2009/1/5

鬱病について  

こんばんは!今日は通常に戻りいつも通りバタバタムードでした
これから夕食タイムに入ります
今日から9日まで会員様限定のキャンペーンが入っているようですね
どうぞ宜しくお願い致します

ちょっと前から急激に耳にすることが多くなった鬱という病気についてちょっとお話ししたいと思います。
鑑定中に鬱病かどうかはその方を霊視してパワー(オーラ)の色と波動で私は判断しています。(お医者様じゃないので決定付けはできませんが)複雑に絡みあった魂と波動、黒くなったパワー等。
私の学生時代の友達も社会人1年目で鬱病と判断されました。
鬱病にも色々な程度があると思いますが、周囲の方の苦労を考えると心が苦しくなります。
もちろん、ご本人も辛いでしょう。発症のきっかけは対人関係の方が多いように感じます。
価値観も多様化され、個人カラーが強い現代社会だからこそ、人対人でぶつかりあうことも多いのではないでしょうか?
自分の考えが一般的な考えだと決め付けていませんか?ご自身の価値観を相手の方に押し付けていませんか?職場は何をするところでしょうか?
ちょっとだけ引いてご自身を見つめてみませんか?
何があなたのストレスになっていますか?
そのストレスとちゃんと向き合ってみませんか?
あなたの言動で同じように傷ついている人はいませんか?
傷つけるつもりがなくても傷つけてしまうことは人間だから当然ありますよね。

相手の苦しさを理解できない人に、自身の苦しさは理解されない。
相手の痛みに気付かない人は自分の痛みに気付いてもらえない。
人は一人では生きていけません。
あなたの大切な方は、あなたの隣で笑っていますか?

なぜあなたは今もこうしてこんなに苦しまなければいけないのか?
他人ではなくご自身の中に問いただしてみませんか?

解決方法があるということ…私は信じています。

私の友達はお薬は何十種類も飲んで重度の病気でした。お薬の量を変えることは出来ないと医者に言われていたようですが、今は軽い2種類のお薬になったようです。

決して鬱病の人を非難したいわけではありません。ただその方の隣で支えている方、心配している方がいることを忘れないでほしい。今回は症状が軽い方に向けた言葉です。ご了承くださいませ。

何事もそうですが向き合うことが重要です。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ