みなさん雅子オアシスいらっしゃって下さりありがとうございます。 日常生活のさり気ない出来事を書きながら、楽しい会話を通して、私達障害をもっている人達の生活状況や社会資源、福祉制度の問題点など、分かりやすくお話していきたいと思います。 この部屋で楽しく過ごしながら、ちょっとだけ色々な事を考えて、いただければ幸いです。 御意見、御感想、愚痴や独り言、何でもコメントに足跡を残して下さい。

2013/1/20  11:24

お正月初っ端から…  

こんばんは。
今冬は本当に早い時期から寒くなってお正月外に行き、14日10時半頃外に出たヘルパーさんが雪だよと慌てて入ってきた。

えっ、やっぱり雪になっちゃったの?
そんな事を言っている間にどんどん積もって1時に帰るヘルパーさんを見送る頃は2,3センチ。

皆さん、雪が降った後外に出られましたか?

私はとうとう1週間缶詰めで今日やっと付き添い付きで買い物に行きました。

車道はもう雪は無く普通の状態でしたが、歩道はまだまだ凍った雪があちこちに残っていました。

雪と雪との間をソロソロ動いていましたが、前方から自転車が来たので避けようとジョイスティックを左に傾けたら、いつもと全然感覚が違って凍った雪の上に乗りあげちゃった。

あれ!?
後ろを振り返った彼が慌てて飛んできて後ろから押してくれたけど、バックしようとしたけどツルツル滑るんだよね。

なんだか身体が傾いちゃって凄く怖かった。

昔、やっぱり雪の時に一人で買い物に行って凍結した所に乗り上げた事を思い出した。

あの時は近くに誰もいなくて寒い中誰か通りかかる人を20分位待っていた。

おじさんが通ったから「すいません、車いすが動かなくなっちゃったので押してくれませんか?」とお願いしてやっと動ける所までおしてもらった。

あれから20年近く、やっぱり雪は怖いね。

皆さんも凍結した所を歩く時は注意して下さいね。

注意をすると言えば、雪が降った前々日に1年ぶりでコンサートに行ってきました。

電車で行く予定で準備OK!
いざ出掛けたらやけにスピードが出ない。

彼がどんどん先に行っちゃって追いつかない。
変だなと、車いすの充電ランプをみたらランプが一つしか付いていない。

ありゃ、こりゃ大変だ!
慌てて彼に「ちょっとこれ見て」と指差した。

彼も慌てて「どおしようか?」「行ける事は行けるけどどこかで電気を借りて充電しないと帰ってこれない」彼が「帰ろうか?」と反対方向に向きを変えてきた道をまっしぐら。

私は彼の車で行けると思ってそんなに慌てていなかった。

家に着いて彼が玄関をあけて何やら忙しそうに動いている。
私はアンヨのまま車の前で待っていた。

「なんだ、車で行くのか?」
「それしかないでしょ?」

またブツブツ言い始めた。
聞いてるけど聞いてないふりをしていた。
「よろしくね♡」

「こんな混んでる時間にどこに止めるんだよ」
私が「大丈夫だよ」の繰り返し。

まったくまこりんと居ると何か起こる!

大宮ソニックシティーの会場で1時頃出掛けたから割と余裕で行けた。

ナビも新しくなったので駐車場検索もスムーズに探せた。

狭い駐車場だったので私は出られない。
ちゃんと止める前にアンヨを出して私をドッコイショと乗せてもらって北風の中を待っていた。

ギリギリの所を何回も切りかえし、やっと所定の位置に止まったと思ったらガリっなんだか嫌な予感。

なんだ今の音…。

なんか分からないけどガリっていったね。
ブツオちゃんがブツブツ言いだしちゃった。

大丈夫だよ!
家に帰ったらよく見ようね!

まったくマコは何でも大丈夫だよ。
良い性格してるだって。

長年生きてきたんだからその位で怖がってちゃ生きていられないよ。
心の中で思ったけど運転してもらっているのでおとなしくしていた。

去年と同じ会場だったけど今までは通路の両脇が車いす席だった。

だけど人数が多くて会場に入れなくて通路の扉の所から見ていた人もいた。

今年行ったら一番前の方の席が外されて、フロアーになっていた。
そこで車いすの人が観られる様になっていた。

私が一番先に入れたので本当にど真ん中に案内されてかぶりつきで観る事ができた。

東京管弦楽団と秋川さん「千の風歌ってる人」クミコのジョイントコンサートだった。

私もよく知らなかったけどクミコは歌がすごく上手なんだよね!
秋川さんはいつもの様子で歌っていて、やっぱり生の歌はサイコーだよね。

一番前で見られて何事もなく帰って来られてそごうの地下でお弁当を買って家でゆっくり食べられた。

良い1日だった!(^^)!
ちょっとアクシデントもあったけど、良い音楽も聞けて心が豊かになった。

ブツオちゃんも最後は「まこりんと居ると色々あるけど、今日は良い日だったな」だって。

また折を見つけて2人で行こうね。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ