2011/1/20

介護をするために元気になる香  香りの癒し部屋

元気になれる香と一口に言っても、
元気になるパターンが色々あると思うのです。

10代20代の頃なら、何をおいても恋愛が一番で、
失恋からたち治るため元気になりたいとか…

もう少し大人になったら仕事にまつわる人間関係とか…

結婚をして更に大人になったら、
家族間の中の人間関係とか、
その頃には介護の問題も出てきますね。

介護というものは、
当人も辛いでしょうが、
介護をする側が元気を維持しなければ
続ける事が出来ないと思います。

私は最近よく介護をしている人から

「アロマを始めたい」

と相談を受けます。

私の周りにも介護をしている人、
やらざるをえなくなった人…様々です。

なので、今日は介護をがんばるために元気になる香りについて
考えたいと思います。


以前PMS対策でテンションをあげる香りとして
イランイランをおすすめしました。
イランイランは「フローラルハイ」と呼ばれ、
充実感や多幸感が感じられるのです。

参考記事「恋の香イランイランの多幸感


でもイランイランは同じ「元気になる香り」でも、
個人的には介護をしているその最中の気分転換には
少し違うようにも思えます。


実際に甘い香りが好きだった人が、
介護を始めてから、前は好きだった甘い香りが苛立ち、
柑橘系の中でも少しビターなベルガモットが心地いいと
きいた事があります。


そう考えると、甘く楽しい気分になる香りは、
自分の楽しみのためにとっておいて、
介護の時は少しビターな香りやウッディー系で
気分をあげるのはどうでしょうか?


//////////////////////////////////////////////////


私がおすすめする香りです。

ベルガモット
少しビターで落ち着いた感じの柑橘系です。
抑圧された感じや
イライラした気分を落ち着けてくれながらも、
やる気をださせてくれる香りです。


グレープフルーツ
同じ柑橘系でもベルガモットよりは少し
明るい感じの香です。
長期戦の介護が続く時などに、朝一番元気を出す香として
助けてくれる気がします。


マジョラム
クールダウンさせてくれる香りとして知られています。
気持ちを落ち着け穏やかにしてくれる香です。
神経が苛立って眠れない夜などにいかがでしょうか。




フランキンセンス
少し崇高な気分にさせてくれる香なので、
人のために動かなくてはいけない時などに、
気持ちをクリアにし、助けてくれる気がします。


パチュリ
好き嫌いのある香りではありますが、
土っぽい落ち着いた香りで、
色々と考える事が多い時などにクールダウンし、
現実的に落ち着いて行動できるような助けをしてくれる気がします。


関連記事:「芳香浴とは?例えば認知症にアロマテラピー



さて、今日は夜のクラスの講座の日です。
みんなが元気でありますように
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ