2010/2/9

バレンタインにタイムはいかが?  歴史の中の香り

バレンタイン月のこの時期、
プレゼントに悩む人もいるんではないでしょうか。
今日は男性に贈りたい香のお話です。

香水の始まりは実は男性なのです。
遠い昔の狩猟時代、
狩りは男たちにとって命がけの仕事でした。
狩人達は、嗅覚に優れた動物に
自分の体臭を悟られないように、
特別な匂いや油、果汁などを身体に塗ったのだそうです。
必然的に香の研究は男たちの課題だったわけですね。

ギリシャの市民はお風呂に行く時、
必ず香水の瓶を持って行き、
入浴の後にハーブの匂いを漂わせていたといます。

ミントは男性の力強さを表すために、
タイムは勇気と美徳を象徴するものとして
腕にこすりつけられました。

「タイムの香りがする」

というのは男性にとって最高の褒め言葉だったと言われています。

タイムは肝臓への毒性が強いので、あまり精油は
使用されませんが、風邪をはじめ万能的な作用も持っているので、
私はこの時期タイムウォーターを殺菌スプレー兼
喉シュッシュ(喉の痛み取り)に利用しています。

タイムはどちらかというと男性的なスパイシーな香です。
ショップにはアップしていませんが(すみません、そのうちします)
ゼフィールでも以下のタイムが取り扱えます…高額商品ですけどね…

タイム(ゲラニオール)¥6500−
タイム (シネオール)¥3400−
タイム(チモール)¥¥4800-
タイム(ツヤノール)¥7800-
タイム(リナロール)¥6500−

この記事と同時に
本日ショップにブレンドオイル「爽やか」をアップしました。
タイムツヤノール、ユーカリラジアタラベンサラ
この時期、殺菌除菌にもってこいの、名前の通り爽やかな香です。
バレンタインのプレゼントにもいいかもしれません。
古代の男たちの香づかいの話で盛り上がるかもしれませんよ

http://blog.with2.net/link.php?252494





0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ