〜 柳貴家小雪 Website 〜

2006/9/21

ヒルズめぐり☆  Information

昨日は仕事をちょっ早に強制終了させ六本木へ☆久しぶりに、こちらも恒例・親友と「ベタの会」開催!今回はヒルズ巡り(ベタだけどやっぱり結果そうなった)。 久しぶりだというのに遅刻しそうになり、大江戸線ホームからダッシュスタート!大江戸線出口から六本木ヒルズ、遠いっ!!死ぬかと思った…久しぶりに全力で走ってはいけません、命は大切に(^^;。 で、大雑把な計画は立てるもののいつも行き当たりばったりな私たち、今日も本領発揮!オープンテラスでアイスコーヒーを飲んで気持ちいい風にあたっていたらすでにまったりモードに突入し、ヒルズで待ち合わせたのにバスに乗って青山に移動。そこから表参道まで景色を味わいながら散歩散歩。こういう時間の過ごし方、好きだなぁ☆ でも表参道まで行ったのにぼんやりしていた私は目的のお店を忘れ、結局表参道ヒルズをぶらぶらに変更。こんなぼんやりアバウト人間に笑って付き合ってくれるのは、たぶんこの親友くらいだな(^^。表参道ヒルズでゆるゆるのバーチャルカップルを楽しんだのち、今度は渋谷に移動してビリヤード対決!結果は3×1で勝利!趣味がビリヤードでよかったよ(笑)。 そしてまた銀座に移動して、夜ご飯は大好きな<鰤門>でお寿司三昧(写真は小柱。めちゃウマ!)。鰤門はどのネタも本当に美味しくて、二人で感動しながら食べに食べた。最高ー☆ 最後の〆はまたまた新宿に移動してカラオケ。 それにしても私たち、1日にどれだけ縦横無尽に東京を移動しているのだ!でもそんな移動もこの親友とはのんびり笑えるひととき。沈黙もまた心地良い。あー、いっぱい笑った。いっぱい癒された。さて、今日からまたがんばれそうだね!

(ブログを見た友人から、「ブログ毎日見てるけど、食べてるか、飲んでるか、変な顔してるかの印象しかないね。」って言われた。本当?それってマズいんじゃあ…(^^; )
クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/19

好楽ちゃん祭りA☆  Information

もう一枚☆昇太兄サマとは顔がよく似てるっていわれる。似てますか(^^?
クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/19

好楽ちゃん祭り☆  Information

本日はよみうりホールへ☆三遊亭好楽師匠の芸歴40周年記念公演に出演しています。出演者が多いと楽屋も賑やか!好楽師匠も最高の笑顔。 今日は三遊亭小遊三師匠や春風亭小朝師匠もいらして、お祝いの口上では圧巻!客席からも祝ムードパワーをもらい、私たち出演メンバーも楽しく高座ができました。ありがとう。好楽師匠と息子さん・三遊亭王楽くんのお人柄ですね。好楽師匠には寄席に入った当初から可愛がっていただいてお世話になっている。おかみさんにも。 今日ここに立てて本当に幸せ☆ この公演は明日明後日も同ホールであります。明日は桂三枝師匠、明後日は笑福亭鶴瓶師匠が登場します。

(↓今日の出演メンバー、私の愛するお兄ちゃん達(右:柳家花緑師匠、左:「笑点」新メンバー・春風亭昇太師匠)いつも何かにつけて本当に助けてくれる心優しき二人。久しぶりに会って、笑いすぎてお腹いたい!)
クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/16

神業☆  Information

友人たちがバーテンダーをしているBarでは、ほとんどのグラスにバカラを使っている☆私はあまりお酒に詳しくないから微妙な味の違いとかはわからないけれど、そこは彼らの腕もさることながらバカラの美しさもまたカクテルを引き立てている。唇にあたるグラスの質感やそれを伝って舌に届く彼らのカクテルは、ゆっくりとろけていく蜜のようにすばらしい☆ バカラなんて、これまでもらったり自分でショップに行っても「きれいだなー」くらいの興味だったし、私にはまだ早いかなって思っていたけれど、そのBarでバカラを手にするようになって、友人からそのグラスのひとつひとつの意味を教わってみて、同じ模様でも最近のものとアンティークのものでは違っていたりするのが楽しくて今すごく魅かれている。茶道にも似ているね。飲み干したあとにじっくりと目で味わう抹茶椀みたい。(母が茶道師範を持っていて、ウチの茶室の抹茶椀コレクションを眺めるの好きだった。)
そんなことを思っていたら、偶然BSでバカラの特集をやっていた。なんというタイミング! すべて手作業で施される繊細な彫刻(↓)は、まさに職人さんの神業だね!すごい!!録画しておいてよかったー。 歴史と伝統と人々の思いがつまったバカラ。これは何にも通じる気がする。 この間、大親友の三遊亭金翔さんも言っていたけれど、私もこれから何かの記念日とかの折々にひとつずつ思いを込めて集めていこうかな☆ (番組の途中に出てきて衝撃を受けた名言、『これは、途方もないバカラである』…バカラの名細工師・セルジュ氏を讃えた最高の誉め言葉ですね。)
クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/15

ふじんかいE☆  Information

ラストはメンバーで記念撮影☆右:師匠の前マネ、中央:私、左:三遊亭金翔さん。この二人なしでは生きていけない(^^。深く深く人生を送る人々がここに。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ