2007/4/23

ハーブ酒レシピ  恋香房オリジナルレシピ

何度かここで酒好きの話をしているわたしですが、
熱心に講座を受けて頂いている生徒さんからリクエストがきました。
「健康にいいハーブ酒のレシピを教えて下さい!」
「お忙しい所すみません」とメールには書かれてありますが、
ブログのネタになるので、リクエストはむしろ、
どんどん欲しい位です
こちらこそよろしくお願いしますm(__)m

ハーブ酒基本のレシピ

材料
好みのドライハーブ(漬け込み容器の1/10〜1/4(体積比))
●ホワイトリカー(アルコール分)35度(40度のウォッカで代用も可)
●ガラスの広口密閉容器、日付用ラベル


レシピ
1:ハーブを容器に入れ、そこにホワイトリカーを口まで注ぎ入れて蓋をする。
2:漬け込み日、引き上げ、熟成期間の日付を記入したラベルを貼り、冷暗所に置く。
3:ほとんどのハーブの漬け込み期間は1ヶ月なので、1ヶ月経ったら、ガーゼなどでハーブを濾して引きあげ、再び冷暗所で熟成させるだいたいの熟成期間は2,3ヶ月。

ハーブ酒の効用
●ハーブティーで摂取できる有効成分は
水溶性のもの(糖質、でんぷん質、粘液質、ビタミンCなど)だけなのに対して、
ハーブ酒は油溶性成分(精油成分、ビタミンA、Eなど)も摂取できるため薬理効果が大きい。

●体内への吸収が早く、少量でも効果がある

●長期保存が可能
ハーブティーはその都度飲み干さなければいけないのに対して、
アルコールなので長期保存が可能。


というわけで今日は私のおすすめ、
ローズヒップ酒のレシピをアップします。

ローズヒップ酒レシピ
ローズヒップ:漬け込み容器の1/10〜1/4(体積比)
●ホワイトリカー(アルコール分)35度(40度のウォッカで代用も可)
●ガラスの広口密閉容器、日付用ラベル


作り方は基本のレシピを参考にして下さい。

ローズヒップの引き上げ時期:1ヶ月
引き上げたローズヒップは、ジャムにしたり、
スープにしたり、そのまま食べても美味しいです。
*甘みをつける時は、飲用の際にはちみつを基本として、氷砂糖や果糖を加える
ステビアリコリスを煮だした物を加えるとカロリーダウンできます。

熟成期間:3ヶ月
熟成期間は必ず守って下さい。
私も何度か途中で味見をしましたが、
熟成した後と前とでは全然違います。
とろーとしたいい感じになります。

ローズヒップは美容と健康に万脳的な働きをしてくれます。
色も綺麗で、常備しておくにはローズヒップ酒はおすすめです。
次回はローズヒップの効能など、アップしたいと思います。

http://blog.with2.net/link.php?252494


クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/19

ローズマリーで求婚された70歳の王妃  香りの癒し部屋

私が講師を務めるナノアロマテラピー講座
今月はローズマリーを使った化粧水を作ります。

ローズマリーは、何度かここで書いていますが、
集中力をアップさせてくれるので「記憶のハーブ」、
美容効果が高いので「若返りのハーブ」などと呼ばれています。

「若返りのハーブ」と呼ばれる所以
時は中世のヨーロッパ。
エリザベートT世は14世紀のハンガリー王妃。
王妃は70歳を過ぎたころから、
今でいう、痛風か慢性関節リウマチだったようで、
老齢のために健康を害してしまいました。
そんな王妃のためにイタリアの修道院で作られたハーブを、
アルコールに漬け込んだ「チンキ」が献上されました。
エリザベート王妃は、そのローズマリーが入った液体を塗ったとも、
飲んだともいわれていますが、そのローズマリーベースの魔法のような水で、
みるみる元気になったというお話です。

恋も手に入れたハンガリー王妃
このお話には続きがあり、
肉体的な健康を取り戻したエリザベートは、
隣国のポーランドの王子にプロポーズされたのです。
当時エリザベートは70歳を過ぎていて、ポーランド王子は20代半ば
このエピソードから、このローズマリーチンキは
”ハンガリー王妃の水(ハンガリアン・ウォーター)”と呼ばれ、
”若返りの水”の別名を持っているのです。

レシピについて
基本的には、ハーブを
アルコールに漬け込んだチンキになりますが、
チンキだと何種類ものドライハーブを
2週間以上漬け込んだり、
面倒くさがりやさんには手がかかるので、
最近では芳香蒸留水をベースにEOを滴下した作り方が
色々出回っています。
今度の講座でも当店オリジナルのレシピを作ってみました。
が、ここでは一番スタンダードに出回っている
レシピをアップします。

材料
ローズマリー 1カップ
ミント    大さじ3
・ウォッカ   2カップ
ローズウォーター 1/2カップ
・オレンジピール 1/2個

☆作り方☆
密封ビンに上記の材料を入れ2週間漬け込みます。
2週間経ったら漬け込んだハーブをこして使います。

これだけ?って思う位簡単ですが
(材料を入れるて濾すだけですから(~0~))
ハーブを濾すのは意外に面倒なんです。
でも今日はあえて、スタンダードな作り方をアップしてみました。

私の場合、お酒が好きなので、化粧水目的ではなく、
飲酒目的&手軽にハーブを取り入れることが目的で
常にハーブ酒が自宅にありますが(~0~)
熟成期間が待てる人は、作って見てください。
ローズマリーの収斂作用が、
お肌を引き締めてくれるでしょう。
そのうちハーブ酒のレシピや、
当店オリジナルのハンガリー水のレシピもアップしたいと思います。

http://blog.with2.net/link.php?252494




0

2007/4/17

100%天然は当たり前のゼフィール  恋香房のおすすめ商品

時々アロマショップなどの商品コピーに
「わが社の取り扱うエッセンシャルオイルは完全に100%天然です」
みたいなのを見かける。
見かける度に意地悪な私は、笑いがこみ上げてくる

なぜならエッセンシャルオイルが100%天然なのは当たり前で、
100%天然でない物はエッセンシャルオイルと呼ばないからだ。
それをなぜ大々的に大げさにコピーに書くのか?
その神経がむしろ怪しく思えたりする。
実はこのお店はアロマテラピーの事を何もわかっていないのでは?
などと色々な憶測が頭の中をかけめぐる。

恋香房がゼフィールのエッセンシャルオイルをメインにしているのには
いくつか理由がある。

●他社メーカーと比べて香りが優しい。
ローズウォーターなんか絶品だと思います。

●エッセンシャルオイルは日本では医療には使うことができませんが、
ゼフィールのエッセンシャルオイルはフランスで医療用として使われる最高品質のものです。

●値段が手頃で食品添加物の許可をとっている物が豊富。
値段が安い分パッケージにはこだわっていないけど
でも他社と比べると全体的に値段は安いです。

そして、ゼフィールのHPを見ると、
多少挑戦的ともギャグとも思える事が書いてある。

100%天然のエッセンシャルオイルは当たり前です
ゼフィールは100%純粋・100%天然・100%完全とはっきり明記しています


100%天然は当たり前…
この心意気と言うか、プライドとセンスにやられて、恋香房はゼフィールをメインにしているのだ。


http://blog.with2.net/link.php?252494


0

2007/4/16

にきびにはラベンダー  香りの癒し部屋

週末は女同士で岩手に旅行に行きました。
なぜ岩手かは?一緒に行った友達が公募で当たったのです。
美容サイトの何周年記念?みたいなやつなので、
女性限定のエステ付温泉です。
ちなみに「愛燐館」というお宿です。

夕食前に岩盤浴を40分ほど、
その後エステというコースです。
エステは他社メーカーですが「ニールズヤード」の
精油を選んでグレープシードオイルで希釈したものを使って
マッサージをして頂きました。
正直な所、私にはニールズヤードの精油の香りは、
ゼフィールと比べると「硬い」感じがします。

友達はホルモンのバランスが崩れる時期だったようで、
にきびが出来ていました。
「どの精油がいい?」
と聞かれたので、
「にきびにはラベンダーがいいよ」とラベンダーに決定。
私は「ローズウッド」を選びましたが、
在庫切れだったので「マンダリン」にしました。
顔から始まり、肩や首のマッサージをして頂き、
日頃PCを触る仕事をしている私達二人は、
大変肩が軽くなりました。

施術が終わって部屋に戻ると、
なんとなく友達のにきびが小さくなっていることを発見。
マッサージの効果なのか、
精油(ラベンダー)の効果なのか?
驚いてしまいました。
多分両方の効果なんでしょうねー。

何度かここで書いていますが、
ラベンダーは、万能的な効果があり、
ティートリーと並んで、直接触ってもいい精油なので
アロマビギナーさんにおすすめの精油です。

スキンケアにも最適のラベンダー
ラベンダーには、皮脂の分泌を調整するはたらきや、
細胞の再生をうながす作用があり、
あらゆる肌質に合い、美白効果も期待できる優れ物の精油です。

ちなみにティートリーは、浄化力が強く、吹き出物や脂性肌・混合肌に向いています。

アロマテラピーでニキビ対策には
ニキビができてしまったら、ラベンダーの精油を希釈せずに原液のまま綿棒で
患部に塗ります。

化膿してしまったニキビには、浄化力の強いティートリー。
ティートリーの原液を綿棒で患部に塗ります。
ティートリーは免疫力をアップする働きや殺菌、消毒効果が期待出来ます。

ラベンダーティートリーを1滴ずつ(合計2滴)綿棒につけて、
1日3回〜5回塗ってもいいです。


http://blog.with2.net/link.php?252494

0

2007/4/12

ローズの香りのするお水  内服用アロマ

夕方買い物に行った時に、伊藤園から販売されている
Aroma Rose WATERという商品を見つけて思わず買ってしまいました。

北アルプス(長野県安曇野)で採水された天然水(軟水)を使用し、ブルガリア産・ダマスクローズの“天然の香り”をお楽しみいただける、
ノンシュガー、ノンカロリーのリラックス飲料です


こんな商品説明です。
スポーツドリンクの味を想像していましたが、
飲んでみると甘さは全くなく本当にお水です。
ほのかにバラの香がします。
私は甘い味のドリンクが苦手なので結構いい感じだと思います。

でも私はこれをヒントに思いついてしまいました。
ゼフィールのローズウォーターならこれが真似出来る

ローズの香りのアロマウォーターレシピ
500mlのミネラルウォーターに
ゼフィールのローズウォーター小さじ半分位(お好みで)を
入れてよくシェイクするだけ。
バラの香が広がるアロマウォーターの出来上がりです。

*但しローズウォーターを内服に使用する場合は開封後2週間以内に使いきって下さい。

ローズは喉がイガイガする時も効果的なので、
風邪の時や喋る仕事の人などはおすすめかもしれません。

フローラルウォーターは精油を抽出する際に出来る副産物で、
色々種類があります。
精油と違って成分が30倍位薄いので、内服しやすいかもしれません。
(内服には必ず食品添加物のものを使用して下さい)
赤鼻で悩んでいた人がハマメリスウォーターを内服と
化粧水代わりの両方を試して改善された例もあります。
精油に比べて馴染みがないかもしれませんが、
手作り化粧水の基材として使ったり、
紅茶の香り付けにちょっと入れたり、
いろんな使い方が出来る優れ物です。
私は早速ローズのお水を試してみるつもりです。

http://blog.with2.net/link.php?252494

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ