2007/10/2

イライラして眠れない夜にプチグレン  香りの癒し部屋

システム関係のお仕事をしているOLさんに、
「イライラして眠れないんですー、なんかいい香りないですか」
というメールを頂きました。

不眠と言えばワンパターンですが、やはりなんと言っても
ラベンダー」です。
ラベンダーの安眠効果はこちらを参考に…

私は正直言って、あまりラベンダーの匂いが好きではないですが、
その私にも効果があるので、ラベンダーの安眠効果
やはりすごいと常日頃思っています。
(個人差はあるので嫌いなら違う香りを使う方がおすすめです)
寝室のライトで炊く場合は、ラベンダーに柑橘系のオレンジスィート、プチグレンなどをプラスすると温かみがましていい香りになります。

ラベンダー2滴+スィートオレンジ3滴位の割合です。
不眠対策のアロマテラピーは、
こちらも参考にして下さい。

でも最近私が、個人的に気に入っていて、
「落ち着くなー」と思っている香りはプチグレンです。

ゼフィールのプチグレンはオレンジビター、マンダリン、レモンの3種類があり、それぞれの葉から抽出されます。
ウッディー系が基調ですが、
ほのかに香る柑橘系に柔らかいフローラルが入り混じったような不思議な香りです。
それぞれの香りを私が個人的に表現すると


プチグレンオレンジビター
3つの中では一番フローラルに似た甘さを感じるどちらかと言えば女っぽい香り

プチグレンレモン
3つの中では一番柑橘系のフレッシュさを感じるボーイッシュな女の子のような香り

プチグレンマンダリン
少しだけ煙草の香りに似た大人の紳士を思わせる香り。



プチグレンは鎮静作用が強く、
精神面に働きかけてくれる香りです。
ゼフィールのプチグレンは、
その中でもプチグレンマンダリンが一番鎮静作用が強いと言われています。
鎮静作用と言えば「ラベンダーの一人勝ち」みたいなイメージがありますが、
心理面での鎮静作用はプチグレンも負けていません。
特に日本人にはラベンダーの香は割と好き嫌いがありますので、
ラベンダーが苦手な人には試してみる価値はあると思います。

不安感や孤独感、気分の落ち込みを和らげてくれたり、
心を癒す働きがあると言われています。
仕事上でのイライラなどで眠れないなど、
そんな夜にはプチグレンの香りを試してみてはいかがでしょうか。

ゼフィールのプチグレンには3つの種類があるので、
どれを選ぶかは本当に悩む所です。

実はこれを書きながら、ティッシュに含ませた3つの香りを嗅いでいますが、
本当に嗅いでいるうちにうっとりする香りで、
それぞれのよさがあるので、私自身選べません

優しい女友達と午後のお茶を飲んでいるような気分にさせてくれるプチグレンオレンジビターか?

若い姪っ子の恋の話を聞いているような懐かしい甘さを感じるようなプチグレンレモンか?

正統派のバーでカクテルの事を教えてくれる大人の男にエスコートされているようなプチグレンマンダリンか?

私なら…やはり1つずつ揃えてしまいます(笑)


http://blog.with2.net/link.php?211512


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ