅ぐと冬の幸せを感じます。
こんな風に皆さんも季節や体調によってエッセンシャルオイルを
選んでみてください。違う発見があると思います。

http://blog.with2.net/link.php?252494

0

2006/10/18

不眠対策のアロマテラピー  旬のおすすめ情報

先日恋香房のBBSに不眠に関する質問を頂きました。
…と、いう事で今日は不眠に効果的な香りについてアップしたいと思います。

不眠症を治すには心身をリラックスさせ、
自律神経のバランスをとることが必要です。

自律神経=相反する作用を持つ下記の二つの神経がある
交感神経=心身を興奮させ、昼間に優位な神経
副交感神経=心身を鎮静させる夜間に優位な神経

不規則な生活や緊張状態が続いたりして過度のストレスが加わると、
心身のバランスをとる自律神経の調整機能がくたびれ、
不眠症になったり、逆に過眠症になったりします。


不眠症を治すには?
心身をリラックスさせ、自律神経のバランスを回復させる
このような作用を持つ精油の中でも特によく効くのは野生ラベンダーとされています。

おすすめのアロマテラピー
アロマバス
浴槽に野生ラベンダー6滴を入れ、よくかき混ぜて入浴します。

*人間は1日の体温の変動が大きいほどよく眠れる事が知られており、入浴によって身体を温めることが眠りを促すのに欠かせないのです。入浴は体温を上昇させ、血液の循環をよくして疲労を解消させるのに最適な方法なのです。


●芳香浴
シダーウッド1滴、ラベンダー2滴をティッシュやコットンにたらし、吸入する。
枕の間に挟んでもいい。
*ラベンダーの香りが苦手な人は、オレンジスィートプチグレンベルガモットなど柑橘系のいずれかの精油3滴と合わせて使うとよい。アロマバスの場合も同様にブレンドを変えるといいでしょう。

ラベンダーについて
実は市販されている精油のほとんどがラバンジンと呼ばれる種類のもので、
薬効があるラベンダーとは程遠い実情があります。
ラベンダーの仲間にはラベンダー・スピカ、ラベンダー・ストエカス、ラバンジンなどがありますが、鎮静効果をもたらすのは真正ラベンダーのみです。
ラベンダーの鎮静効果は酢酸リナリルという芳香分子の作用によります。


*ゼフィールのラベンダー
野生ラベンダーACOグレードがあります。
AOCグレードは、高品質の野生ラベンダーが生息する地域に限定して、
野生ラベンダーを栽培した物で、野性ラベンダーの次によいとされています。
一般に「真正ラベンダー」と呼ばれているものにあたります。

不眠におすすめの精油
代表的な精油
野生ラベンダー
プチグレン
(ゼフィールではプチグレンマンダリンが一番鎮静作用が強いと言われています)
オレンジスィート

その他
気分をりラックスさせるクラリーセージ
木の香りのシダーウッド
緊張や不安を抑えるカモミールベルガモット

http://blog.with2.net/link.php?252494

0

2006/10/12

フローラルウォーター(芳香蒸留水)  恋香房のおすすめ商品

芳香蒸留水の歴史(ゼフィールのHPより)
芳香蒸留水は、18世紀中世ヨーロッパでとてもよく使われ、その種類も多く、約200種類が知られていました。
当時はエッセンシャルオイルよりフローラルウォーター(芳香蒸留水)
の方が貴族など上流階級の女性に使われていましたが、
フローラルウォーターはエッセンシャルオイルより保存期間が短く、
また薬の原料にあまり使用されなかったために、
次第にエッセンシャルオイルの方に移り変わっていきました。
それにもかかわらず、ローズオレンジのフローラルウォーターは根強い人気があり、生き残りました。
最近はフローラルウォーターは各国で再び注目され、特に治療と美容の研究に力が入れられています。


芳香蒸留水とは?
植物を水蒸気蒸留法によって抽出すると、
エッセンシャルオイルとフローラルウォーターの異なった2種類のものができます。
(ローズから出来るとローズウォーター)
フローラルウォーターは1kgの花から1〜4gでき、
抽出後色はなくpHは弱酸性で、約2ヶ月程度で色・香りが出てきます。
フローラルウォーターはエッセンシャルオイルと異なり、
保存期間が非常に短く、光・熱・空気によって中性からアルカリ性に変化してしまします。
保存場所も14℃以下で暗所に置き、栓をしっかり閉めて下さい。保存期間が非常に短いため開封後は早めにご使用下さい。
表示されている品質保持期限は未開封時のもので、開封後は2週間以内にご使用ください。
また、天然成分のため温度の変化によって結晶成分が出てくることもありますが、そのままご使用いただけます。
気になる方はフィルターでろ過してご利用いただけます。

ゼフィールの芳香蒸留水(フローラルウォーター)の特徴
フローラルウォーターはエッセンシャルオイルと違って、
匂いが淡く吸水性と疎水性があります。
エッセンシャルオイルとは異なり、皮膚に直接触れても全く危険性はありません。
芳香蒸留水はメーカーによって作り方は様々ですが
ゼフィールの芳香蒸留水はフランス薬局方にあるHYDROLATの基準に基づいたものです。
したがって、抽出の際に出てくるエッセンシャルオイルは副産物になっています。

フローラルウォーターは、エッセンシャルオイルと比較すると、
成分の濃度は30倍くらい薄いので、薄めずに皮膚に直接触れても全く危険性はありません。。
エッセンシャルオイルに比べて作用は穏やかですが
100%天然の植物エキスの香りはエッセンシャルオイルと同じ効果が期待できるのです。

ローズウォーターの特徴
★美肌水としての効果★
●消炎効果(炎症を抑える)
日焼けによる炎症やかゆみを鎮めるのに効果的
*ローズウォーターを冷蔵庫で冷やすと更に効果的です

●抗アレルギー効果
老人性のかゆみやアトピー性皮膚炎のスキンケアにもおすすめです。

●保湿効果
シミそばかす、乾燥を防ぎ、お肌をしっとり保ちます。
*全ての肌質に向いています

●ホルモンのバランスを調える
ローズの香りはホルモンのバランスを調えてくれるので、
リラックスウォーターとしてコロン代わりに

●旅行の際にアトマイザーに小分けして、
水分補給のミストとして髪や全身に使えます。

●目元のケアに最適
目がつかれたらコットンに浸してまぶたのパック
目の疲れと目元の小じわも改善してくれます


http://blog.with2.net/link.php?252494

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ