2011/10/12

プレ更年期  ホルモンとアロマ

せっかくホルモンバランスの
カテゴリーがあるので、
何か書こうと思って
昨夜女性ホルモンの本を参考に
ネタを探しました。

最近なんか体調が悪い…

て人はやってみて下さい。
     
     

プレ更年期度チェック

このチェックを考案した先生の本を
買ってみました。

アロマテラピーで使用する精油には、
ホルモンバランスを整えてくれるものも
あるので、
(参考記事:クラリーセージの持つ力)
職業柄、ホルモンバランスの本は、
よく買ってます




ちなみに男性にも更年期障害はあるようですよ。
男性更年期の
参考サイトはこちら
0

2011/10/12


ゼフィールのローズについて

当店の人気商品、
ゼフィールの人気商品
ローズウォーター
大変香りがいいので、
よく原産地を聞かれたりします。

なので今日は、
メーカーさんから頂いた資料から、
当店で取り扱っている
ローズについてアップします


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ローズオット Rosa damascenaについて

ローズオット Rosa damascenaを判断するのは、
まずは、鼻で匂いを嗅ぎわけることだそうです


ブルガリアローズが、
なぜ一番品質が良いと言われているかですが、
市場に一番最初に出回ったのが、
ブルガリアのローズでした。

ブルガリアは、
ローズを国営で行ったいたため、
生産量も世界一で、
蒸留の技術も優れていたため、
ブルガリアローズの名前が
有名になって行きました。


モロッコのローズは、最初、
センティフォーリアでしたが、
その後ダマスセーナに変わり、
フランス、グラースの香料業界が、
莫大な資金を投入して、
蒸留の技術や生産力に力を注いだために、
大変品質のよいローズが出来るようになりました。

また、トルコやその他シリアや中国、
イタリアと言った国々も、
ローズオイルを生産しています。

なので今では、
ブルガリアが一番というわけではなく、
好みの問題のようです。


弊社の(ゼフィールの)有機栽培の
ローズオットはモロッコ産のもので、
南モロッコのアンディアトラス山脈の
砂漠に近い所で栽培されています。
こういう場所で栽培されているのは、
虫がつかないためだそうです。

その地方には、
たくさんの農産物が栽培されています。
ここは雨量が少ないために、
ローズの株ごと井戸から管を通して、
水が滴ごと流れるように作られています。


年間のローズのメンテナンスは、
その地方の女性によって行われています。

収穫の時は、
女性たちが大きなシートを
袋のようにして肩からぶら下げ、
早朝から暑くなる前までに、
花を摘みます。

摘んだ花は素早く、
蒸留機に車で運びます。

このようにしてローズオット
エッセンシャルオイルが作られています。

弊社では、
最初はトルコ産のものを
取り扱っていましたが、
モロッコ産の方が、
やわらかくいい香りでしたので、
モロッコ産に決めました


写真は私が近所の公園で撮影した薔薇の花です(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/10

秋の散策と七草(写真)  写真で歳時記

三連休最終日は
ぶらっと歩いて水元公園の奥地まで行きました。

ここにはとても美しい鳥
かわせみ(翡翠と書きます)を見れる
かわせみの里」という
スポットがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど11:00から
ガイドウォークをやっているので、
参加しました。

私は動物よりも昆虫や植物の方が
テンションあがる人なので、
昨日のテーマの
「鳴く虫」
のお話はとっても面白かったです。


コオロギを探すガイドのお姉さん

クリックすると元のサイズで表示します


この木は「エノキ」と言って、
鳥にとっては冬でも実が食べられる
貴重な木なんですって

クリックすると元のサイズで表示します

下の木の名前はなんと!

「マユミ」ちゃんラブラブ

ピンクの可愛い実がつきます

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

秋の七草のフジバカマとススキです。
秋の七草の覚え方も面白いですね


クリックすると元のサイズで表示します

水元公園は、
これからが
いい季節になるので楽しみです

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2011/10/10

断捨離第2段!と肩こりレシピ  香りの癒し部屋

三連休最終日、みなさんいかがお過ごしですか?

我が家は
この三連休は1日目に断捨離第2弾をしました。
第1段が服の断捨離で、
今回は本と書類です。

またネットオフ経由で、
ゲームや本を取りに来てもらいました。

今朝は「燃えるごみ」の日だったので、
大量に出たゴミを捨てるために、
早起きしました。

だって、断捨離とは言え、
あまりにも大量のゴミを捨てていたら、
夜逃げでもするのか
と思われそうじゃないですか(笑)

たいていのゴミは、
私の住んでいる地域は
プラスチックなども
燃えるごみに出せるので、
朝から大忙しでした。

今日は連休最終日なので
出かけようとも思いましたが
この連休はおうちライフに決めました。

朝のうちに、
研究を兼ねて
切れた化粧品を作ったり、
定番のヒノキとヒバとユズ
バスソルトを作ったり…

そうそう、
今度私が講師を務めさせてもらっている
アロマテラピー講座の上級クラスでやろうと思っている
肩こり用オイルも作ってみました。
まだ完全版ではないですけどね…

肩こりにはシラカバが特効薬だと
私が参考にしているお医者様の本のレシピにも
載っているのですが、
(レシピはこちら

なんせシラカバは、
思いっきり「サロンパス」
そのものと言ってもいい香り

夜のお風呂上がりに
ボディーオイルとしても
使えるようにしたいので、
シラカバ版はレスキューレシピにして、
普段使えるちょっといい香りの
肩こりオイルを研究中です


みなさんも連休最終日、
楽しい1日になりますように…

0

2011/10/9

本日は十三夜ですよ  写真で歳時記

「本日は十三夜ですよ」

なんて偉そうに書いていますが、
毎日来る暦のメルマガを見て
思い出しました。

以下メルマガより抜粋
(こちらのサイトのメルマガです)

 ◇十三夜の月,栗名月

旧暦九月十三日。
後の月・九月十三夜の月・栗名月などとも呼ばれ、
月見の風習がある(「後の月見」という)。
中秋の名月が
中国から伝わった行事であるのに対して、
こちらは日本独特の行事。
中秋の名月と、
十三夜の月の両方を
同じ場所で眺めるのがよいとする言い伝えもある。



◇二夜の月(ふたよの つき)
 「名月」と言えば中秋の名月(旧暦八月十五日)のことですが、
もう一つだけ「名月」に加えられるのが九月の十三夜の月です。
この両方の名月を併せて呼ぶとき、「二夜の月」となります。
わざわざ二夜の月と言うくらいで、
いつしか両者はセットで語られるようになり、
一方で月見をすれば
もう一方でも月見をしなければと考えるようになりました。



◇片月見(かたつきみ)
 二夜の月とも月見をするとなると、
一方だけ月見をするような場合を特に、
片月見とか片見月(かたみつき)とか呼ぶようになりました。

中秋の名月と後の月をセットと考えるようになると、
その一方が欠けるのは
少々不吉な感じがするようになったのでしょう、
この片月見などという言葉ができて、
それを避けようとしていたことがうかがえます。

片月見を忌むという慣習はことに江戸で盛んだったようで、
両方の名月を眺めるばかりでなく、
「同じ場所で眺める」とまで考えていたようです。
いつもお世話になる守貞漫稿によれば、
江戸の人々は、十五夜の日に外出して
よそで中秋の名月を眺めた時には、
十三夜の日にも同じ場所に出かけて行って月を眺めたそうです。
それが大変だから、
十五夜・十三夜の日には外出を控えたとも云います。


明日の誕生花です。
花言葉は高潔な人・謙遜

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ