2006/11/24

インフルエンザの特効擦り込み剤  恋香房アロマ講座レシピ

22日は私が講師をしているNANOのアロマテラピー講座でした。
今回はかぜ、インフルエンザ対策を復習しました。

精油には、かぜの原因となる細菌やウイルスなどを殺す作用
咳を鎮める作用
痰をきる作用(去痰作用)、
炎症を鎮める作用、
発熱で弱った肝臓を回復させる作用
身体を暖める作用プラス
疲労などで弱っている免疫機能を高める作用もあり、根本的に風邪を撃退する事が出来ます。

アロマ講座の受講生の人達は、
「そう言えば去年風邪ひかなかった」
と口々におっしゃいます。
私もここ何年か、ほとんど風邪とは無縁な生活です。
きっと生活の中で日常的に精油を使っているので、
免疫力がアップしているのだと思います。

今日アップするレシピは、風邪の諸症状を改善し、
自然治癒力を高める擦り込み剤です。
これらの効果があるのは
ラベンサラ、
ニアウリ、
ローズマリーシネオール、
ユーカリラジアタなどの精油です。
これらの精油は内服よりも、皮膚から浸透させた方が有効で、
また皮膚刺激性も少ないのが特徴です。
風邪に伴う関節や筋肉のコリと痛みにも効果的な擦り込み剤です。
市販の薬で言えばヴィックスベポラップの、
胸に塗るようなあんな感じのものだと思ってもらえればいいでしょうか。

材料
ホホバオイル(精油を皮膚に浸透させるキャリアオイルの役目) 
ラベンサラ13滴 
ニアウリ7滴
 ローズマリーシネオール10滴 
ユーカリラジアタ 10滴 

レシピ
1:容器にホホバオイルを入れる
2:そこにすべてのEOを入れてよくシェイクする。

使い方
1回に使用する量は小さじ半分弱(子供はその半分)です。
1日3回、ブレンドした擦り込み剤を首から胸、肩から背中にかけて塗ります。
最長2週間まで使用可。


http://blog.with2.net/link.php?252494



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ