2007/8/30

クレイのお話  恋香房のおすすめ商品

私は精油についてわからない事があると、
すぐにゼフィールを取り扱っているメーカーに
電話をして聞きます。
精油は種類がたくさんあるので、
勉強はしてもしてもわからない事が未だにあります。
電話をすると、ほとんど私が質問するばかりですが、
たまに私の経験をお話する事もあります

今日もクレイについて聞きたかったので、
ゼフィールで取り扱っている
「カオリン」「モンモリオナイト」「ラスル」の
3種類についてお聞きしました。

先日の講座で作ったボディーパウダーが講評だったので、
クレイについて色々調べているうちに
聞きたい事も色々出てきたのです。
以下はゼフィールのクレイについての特徴です。

カオリン
モンモリオナイトに比べると、きめが荒い。
主に脂性肌、ニキビ肌のパックに向いていますので、
普通肌の人が使うとかさかさになる事もあります。

モンモリオナイト
使い心地もマイルドで敏感肌や全ての肌質に合う高級クレイ。
内服も可能です。
日本でクレイ内服の効能として良く知られてるのは肌の浄化。
口から服用する「クレイ内服」を行うと、
服用したクレイが体内にたまった毒素や老廃物を排出すると言われています。
が、フランスでは胃潰瘍の治療に使われる事が多いそうです。
クレイ内服については、ネットでも詳しく書いてあるHPもあり、
クレイを水に溶かして飲む方法があげられていますが、
私が薦められた方法はクレイを入れた水の上澄みを飲む事です
*ただし、便秘になる事があるので、内服は必ず空腹時に行って下さい。

ラスル
髪の毛のパックや多少の痩身効果があるので、
ボディーパックとしておすすめです。
吸着力などが違うので、カオリンやモンモリオナイトでは
代用できません。
髪用パックにはラスルが効果を発揮してくれるのです。

以上が今日私が聞いたゼフィールで取り扱っている
クレイのお話でした。

http://blog.with2.net/link.php?252494





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ