2010/2/3

シナモンでココア  愛の伝説がある香り

寒いですねーさすが2月…
今朝は寒いので身体を温める作用のあるシナモンを入れて
精油を入れたココアを飲みました。



レシピはチャイより簡単です。
1:鍋に牛乳を温める。
2:カップにシナモン1滴、ディスペール9滴、ココアパウダー1杯を入れる。
3:2に少しずつ牛乳を入れ2を溶かしながら牛乳を加えていけば出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します


2月はバレンタインデーです。
ココアには恋をしている時に分泌される
PEAという「恋愛ホルモン」が多く含まれるそうですよ

シナモンも恋愛と密接に関わるものに、
内分泌系を刺激する、働きがあります。
またシバの女王が、ソロモン王に愛の贈り物として
シナモンを贈ったという伝説から
愛の告白に利用されてきました。
バレンタインにココアとシナモン中々いいかもしれませんね。




恋香房内関連記事
・シナモンは恋に効く?

カカオ系参考サイトです。
色々なチョコレートにまつわるお話が面白かったですよ。
ゴディバ
世界のココアバンホーテン

こんなサイトも
チョコレートスパとは?

http://blog.with2.net/link.php?252494

考えてみるとバレンタイン月の2月の講座で
「除菌対策はないだろう!」と思ったのも後の祭り…
可愛いお子様に悪い「菌」がつかないようにしっかり対策する事にしましょう。
3月はもう少し色気のある内容にしましょうかね…(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/9/10

ゴディバのチョコレート  愛の伝説がある香り

あまり甘い物には興味がないのですが、
旦那さんがゴディバが好きなので、
チョコレートを時々買います。
いつもシンプルな板チョコの85%ビターを
買うのですが、なんか気になる商品があったので
写真のチョコレートを買ってしまいました。
やはりミントを購入しました。

商品説明(ゴディバのHPより)
ちょっと楽しみたい時にぴったりな、
パールのような小粒のチョコレートです。
なめらかなミルク、リッチでほろ苦いダーク、
ダークチョコレートにすっきりとしたフレーバーのミント、
ダークチョコレートに爽やかなフレーバーの
マンダリンオレンジ、
プレーンなホワイトチョコレートの5種類。


チョコレートは恋の香り?
チョコレートには、
『恋をしている時と同じ気分になれる物質』
“アンフェタミン”が含まれているのだそうです。
最近では「チョコレートセラピー」なるエステも
あるようですよ

チョコレートに含まれるバニラの香りは、
ロマンチックな気分にさせてくれる作用があります。
ショップにはアップしていませんが、
ゼフィールにもバニラのエッセンシャルオイルがあります。
でもお値段は決して安くはありません。
10mlで8700円です。
でも8700円で恋が叶うかもしれないと思えば、
高くないかもしれませんね。

去年の冬に講座で作って大ヒットした
みつろうのハンドクリームにはバニラのような
甘い香りのベンゾインが含まれています。
そのせいかこのハンドクリームはチョコレートのような
甘い香りがしました。
バニラは高くて手が出なくても、
甘い香りでしかも皮膚のトラブルを治してくれる
ベンゾインの精油で冬に向かってお肌のお手入れはいかがでしょう。
ベンゾインもロマンチックな
気分を盛り上げてくれる効果があるのですよ

http://blog.with2.net/link.php?252494

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/7/12

バジルにまつわる愛の神話  愛の伝説がある香り

毎年夏になるとバジルの種を植えます。
収穫したバジルでペーストを作り、
週末ランチにバジリコパスタでビールを飲むのが楽しみです

バジルには、恋の季節夏のハーブにふさわしく、
恋愛にまつわる伝説がたくさんあります。
今日はバジルにまつわる恋の伝説のお話です。

イタリアでは
バジルは「小さな愛」と呼ばれ、
身につけて異性の前にたつと
「あなたを愛しています」という
告白の印になるとか…


モルダヴィでは
好きな男性に差し出し、相手がそれを受け取れば
「あなたの気持ちに添います」
という意味だとか…


ルーマニアでは
「あなたの花嫁にして下さい」
ちう意思表示の小枝で、相手の男性が受け取ればOKの意味だとか…
また、純潔をためす植物として、
浮気性の男性に触れるとすぐに萎えてしまう…という話もあるとか(笑)


このようにバジルにはほとんどが、
「愛の告白」や「惚れ薬」としての男女の恋愛にまつわる伝説が多いのです。

実際バジルには「催淫作用」という
ロマンチックな気分を盛り上げる作用があり
女性ホルモンの「エストロゲン」に似た成分が含まれているので、
ホルモンのバランスを調えてくれる嬉しい精油です。
女っぽく綺麗になるため?
バジルの伝説にあやかった恋のお守り?
持っているだけで気分がウキウキしそうな香りの
エッセンシャルオイルです。
結婚祝いのプレゼントにもよさそうです。
この夏、バジルの力を借りて素敵な思い出が出来ますように

http://blog.with2.net/link.php?252494


クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/2/9

バレンタインにエッセンシャルオイル  愛の伝説がある香り

何度か書いた事がありますが、
私は実は風水が好きです。
月曜日の今日は、家中の掃除をして
部屋中の(合計10個置いてます)盛り塩を取り替える日です。

うちには風水やパワーストーンの本も何冊かあります。
風水では香りは恋の運気をアップするとも書いてあります。


いつもこのブログでは、
割と生活に密着した内容を書く事が多いのですが、
「愛を告白する日」とされるバレンタインデー月位は、
恋の運気をアップする
おまじない的なアロマもいいかなーと思って、
私の持っている本を参考に
恋愛体質を高めてくれそうな香りを
アップしたいと思います

ちなみに参考にしたのはこの本です。


///////////////////////////////////////////////////////////

●出会いの運をアップさせる香りは?

「ローズやジャスミンなど花のエッセンシャルオイルを
芳香させるといいでしょう…」

とあります。

元々お花から抽出されるエッセンシャルオイル(以下EO)は、
抽出部位から考えてもわかるように、
葉や枝などから抽出されるEOに比べると割高なものが多いのですが、
その中でもローズとジャスミンは
非常に高価なものです。
おまじない的に持つには高価な方がいい!
という人もいるのでしょうが、
恋香房ではお手頃価格の花から抽出された香り達を選んでみました。


イランイラン
インドネシアには、新婚のカップルが夜を過すベッドに、
イランイランの花を撒き散らす美しい風習があります。
それほど、このエキゾチックでセクシーな香りの
甘い作用はよく知られています。
既に恋人のいる人は二人で過す夜の芳香浴に
運名の出会いを待っている人は、恋愛体質を高めるために、
アロマバスを楽しんでみてはいかがでしょうか。
イランイランはホルモンのバランスをよくしてくれる働きもあるので、
きっと女ぽさに磨きがかかりますよ


ラベンダー
ラベンダーは昔から
恋人たちの愛の証としての贈り物に利用されたり、
ラベンダーの匂い袋を肌身離さず持っていれば
恋人をひきつけるといわれ「愛」のハーブとして
様々な恋愛のシーンに花を添えました。
イギリスのチャールズ2世はプロポーズのときに
金色のリボンをつけたラベンダーの匂い袋を味方にしたとか…
古の恋の物語にあやかり、
心を落ち着かせてくれるラベンダーの香りを恋の味方につけてみてはいかがでしょう。
非常に強い鎮静作用を持つラベンダーですから、
寝室の芳香浴に利用すると安らかな眠りの中で
夢の中に理想の恋人が現れるかもしれません


ローズマリー
ローズマリーは、「愛の貞節」「若返りのハーブ」「記憶のハーブ」等と呼ばれ、
ヨーロッパでは古くから、結婚式やお葬式などに使われてきました。
香水の始まりとも言われる「ハンガリー水」は
ローズマリーや他のハーブをブレンドして作られた化粧水です。
このハンガリー水を使った70歳のハンガリー王妃が、
となりの国の20代のハンガリー王子に求婚されたと言うエピソードは
あまりにも有名で楽しいお話です。
年下の彼に恋をしている人は、
ハンガリー王妃にあやかって、
若返りのハーブ「ローズマリー」でお肌のお手入れをしてみてはいかがでしょうか?


ローズウォーター
いくらローズが高価だと言っても、
やはり恋愛と言えば絶世の美女クレオパトラの御用達「ローズ」です。
ローズのエッセンシャルオイルは日常使いには高価すぎるので、
ローズウォーターで香りを取り入れるのはどうでしょう?
ゼフィールのローズウォーターは飲用可能なので、
サプリメント感覚で毎日飲めば、
ローズの香りのする芳しい体臭になれるかもしれません


おまじないアロマ、いかがでしたか?
私もおかげで、何か新しいブレンドをしてみようと
イマジネーションが沸いてきました。

http://blog.with2.net/link.php?252494





0

2008/10/6

シナモンは恋に効く?  愛の伝説がある香り

今日も結局「雨の月曜日」です
私は風邪がなかなか治らず、
ついに病院に行きました。
やはり今年の風邪は「ひつこい、長引く」
そして「喉の痛み」が特徴のようです。

この所「感染症や呼吸器系」にいいといわれる
シナモンをずっと内服しています。
喉のイガイガにはうがいが一番ですが、
どんなシーンでも出来るわけではないので、
シナモンをお茶に溶かして飲むのは便利です。

前回のブログでシナモンには恋にまつわる伝説があると書きました。
シナモンは旧約聖書の中で、
シバの女王が、ソロモン王に愛の贈り物として
シナモンを贈ったという伝説から
愛の告白に利用されてきました。

また暴君ネロは最愛の妻が亡くなったときに
天国に旅立つ妻への贈り物として
シナモンを大量に燃やして見送ったと言われています。

シナモンの特性として、恋愛と密接に関わるものに、
内分泌系を刺激する、働きがあります。
そしてロマンチックな気分を盛り上げる催淫作用があるのも特徴です。

古の歴史に残る主人公たちは、
こんな風に香りが持つ効果をよく知っていたのかもしれません。
だから愛の贈り物にシナモンを選んだのでは?

シナモンは恋に効く」

あながち冗談ではなく、
歴史に名を残した主人公が愛の贈り物にしたように、
恋のお守りに持っていると、
シナモンが恋のパワーを貸してくれるかもしれません。

http://blog.with2.net/link.php?252494



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ