2009/2/9

バレンタインにエッセンシャルオイル  愛の伝説がある香り

何度か書いた事がありますが、
私は実は風水が好きです。
月曜日の今日は、家中の掃除をして
部屋中の(合計10個置いてます)盛り塩を取り替える日です。

うちには風水やパワーストーンの本も何冊かあります。
風水では香りは恋の運気をアップするとも書いてあります。


いつもこのブログでは、
割と生活に密着した内容を書く事が多いのですが、
「愛を告白する日」とされるバレンタインデー月位は、
恋の運気をアップする
おまじない的なアロマもいいかなーと思って、
私の持っている本を参考に
恋愛体質を高めてくれそうな香りを
アップしたいと思います

ちなみに参考にしたのはこの本です。


///////////////////////////////////////////////////////////

●出会いの運をアップさせる香りは?

「ローズやジャスミンなど花のエッセンシャルオイルを
芳香させるといいでしょう…」

とあります。

元々お花から抽出されるエッセンシャルオイル(以下EO)は、
抽出部位から考えてもわかるように、
葉や枝などから抽出されるEOに比べると割高なものが多いのですが、
その中でもローズとジャスミンは
非常に高価なものです。
おまじない的に持つには高価な方がいい!
という人もいるのでしょうが、
恋香房ではお手頃価格の花から抽出された香り達を選んでみました。


イランイラン
インドネシアには、新婚のカップルが夜を過すベッドに、
イランイランの花を撒き散らす美しい風習があります。
それほど、このエキゾチックでセクシーな香りの
甘い作用はよく知られています。
既に恋人のいる人は二人で過す夜の芳香浴に
運名の出会いを待っている人は、恋愛体質を高めるために、
アロマバスを楽しんでみてはいかがでしょうか。
イランイランはホルモンのバランスをよくしてくれる働きもあるので、
きっと女ぽさに磨きがかかりますよ


ラベンダー
ラベンダーは昔から
恋人たちの愛の証としての贈り物に利用されたり、
ラベンダーの匂い袋を肌身離さず持っていれば
恋人をひきつけるといわれ「愛」のハーブとして
様々な恋愛のシーンに花を添えました。
イギリスのチャールズ2世はプロポーズのときに
金色のリボンをつけたラベンダーの匂い袋を味方にしたとか…
古の恋の物語にあやかり、
心を落ち着かせてくれるラベンダーの香りを恋の味方につけてみてはいかがでしょう。
非常に強い鎮静作用を持つラベンダーですから、
寝室の芳香浴に利用すると安らかな眠りの中で
夢の中に理想の恋人が現れるかもしれません


ローズマリー
ローズマリーは、「愛の貞節」「若返りのハーブ」「記憶のハーブ」等と呼ばれ、
ヨーロッパでは古くから、結婚式やお葬式などに使われてきました。
香水の始まりとも言われる「ハンガリー水」は
ローズマリーや他のハーブをブレンドして作られた化粧水です。
このハンガリー水を使った70歳のハンガリー王妃が、
となりの国の20代のハンガリー王子に求婚されたと言うエピソードは
あまりにも有名で楽しいお話です。
年下の彼に恋をしている人は、
ハンガリー王妃にあやかって、
若返りのハーブ「ローズマリー」でお肌のお手入れをしてみてはいかがでしょうか?


ローズウォーター
いくらローズが高価だと言っても、
やはり恋愛と言えば絶世の美女クレオパトラの御用達「ローズ」です。
ローズのエッセンシャルオイルは日常使いには高価すぎるので、
ローズウォーターで香りを取り入れるのはどうでしょう?
ゼフィールのローズウォーターは飲用可能なので、
サプリメント感覚で毎日飲めば、
ローズの香りのする芳しい体臭になれるかもしれません


おまじないアロマ、いかがでしたか?
私もおかげで、何か新しいブレンドをしてみようと
イマジネーションが沸いてきました。

http://blog.with2.net/link.php?252494





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ