みなさん雅子オアシスいらっしゃって下さりありがとうございます。 日常生活のさり気ない出来事を書きながら、楽しい会話を通して、私達障害をもっている人達の生活状況や社会資源、福祉制度の問題点など、分かりやすくお話していきたいと思います。 この部屋で楽しく過ごしながら、ちょっとだけ色々な事を考えて、いただければ幸いです。 御意見、御感想、愚痴や独り言、何でもコメントに足跡を残して下さい。

2011/2/6  0:14

春がきたら  

こんばんは。
朝晩の寒さはまだまだ半端じゃないけど、
ここ一週間ぐらいの昼間はなんとなく
ゆっくり歩いていたい気持ちになる季節になってきました。

我が家の裏にある梅もちらほら咲き始め
吹く風もやわらかい。

春がきているんだな。
暦の上ではもう立春過ぎたもんね。

1年半ぐらい前に私はリハビリセンターの健康増進施設で
ダイエットを兼ねて少しでも残存機能を保つ筋トレを始めた。

立ち上がり30回を5回セットすると汗が滝のように出てきた。

立ち上がりや起立姿勢。
座位を保ちながら玉投げ。
寝返りする事や寝た状態から起きる事。

私に出来るプログラムを担当の職員が作ってくれた。

その中に電動車いすスラローム、ボッチャーなど
競技種目も入れてくれた。

ボッチャーはあんまりやる気は無かったけど、スラロームは
私の気持ちをハイにさせた。

赤と白の24本のピンの中を前に後ろに8の字を書きながらタイムを競う。

約3ヶ月ぐらい職員が「今日は何やりたい」と聞くから「スラローム」

職員も私の性格を見抜いてニヤニヤ笑っている。

でも結局タイムアウトで教える事は伝えたから、後は自分で家で自主トレしてねと印籠を渡された。

あ〜、もう出来ないのかなと思いながらも内心諦めていない私。

今は黄色いアンヨがお年寄りになっちゃって走行時間がままならない。

元気なアンヨが来るのをひたすら待っている。

そしたら頭をよぎったんだよ。
そうだ!良い事始めよう!

隣にいる人に

「ねぇ?手伝ってよ♡」

「何を?」

「スラロームやりたいな!」
「一緒にやらない?」

「スラロームって何?」

そこから話が始まった。

水曜日に私の主治医だった先生がリハセンをやめるので
最後の診察に行ってきた。

その時にスラロームの細かいルールを書いてある資料を指導員にもらった。

指導員が教えてくれたのは、まこりんは「飲まなくていいんだからね」と念を押しながら、「缶ビールの空き缶を重ねてピンの変わりにすればいいのよ」

「ロング缶2本で約40センチだから下に砂を入れればいいのよ」というアドバイス。

私はもうビールは飲んでいないので隣にいる人にスーパードライの350をいっぱい飲んでもらうことにした。

「まこりんは大五郎だから1瓶で足りちゃうね」
「両方使えばすぐ使えるね」などと言いながら笑った。

新しいアンヨがきたら近くの公園で始まるよ。

☆☆☆☆☆☆目標は大きく全国大会☆☆☆☆☆☆

でも、まずは少しずつ練習を重ねて楽しみながら、身体の神経を鍛える事を目指して今のまこりんはやる気満々。

あ〜ぁ!お手伝いする人大変だよ!
手伝ってくれるかな?
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ