2011/9/20

ゼフィールのエッセンシャルオイル  ゼフィールの精油と分析表について

恋香房で販売している
ゼフィールの精油は
こんな精油です




ゼフィールのエッセンシャルオイルは
主にフランスのラボラトリーから輸入して販売しています。
全131種類   

ラボラトリー
このラボラトリーは芳香植物の栽培をはじめ、
エッセンシャルオイルや芳香植物の蒸留、
さらに他の原産地(主に旧フランス植民地)から
様々なエッセンシャルオイルを輸入し、
世界各国に販売しています。


クライアント
フランス国内のクライアントは、
医師をはじめ自然療法家や薬局です。



フランスのエッセンシャルオイル
フランスではエッセンシャルオイルは
医療に使われるものなので
フランス薬局方やAFNOR(フランス規格協会)に従って
このラボラトリーのエッセンシャルオイルは
ロットごと公の機関で分析されています。


このようにゼフィールのエッセンシャルオイルは
その植物抽出方法から製品完成まで
下記のような厳しい条件を満たしています。



フランス薬局方、及びフランス国内と国際機関の基準に準じ、
メーカーから第三者分析機関によって分析が行われ、
化学種(ケモタイプ)を明らかにした分析表を得ています。
これらは下記条件を満たしています。


@植物は野生であり、また栽培の場合は、
農薬およびそのほかの化学薬品を一切使用せず、
抽出に使われる水は湧き水で公害などに汚染されていないもの。


A純度100%純粋(ピュア)ということは
他の植物やエッセンシャルオイルと混ざっていないこと。


B100%天然なエッセンシャルオイルというのは、
水蒸気蒸留法または圧搾法で得たもののみで、
添加物が一切入っていないこと。

例外として、蒸留または圧搾不可能なものは
食用に使われるソルベントで抽出される
(ベンゾイン・バニラ・ソマリアのフランキンセンス)。

アブソリュートなどはエッセンシャルオイルに含まれない。


C100%完全(揮発性成分全体を含む)は
脱臭、精留、過酸化をせず、またテルペンを取り出さない。
(フランスの薬局方では数少ない例外がある)


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ