みなさん雅子オアシスいらっしゃって下さりありがとうございます。 日常生活のさり気ない出来事を書きながら、楽しい会話を通して、私達障害をもっている人達の生活状況や社会資源、福祉制度の問題点など、分かりやすくお話していきたいと思います。 この部屋で楽しく過ごしながら、ちょっとだけ色々な事を考えて、いただければ幸いです。 御意見、御感想、愚痴や独り言、何でもコメントに足跡を残して下さい。

2010/2/26  17:07

生チョコ  

こんばんは。
皆さんお久しぶりです。

2月に入ってからバレンタインデーの話も街の中にとけこんでいました。

昔は愛情表現が下手な日本人は、女性から男性に告白できなかったので、チョコレートをあげながら自分の気持ちを伝えていた。

私がバレンタインデーを知ったのは中学生の時でした。

大きなハートの中にチョコレートが5、6粒。
これで足りるかな?と思いながら家に帰っていた。

みなさんも経験があると思いますが、私は中学生の頃電動車椅子がなかったので、姉に頼んで買ってきてもらいました。

姉は「まこのおかげで恥かしかったよ」と真っ赤な顔をして帰ってきました。

かわいい憧れみたいな一コマ。

その頃のチョコレートは硬くて歯が折れそうな感じ!

種類も無垢、アーモンド、ウィスキーボンボンは高級品だった。

女の子はドキドキしながらどうやってあげるかシュミレーションしている。そんな可愛い時代があったんだな〜!

チョコレート会社もバレンタインでは念願の70パーセントぐらいの売り上げを目指している。

義理チョコ、友チョコ、本命チョコが用途に合わせて作られている。

私も今まで義理チョコばかりをあげてきた。

たまたま今年バレンタインデー近くに、デパートで北海道物産展をやっていた。

夕方見にいったら私に定員さんが次々に試食させてくれる。一口なのにほとんどのお店で試食させてくれた。

なんだか試食だけでお腹がいっぱい。

ヘルパーさんの情報によると、「ロイズの生チョコ」が絶品との事。
おかげで2つも買っちゃった。

ケーキも買っちゃったからあげながら、ちょうだいと言って試食。

さすがにうまかったよ!!!!!

口の中に入れるとやわらかいチョコレートがどんどん染みこんでいく様な感じ。

もう1個食べたいなと思っていたけど悪いから遠慮していた。

でも気がついたらしく「食べたいの?」と私の口にポッコリ入れてくれた。

「わかった?」
「目が訴えてたよ!」といっていた(笑っ

来年も上げられるといいな♡
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ