2008/6/30

ユーカリの特徴  エッセンシャルオイルの実力

種類も活躍の幅も多いユーカリですが、
この季節から夏にかけては、断然虫避け効果の高い
通称レモンユーカリ=ユーカリシトリオドラが売れ筋になります

今日はユーカリの精油の特徴や違いについてアップしたいと思います。


ユーカリラジアタ
一般的にユーカリと呼ばれているものはこのユーカリラジアタで、
風邪や呼吸器系のトラブルに力を発揮します。
同じ呼吸器系のトラブルに力を発揮するユーカリグローブルスに比べて
刺激が少ないため、乳幼児にはこのラジアタを使用した方がいいでしょう。




ユーカリグローブルス
主に上気道(耳鼻咽喉領域)のトラブルにはユーカリラジアタ Eucalyptus radiata、
下気道(気管支肺領域)にはユーカリグローブルス Eucalyptus globulus が用いられます。
一般的な風邪にはユーカリラジアタで対処できる事が多いのですが、
なかなか切れないしつこい咳や痰には、ユーカリグローブルスのほうが有効です。
ただしこの精油は「汗臭い」ような癖のある香りと言われていて、
香りがとっつきやすいように精製されたものもあるのですが、
精製されたものではユーカリグローブルス本来の効果がないので、
アロマテラピーには使えません。
キャリアオイルに入れて塗布する場合は、
ユーカリラジアタは胸に塗りますが、、
ユーカリグローブルスはみぞおち(横隔膜に沿って)や背中に塗ります。




レモンユーカリ=ユーカリシトリオドラ
ユーカリ特有の主成分1.8シネオールをほとんど含まず、
シトロネラールを80%以上含みます。
シトロネラールは昆虫の嫌う成分なので、
これからの季節に虫除けなどによく利用される事で知られています。

http://blog.with2.net/link.php?252494



0

2008/6/24

麝香は誘惑の香り?  歴史の中の香り

突然ですが、好きなドラマの中に「大奥」があります。
昨日から松下由樹さんが春日の局を演じる「第一章」が
地上波の再放送で始まりました。
先週までCSで放送されていたので私も見ていました

その中に春日の局が上様の正室の孝子様に、
上様が「その気」になるように、
寝間着に麝香を炊きしめておくシーンがあります。

所が上様は
「狸の匂いのする女のそばでなど寝てられるか!」
とお怒りになります(笑)

このシーンを見て爆笑してしまいましたが、
無理もありません。
麝香とはジャコウジカの雄の腹部の香嚢の部分なのですから…
上様の方が正しいのです
私に言わせると、孝子様も自分でつけていて臭くなかったのでしょうか(笑)


確かに麝香などの動物性香料は、
人をその気にさせるセクシーな香りと言われていて、
香水をブレンドする際にほんの少量
使用すると深みのあるセクシーな香りになるのです。
ちなみにクレオパトラが愛したシベットの香りは、
麝香猫の分泌物です。


でもクレオパトラは香り使いに長けた人だったので、
春日の局様のように、麝香をそのまま寝間着に焚き染めるような
無謀な事はしなかったと思います。
その証拠にクレオパトラは香りで男をその気にさせています。
春日様、香りのお勉強が足りませんでしたね



名香といわれる香水には動物性香料はだいたい使われています。
今は天然の動物性香料はワシントン条約により禁止されているので、
香水には合成香料が使われます。


アロマテラピーで使われる精油もそうですが、
天然だからこそ鎮静作用があったりするのです。
なので現在の動物性香料は合成なので「その気」になる作用が
あるかどうかは怪しいものだと思います。


「大奥」を見ていてこの事をブログに書こうと思ったので、
今日から「歴史の中の香り」というカテゴリーを追加しました。


http://blog.with2.net/link.php?252494

0

2008/6/18

ミント系精油の力  エッセンシャルオイルの実力

ミント系エッセンシャルオイルの特徴の続きです。


スペアミント
スペアミントはハッカ特有のスキッとするメントールを含まない
まさにガムの甘いあの香りです。
どこか懐かしいような甘さは、疲れた心を元気に
してくれるので芳香浴にもぴったりです。

・駆風作用・健康回復作用・殺虫作用・刺激作用
・止痒作用・鎮痙作用・通経作用・分娩促進作用
などがあります。

胃腸科系の不調や吐き気に効果があり、
生理の不調を改善し、
頭痛、口臭、乗り物酔いに効果的…
やはり作用はペパーミント、コーンミントと似ています。
ゼフィールのスペアミントは食品添加物ですので、
ペパーミントが強すぎる人にはスペアミントがおすすめかもしれません。

*1:眼や敏感肌を刺激する事があるの
*2:妊娠中の使用は禁止





ペニーロイヤルミント
ペニーロイヤルはメントールが含まれている精油ですが、
毒性が高く危険なため、一般的にはアロマテラピーでは使用しないと言われている精油です。

アリやノミ・ハエ等の害虫避けの効果に優れているので、
どちらかと言えばハーブを害虫よけの目的で植える方がよく知られています。
最近ではカメムシ避けにも効果があることが判り、
稲作農家などでもペニーロイヤルミントが注目されているとか…





コーンミント   
別称:ジャパニーズミント、薄荷(ハッカ)

ゼフィールのコーンミントは、
ペパーミントよりやや強いメントールの香りで、
ペパーミント同様メディカルミントとして
高い薬効で広く利用されています。

コーンミントのメントールは強心薬として知られ、 鎮痛作用にも優れています。
他には消化機能調整作用、抗感染作用などがあります。
解熱作用があり、風邪に効果的なのはペパーミントと似ています。
アロマバスに使用すると、体を温める作用もあります。
血液浄化作用、殺菌・抗菌作用もあるので、
歯ぐきの腫れや、口内炎、歯痛などお口のトラブルに使うといいでしょう。
マウスウォッシュにも使用されています。

全体的に作用がペパーミントと似ていますが、
お値段が安価なので、
靴箱やゴミ箱、水周りなどの日常生活に殺菌スプレーでの
利用やペットのトイレやケージの殺菌・抗菌などに利用しやすいと思います。


*刺激が強いので量を気をつける。
乳幼児、妊婦には使用出来ません。



http://blog.with2.net/link.php?252494





0

2008/6/15

ベルガモットミント  エッセンシャルオイルの実力

ベルガモットミントの特徴

最近私が芳香浴にはまっている香りです。
癖はありますが、ペパーミントのように刺激系ではなく
嗅いでいるうちになんか落ち着くのです。
子供の頃に飲んだチープな薬臭い飲み物のような、
アンプルタイプの風邪薬のような甘さもかすかに感じます。
うーん、懐かしい香りというのでしょうか
レモンミントとも呼ばれます。


*注意
特に太陽にあたると皮膚刺激あり、妊娠中不可


作用
皮膚瘢痕形成、抗炎症、抗ウイルス、
中枢神経抑制、筋肉疲労回復、殺虫、強壮刺激、抗菌、抗真菌


・ニキビ・筋肉痛 ・喘息 ・咳、風邪、
・消化不良、吐き気
・頭痛、神経の緊張、ストレス症状


強壮作用に優れているので、
メーカーの人は疲れた時に背中をマッサージすると
元気になれると教えてくれました。

疲れた時の元気オイルのレシピ
ホホバオイル10mlにベルガモットミント4滴を入れたオイルで背中やデコルテの辺りのマッサージに


http://blog.with2.net/link.php?211512



0

2008/6/11

ベルガモットミント  旬のおすすめ情報

今日はメーカーさんからスペアミントのサンプルを頂きました。
私はミント系のハーブが大好きでベランダでも育てています。
エッセンシャルオイルでは特にペパーミントオタクなので、
実は恥ずかしながら、あまり他のミントを使った事がありません

でもゼフィールの価格表を見ていて、
精油の中にベルガモットミントの名前を見つけたので調べてみると、
「ベルガモットミント」は私の大好きな香りの「オーデコロンミント」
の事だとわかりました。
レモンミントとも呼ばれます。
もちろんすぐに発注しました。
届いた香りはやはりフレッシュハーブとは違って、
正直一瞬がっかりしました


ペパーミントにある特有のメントール感はなく、
甘くてちょっと薬草酒のような香りかもしれません…
そう言えばこれを書いていて思い出したのですが、
うちの旦那様が好きな薬草系のリキュールの香りに含まれていたような…

でもこの香りを表現するのに、
ずっと香りを嗅いで、
やはり「オーデコロンミント」だと感じて来ました。
結局落ち着く香りでハマってしまいました。


ゼフィールには5種類のミント系の精油があります。
次回はこの5種類(ペパーミントコーンミント、ベルガモットミント、スペアミント、ペニーロイヤルミント)
の精油を、ショップにないものはアップして、
色々特徴などこのブログで紹介したいと思います。

http://blog.with2.net/link.php?252494



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ