2007/4/3

2種類のカモミール  旬のおすすめ情報

恋香房のHPは、「初心者にわかりやすく」
という事を一番に考えているので、
逆に言うと、あまり深く掘り下げた事は書いてありません(笑)
HPのアクセスを見ると、「カモミール」で検索して恋香房にたどり着く人も結構います。

カモミールには「ジャーマンカモミール」と
「ローマンカモミール」の2種類があります。
今日はHPには書いていないこの二つの違いについてアップします。

今やドラッグストアーでもハーブティーは売られていて、
カモミールティーも手軽に手に入ります。
一般的に知られるカモミールは「ジャーマンカモミール」です。
カモミールの事を和名で「カミツレ」と言いますが、
これもジャーマンカモミールのことをいいます。
園芸コーナーで売られているカモミールもジャーマンカモミールです

ジャーマンカモミール=1年草で花に香りがある

ローマンカモミール=多年草で、花、葉、茎に香りがある。

基本的な成分や薬効は同じ
「ジャーマンカモミール」と「ローマンカモミール」は
基本的な成分や薬効はほぼ同じと言われていますますが、
香りや味にかなり違いがあります。
ハーブティーに使われるのはジャーマン種が多く、
ローマンカモミールはアロマテラピーで使うエッセンシャルオイルや浴剤、
ポプリなどに使われてきました。

香り
カモミールのあのリンゴのような香りも、
ジャーマン種はソフトな感じで
これに対しローマン種は香りが強い感じです。

ハーブティーにしたら?
一般的にカモーミールと呼ばれているジャーマン種は
爽やかでほっとする優しい味です。
対するローマン種は香りも味も強く苦味があります。
ジャ−マンカモミールは
濃い目に入れる方が美味しいと言われていますが
ローマンカモミールは濃くいれるとかなり飲みにくい感じです。
値段も恋香房の取り扱うカリス成城のもので、
ローマンカモミールはジャーマンカモミールの倍以上の値段がついています。
やはりハーブティーは、
味も香りもお値段もジャーマンカモミールの方が優しいようです。

http://blog.with2.net/link.php?252494







0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ