2010/7/21

ローズウォーターの香   芳香蒸留水

昨日は一時的にサーバーの調子が悪かったようで、
ご迷惑をおかけしました。

昨日サイプレスウォーターの事を書きましたが、
今日は芳香蒸留水の香についてです。


芳香蒸留水の代表と言えば、
ローズウォーターオレンジフラワーウォーターです。
この二つは二大巨頭と言っても過言ではありませんが、
ローズウォーターの香のよさを想像して
他のウォーターを買うと結構がっかりすることがあります。


時々私に内緒で他社メーカーの芳香蒸留水を買って、
「がっかりした…」と戻ってくる方が
いらっしゃるのですが…クックックッ…

あ、失礼、笑ってはいけませんね

特にゼフィールのローズウォーターは、
エッセンシャルオイルを抽出する際の「副産物」ではなく、
芳香蒸留水を得るための蒸留法で作られています。


ローズウォーターオレンジフラワーウォーターに関しては
本来匂いが薄いため、日本の皆様のご希望に応じて、
フランス旧薬局方の基準より抽出の際、
濃度を濃くしています。

だから香が違います。
いい代えれば、ゼフィールのこの二つの芳香蒸留水だけは
特別扱い(笑)なのです。
まあどこの世界でも人気者は、
特別扱いなんですね

なので、ある意味野生ラベンダーウォーターの甘酸っぱさとか
ハマメリスウォーターの草原のような草っぽさが
なんかとっても素朴に感じますが、
本来芳香蒸留水はそんなにいい香ではないようです。

大きな声では言えませんが、
他社メーカーの芳香蒸留水を嗅ぐと、
あまりに変な匂いでびっくりする事がよくあります

でも私は個人的には野生ラベンダーウォーター
使い心地とかカミルレウォーター
フルーティーな香は結構好きなんですけどね…



参考記事「ゼフィールの芳香蒸留水について
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ