2011/10/12


ゼフィールのローズについて

当店の人気商品、
ゼフィールの人気商品
ローズウォーター
大変香りがいいので、
よく原産地を聞かれたりします。

なので今日は、
メーカーさんから頂いた資料から、
当店で取り扱っている
ローズについてアップします


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ローズオット Rosa damascenaについて

ローズオット Rosa damascenaを判断するのは、
まずは、鼻で匂いを嗅ぎわけることだそうです


ブルガリアローズが、
なぜ一番品質が良いと言われているかですが、
市場に一番最初に出回ったのが、
ブルガリアのローズでした。

ブルガリアは、
ローズを国営で行ったいたため、
生産量も世界一で、
蒸留の技術も優れていたため、
ブルガリアローズの名前が
有名になって行きました。


モロッコのローズは、最初、
センティフォーリアでしたが、
その後ダマスセーナに変わり、
フランス、グラースの香料業界が、
莫大な資金を投入して、
蒸留の技術や生産力に力を注いだために、
大変品質のよいローズが出来るようになりました。

また、トルコやその他シリアや中国、
イタリアと言った国々も、
ローズオイルを生産しています。

なので今では、
ブルガリアが一番というわけではなく、
好みの問題のようです。


弊社の(ゼフィールの)有機栽培の
ローズオットはモロッコ産のもので、
南モロッコのアンディアトラス山脈の
砂漠に近い所で栽培されています。
こういう場所で栽培されているのは、
虫がつかないためだそうです。

その地方には、
たくさんの農産物が栽培されています。
ここは雨量が少ないために、
ローズの株ごと井戸から管を通して、
水が滴ごと流れるように作られています。


年間のローズのメンテナンスは、
その地方の女性によって行われています。

収穫の時は、
女性たちが大きなシートを
袋のようにして肩からぶら下げ、
早朝から暑くなる前までに、
花を摘みます。

摘んだ花は素早く、
蒸留機に車で運びます。

このようにしてローズオット
エッセンシャルオイルが作られています。

弊社では、
最初はトルコ産のものを
取り扱っていましたが、
モロッコ産の方が、
やわらかくいい香りでしたので、
モロッコ産に決めました


写真は私が近所の公園で撮影した薔薇の花です(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/9/20

ゼフィールのエッセンシャルオイル  ゼフィールの精油と分析表について

恋香房で販売している
ゼフィールの精油は
こんな精油です




ゼフィールのエッセンシャルオイルは
主にフランスのラボラトリーから輸入して販売しています。
全131種類   

ラボラトリー
このラボラトリーは芳香植物の栽培をはじめ、
エッセンシャルオイルや芳香植物の蒸留、
さらに他の原産地(主に旧フランス植民地)から
様々なエッセンシャルオイルを輸入し、
世界各国に販売しています。


クライアント
フランス国内のクライアントは、
医師をはじめ自然療法家や薬局です。



フランスのエッセンシャルオイル
フランスではエッセンシャルオイルは
医療に使われるものなので
フランス薬局方やAFNOR(フランス規格協会)に従って
このラボラトリーのエッセンシャルオイルは
ロットごと公の機関で分析されています。


このようにゼフィールのエッセンシャルオイルは
その植物抽出方法から製品完成まで
下記のような厳しい条件を満たしています。



フランス薬局方、及びフランス国内と国際機関の基準に準じ、
メーカーから第三者分析機関によって分析が行われ、
化学種(ケモタイプ)を明らかにした分析表を得ています。
これらは下記条件を満たしています。


@植物は野生であり、また栽培の場合は、
農薬およびそのほかの化学薬品を一切使用せず、
抽出に使われる水は湧き水で公害などに汚染されていないもの。


A純度100%純粋(ピュア)ということは
他の植物やエッセンシャルオイルと混ざっていないこと。


B100%天然なエッセンシャルオイルというのは、
水蒸気蒸留法または圧搾法で得たもののみで、
添加物が一切入っていないこと。

例外として、蒸留または圧搾不可能なものは
食用に使われるソルベントで抽出される
(ベンゾイン・バニラ・ソマリアのフランキンセンス)。

アブソリュートなどはエッセンシャルオイルに含まれない。


C100%完全(揮発性成分全体を含む)は
脱臭、精留、過酸化をせず、またテルペンを取り出さない。
(フランスの薬局方では数少ない例外がある)


0

2009/3/18

ゼフィールの精油の分析表について(ゼフィールのHPより抜粋)  ゼフィールの精油と分析表について

最後に記載していますが、
分析表は各商品に添付致しておりませんので、
必要な方は購入の際にお申し出下さるようお願いいたします。

以下の記事はゼフィールのHPより抜粋しております。

//////////////////////////////////////////////////////

分析表はなぜ必要?

アロマテラピーで用いるエッセンシャルオイルは
100%純粋・天然・完全でないといけません。
プロの調香師であれば大体本物か偽物かが分かりますが、
100%言い切れるものではありません。
そこで化学分析機を導入し、
エッセンシャルオイル成分の割合などで判断する方法がとられています。



自社関連機関と第三者機関は何が違う?

自社関連機関とは自社独自もしくは
自社が出資した会社が分析を行うことで分析表を提供している
ほとんどの業者がこれに当てはまっています。
第三者機関とは自社との関連のない会社が
分析を行うことを意味するものでどちらが公正かは一目瞭然ですね!



確実な分析とは?

絶対に確実な分析とは
皆様が購入した手元にあるエッセンシャルオイルを
公的な分析機関に依頼する方法が最も確実と言えます。

皆様はエッセンシャルオイルについてくる
分析表を見た瞬間に「これは本物だ!」と思っていませんか?
はっきり言ってこれは無用心だと思います。
特に自社関連機関では分析表を簡単に操作できるからです。
購入したところに問い合わせても
返事は「分析表は正しいものです」と言うに違いありません。
正しければそれに越したことはありませんが、
仮に偽物であってもわざわざ
「これは偽物です」と言うところはまずないでしょう。(笑)
 
「それじゃぁあんたのところも確実とはいえないではないか!」と
多分これを読んでるあなたも思ったでしょう。
そうです。
いくら第三者機関で分析してもらっても、
いくらサインの入った高質な紙でできた分析表でも
『絶対という分析表』はないのです。
(もちろんわが社のエッセンシャルオイルは本物であるのは自信を持っていえますが)

しかし、わが社では少しでも確実なものだと言えるように、
あえて自社関連機関での分析は避け、
第三者に依頼する努力をしています。
そして何よりわが社での分析表を必要とする意味は、
仕入れてくる精油の成分の確認
(メーカーはきちっとした精油を輸出してくれているのか)、
ユーザーの要望(ユーザーさんもどのような成分が含まれているかを確認するためだと思いますが)
などという理由からです。
なので分析表はわざわざ添付致しません。
必要な方にだけにお渡ししています。

http://blog.with2.net/link.php?252494

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ