2008/9/29

秋におすすめの香り  旬のおすすめ情報

この所毎回「雨の月曜日ですね」
という出だしでこのブログを始めている気がします
秋の長雨は続いています。
少し本格的に秋めいた気候になりました

前にお知らせしましたが、
mixiでも「ゼフィールの精油で楽しいアロマ
というコミュニティーを1ヶ月ほど前に立ち上げました。
mixiが見れる環境の人は見てくださいね。


このコミュからメッセージを頂いた方に
「秋におすすめの香りはありますか」
というメールを頂きました。
なので今日は秋におすすめの香りを紹介したいと思います。


秋のイメージで選ぶなら?
やはり秋には「枯葉舞う…」
そんなイメージ強くウッディー系が似合う気がします。

秋におすすめの香り:ウッディー&ハーブ系

ヒバ
最近マイブームの香りです。
日本の精油なのでお値段もお手頃で、邪魔にならない樹の香り。
「懐かしい!」と思う人もいるようです。
関連記事:「ヒバの精油とヒバウォーター」


ヒノキ
ヒバとブレンドすると雨の森を思わせるようなみずみずしい香りで、
大好きな香りです。


ユーカリラジアタ
甘さとスパイシーさを併せ持った香りです。
季節の変わり目、風邪をひきやすい人の芳香浴にいかがでしょう?
関連記事:「私の風邪対策アロマ


フランキンセンス少しレモンのような柑橘系っぽさもありながら、
瞑想が似合うような高貴な樹の香り。
秋の夜長に読書をしながらの芳香浴が似合いそうです。
関連記事:「クリスマス特集:ミルラ



秋におすすめの香り:柑橘系
ゆず…日本のエッセンシャルオイルです。
落ち着きがありながら「よし明日もがんばろう!」という気分にさせてくれる。
まさにリセット向きの香り。
秋の夜長にゆずの香りのアロマバスはいかがでしょう?



マンダリンレモンオレンジに比べるとやや落ち着いたイメージの柑橘系。
柑橘系の香りは持続時間が短いから、
ジュニパーパチュリなどの邪魔にならず、しかも深みを与えてくれる
香りとブレンドして香らせると大人っぽい香りに…


いかがですか?
お気に入りになりそうな香りはありましたか?
これを書きながら私は、
マンダリンとウッデイー系のブレンドを試してみようと思いました


http://blog.with2.net/link.php?252494


0

2008/9/22

朝のスキンケアの手順  香りの癒し部屋

はい、今日が正真正銘雨の「月曜日」ですね
今日は前回の続き「朝のスキンケア」の続き、「手順編」です。


朝のスキンケアの手順決め手は化粧水の2本使い

1:クレンジング&洗顔=夜の間の老廃物をとるため
(参考記事:クレンジングオイルレシピ クレンジングオイルレシピ2)

2:保湿系化粧水(ローズWベース)(参考記事:美白化粧水レシピ)
★この間1,2分置いて肌に馴染ませる

3:好みにより乳液や美容液などで油分や栄養を補給
★この間1,2分置いて肌に馴染ませる

C:収斂系化粧水(レシピはこちら)


*手順を勝手に変えない!
・★印の手順は特に大事です。
この手順を省いて、化粧水、乳液と次々に化粧品を重ねても、
肌に前の化粧品が馴染んでいないために、
肌は対応出来ずに、綺麗になるどころか
化粧崩れの原因になります。

・C収斂系化粧水は必ず最後につけます。
これは引き締め用化粧水の多くが弱酸性である事が多いので、
この手順を間違えると、せっかく塗った化粧品が肌に浸透しないためです。
だから手順は大事なのです


この手順を守るとこんな利点が!
●この手順を守るだけでも日焼け効果がある
●化粧ムラ( ファンデーションのヨレなど) しにくい
●昼間の疲れやすい肌を守る力になる


朝は忙しいと思いますが、
肌にとっても1日の始まりです。
いつまでもみずみずしいお肌を保ちたければ、
この「手順」を守りましょうね…

http://blog.with2.net/link.php?211512



0

2008/9/19

朝のスキンケア  香りの癒し部屋

前のブログに雨の月曜日…なんて書きましたが、
よくよく考えると「雨の火曜日」でした
週末は荒れたお天気になりそうですね。


今日は来週のナノアロマテラピー講座の資料作りをしていました。
今回は7月にアップした「引き締め用化粧水」作りです。
ブログにも書きましたが、
この化粧水を作ろうと思ったきっかけは、
化粧品カウンターで
「昼と夜では化粧水を変えた方がいい」
という話を聞いてからでした。

朝は化粧をして、夕方まで肌に化粧水の補充が出来ない事を前提と
すれば、化粧崩れなどを考慮して、
肌を引き締めるために収斂効果の高い化粧水を使う方がいい。
夜は肌に栄養とか潤いを与えるために
「保湿力」の高い化粧水…

でも講座でやるにはこれでは情報が十分では少ない気がします。
なので、プロのエステティシャンに聞きました。
私の母はエステティシャンなのです。


●スキンケアは朝こそ大事!
実はスキンケアと言うのは夜よりも朝の方が大事なのです。
美しくなるためにファンデーションや口紅などを塗るわけですが、
一度化粧をすると夜まで洗顔をしたり、水分補給が出来ませんし、
その分老廃物も溜まってきますから、昼間の肌は当然疲れています。
こう考えると朝のスキンケアが重要である事は当然です。
でも、いくらコラーゲンたっぷりの高い化粧水をつけても、
手順ややり方を手抜きしたり間違えると美しくはなれないのです。
朝大事なのは手順です。

どうして手順?
皆さんが重点を置いている「保湿系、栄養系」の化粧品はアルカリ性です。
対してこれから作る「収斂系化粧水」は弱酸性。
それぞれの化粧品が持つ特徴を活かして肌に馴染ませるには、手順が大事になるのです。


…結構ここまでで長くなったので、
続きの手順は次回にアップします


http://blog.with2.net/link.php?252494




0

2008/9/16

雨の月曜日を楽しむ  アロマ歳時記

今日も雨の月曜日です。
最近雨の月曜日が多いような気がします。
季節の変わり目だからしょうがないですね。
秋の長雨を楽しむしかなさそうです。

こんな事を考えていると、
ふと、カテゴリーを作った割には
「アロマ歳時記」をあまり更新していない事に気付き、
今日は何か雨の日のアロマをテーマに書きたいな
と思ってネットをウロウロしていました。
面白いサイトや、ためになる事等、
「アロマ歳時記」を更新しようと思えば、
結構色々発見があったので、
これからは月に1度、月の半ばの月曜日に
「アロマ歳時記」を更新しようと思います。


雨の日の過し方をアップしている素敵な
サイトを見つけたのでご紹介します。こちらです。


私が気に入ったのはこの記事

雨にはヒーリング効果があるんですね。
「あー雨だ、憂鬱だー」
と出かけるのが億劫になりがちですが、
雨が日頃の疲れを浄化してくれる…と思えば、
雨も楽しい気がしてきます。


…又思いついてしまいました(笑)
アロマ歳時記を更新した日は、
何か季節の香りのヒーリングミストを作ろう…


今日は雨に似合うミストにチャレンジしてみます。
どんな香りが出来上がるか、次のブログでアップします。
多分最近お気に入りのウッディー系になりそうですが…


http://blog.with2.net/link.php?252494

写真はベランダからとった十五夜お月様です





クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/9/11

ローズウォーターの飲み方  内服用アロマ

やはり相変わらず「ローズウォーター 飲用」
で検索して恋香房にたどり着く人が多いです。
そう言えば、効能などは何度となく
ブログにアップしていますが、
ローズウォーターの飲み方はあまり
アップしていない気がします。

前にフレーバーウォーターの作り方を
アップしましたが、今日はローズウォーター
飲用についてアップしたいと思います。


ローズウォーターの説明から始めると
長くなるので今日は飲み方に絞ります。


まずローズウォーターは日本では「ローズウォーター」という
商品名で化粧水として販売しているメーカーさんが多いので、
必ず飲用できるものを購入します。
(ゼフィールの芳香蒸留水はヒバウォーター以外は全て飲用可能です)


ローズの香りのするお水
これは前にアップしたので
こちらを参考にして下さい。
文字通りお水に入れて飲みます。
量はキャップ1杯位が適当だと思います。

関連記事:●フレーバーウォーターを作る


お酒に入れて
ウオッカやジンなど透明なお酒に入れると合います。
そういう意味では癖のない麦焼酎に入れても一味変わります。
量はやはりキャップ1杯弱位が適当だと思います。
ナイトキャップにどうでしょう。
ライチのリキュールは薔薇のような香りがするので、
甘いのが好きな人は試すといいでしょう。


紅茶に入れて
紅茶にはとてもよく合う香りです。
お酒やミネラルウォーター(500ml)に比べると
紅茶のカップは小さいので、
小さじ1杯位を入れてみるといいと思います。


毎日の美容と健康のためなら、
ミネラルウォーターに入れるのが一番
簡単かもしれません。
汗や加齢臭、口臭を押さえる商品にもローズの成分が
使われているものが最近は多いので、
本物のローズウォーターを飲用するのは
効果が期待できると思います。
またホルモンバランスを調える効果もローズにはありますので、
生理不順や更年期障害などの改善にも期待が持てます。


某タレントさんがテレビで紹介して以来
話題になっているローズウォーターの飲用ですが、
残念ながら1回や2回飲んでも体臭は変わらないと思います。
ゼフィールのローズウォーターはテレビで紹介されたのと同じ量の
250mlですが、値段はほぼ3分の1の価格です。
これはゼフィールが過剰な包装にお金をかけないので
だせる親切プライスです。
飲用をしてみたい人は、ぜひゼフィールのローズウォーター
お試し下さい。

ちなみに当店のローズウォーターは、
「一度や二度他社メーカーのものを使ってみよう!」
とみんな浮気をするのですが(笑)
みんな「やはりこれでなくちゃ!」
と戻ってくる優れものです。


保存期間
フローラルウォーターはエッセンシャルオイルと異なり、
保存期間が非常に短く、光・熱・空気によって
中性からアルカリ性に変化してしまいます。
保存期間が非常に短いため開封後は早めにご使用下さい。
表示されている品質保持期限は未開封時のもので、
内服に使用する場合は開封後は3週間以内にご使用ください。
化粧水などの基材に使用する場合は半年位をめどにご使用下さい。


保存場所:14℃以下で暗所に置き、栓をしっかり閉めて下さい。


http://blog.with2.net/link.php?252494



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ