みなさん雅子オアシスいらっしゃって下さりありがとうございます。 日常生活のさり気ない出来事を書きながら、楽しい会話を通して、私達障害をもっている人達の生活状況や社会資源、福祉制度の問題点など、分かりやすくお話していきたいと思います。 この部屋で楽しく過ごしながら、ちょっとだけ色々な事を考えて、いただければ幸いです。 御意見、御感想、愚痴や独り言、何でもコメントに足跡を残して下さい。

2012/7/15  14:44

トイレが鬼門  

こんばんは☆
今日は私のお誕生日。
とうとう56歳になっちゃいましたぁ。

皆さんの手を借りながら、生きてこられた事に感謝です。

お誕生日のお祝いを兼ねて、彼と軽井沢に旅行に行ってきました。

なんで軽井沢かと言うと、昔の日記をパラパラとめくるとそれらしい事が書いてあります。

その時は彼の事は公表していなかったので控えめに書いてありました。

1年半前に始めて彼と旅行をしたのが軽井沢で、そこで大変な事が起こりました。

初めての旅行だし、せっかく軽井沢まで来たんだから夕食の時にビールだけでは物足りない私は「ワイン飲もうよ」「えっ、飲むの?」「グラスワインなら良いでしょ?」話が決まってから赤と白のワインを頼みました。

そこからが悲劇の始まり。

あまりお酒の強くない彼は喉が渇いたせいもあってワインをグイグイ飲み始めました。

「私がそんなに飲んじゃだめだよ」と言ってるそばから、黙りこくったまま立ち上がって「トイレ行ってくる」と行ってしまった。

なかなか帰ってこなので嫌な予感がしてきた。

いくら待っても帰ってこないんだよね。

すると支配人の人が来て、「お連れ様がトイレで倒れて怪我をしたのでこれから救急車で病院に行きます」

「お連れ様の方が奥様の事を凄く心配なさっていますので、こちらの従業員が介助させていただきます」

私は何を聞いたのか分からなくなるぐらいビックリして心臓がドキドキはちきれそう。

何がどうなってしまったのか分からない。

そんな事を思っていたら、向こうの廊下からストレッチャーに乗った彼が通った。

声を掛ける事も出来ないまま行ってしまった。

私はどうなっちゃうのかな・・・。

それから従業員の女性が車椅子を押しながら部屋まで来てくれたんだけど、初めて会う人だから私も何を頼めば良いのか分からない。

頭の中は心配の渦で右往左往している。

救急車で運ばれたけど意識はしっかりしているという事は聞いたし、携帯に電話を掛けたら「まこ大丈夫だから心配しないで」という言葉で少し安心した。

自分で出来る事はやらないとと思い、それから従業員の人にトイレ、着替え、服薬の介助を細かく伝えながらやってもらった。

彼女も慣れない私の言葉を一生懸命聞きながら、一つ一つこなしてくれた。

彼女は私が父親と旅行をしているのかと思ったらしく、「大丈夫ですよ、お父さんすぐに帰ってきますよ」

最初はプライベートの事だからあまり言いたくなかったから「そうですね」と答えていたけど話が繋がらなくなってきた。

どうしようかなと思ったんだけど、「実は救急車に乗ったのは彼なのよ」「初めての旅行なんだよね」そこから友達の会話になってしまった。

いいなぁという彼女は色々私の介助の事を聞いてくれた。

この人なら介助も出来るだろうと思ってトイレ介助も頼んだ。

着物を着ていた彼女はちょっとごめんなさいと裾をまくりあげ、本格的に私の言葉を聞きながら身体を動かしていく。

一生懸命やってくれ嬉しいなぁと思い心が打ち解けてきた。

やっとベットについた頃に、おでこや唇にガーゼを貼った彼が帰ってきた。

ほとんど顔が見えない状態。

6時30分頃〜12時頃までの6時間程の空白の時間を彼が説明し始めた。

だけど唇を切っているから口を動かすと痛いんだよね。

「大体分かったからもう口利かない方が良いよと私も疲れたから寝よう」とベットに横になった。

そんな事があって帰ってきて、私がホテルのHPからアクセスしてお礼のメールを書いて送った。

彼女とも別れ際にまた絶対来るからねと約束していた。

その約束を守りたい事もあって、昨日私の誕生日も兼ねて同じホテルに泊まった。

車から降りた私はロビーで彼が来るのを待っていた。

その時向こうから歩いて来る人がいる。
近づいた時に「あれ、○○ちゃん」「雅子さん!!」
手を取りあって再開を喜んだ。

「約束したからまた来たよー!今夜泊まるからよろしくね」と言ったら「良かったね、この間の分までゆっくりしていって下さいね」と言ってくれた。

ディナーの時間になったから同じ所にいった。

「今回は絶対にワインはダメだよ」と言いながらビールの中ジョッキを頼んだ。

料理が運ばれてきて途中くらいまで運ばれてきたら段々寒くなってきた。

「ねぇ、寒いんだけど・・・」
ちょうどいいよと言う彼。

もう少し我慢してみる。
そのうちトイレに行きたくなってきた。

お料理全部食べられるかな?
今立ったら戻ってこられない。

食べたいのとトイレに行きたい思いで頭が混乱してくる。

あ〜やばい出ちゃう。

最後のデザートがスイカなんだよ!

もうだめ!!!

ケーキだけ食べて、スイカは彼の口に入った。

慌ててかたずけてチケットを出した。

そこからは一目散に部屋に直行―。

廊下を走ると揺れる。

揺れると振動がもろに伝わってくる。

その上エレベーターがなかなか来ない。

部屋の鍵を開けてトイレに入るまでの長さは計り知れない。

あ〜、あっという間に力が抜けた。

あんまり我慢していたから出ているのか終わっているのか分からない。

しばらくボーゼンとしていた。

車椅子にやっと乗って部屋のドアの所に行った。

だけど身体が冷え切っている。

どうしたのかな?
いつも暑がりの私がこんなに身体が冷たいのはタオルを巻きながら彼が一生懸命さすってくれた。

なかなか暖まってこない。

「嫌だよ、風邪引いたらまた救急車だよ!」
と身体をさすりながら彼が言っている。

「私だって嫌だよ」
そんな会話をしながら段々笑える様になってきた。

1時間ぐらいそんな状態が続いてやっと暖まってきた。

私がこのホテルは食堂のトイレが鬼門だねと言うとホントだなとゲラゲラ笑っていた。

今回の旅行は無事に帰ってくる事が一番の目標だった。

だから彼は凄く気を使ってくれていた。

私はその気持ちが凄く嬉しかった。

56歳の歳はどんな1年になるのかな!

良い時も悪い時もあるけど少しでも良い事を増やして行きたい。

そんな事を考える今日の旅情。
4

2012/6/17  13:46

或る瞬間の出来事  

こんばんは。
とうとう梅雨入りになりました。

なんとなく曇り空の多い季節です。

21日は夏至ですね。

1年で一番日が長い今日この頃。

私にもお出かけタイムが長く出来る格好の時期です。

いつものお買い物コースを歩いていたら後ろからサイクリング自転車に乗った人が私の横で止まった。

なんだろう?と思ってみたら笑顔で私を見ながら「タイヤにビニール袋が絡んでいるので取りますね」と言いながら絡んでいる物を取ってくれた。

私はすぐに言葉が出ないので目を真ん丸くしながらありったけの笑顔。

「急に声を掛けてビックリさせてごめんなさい」となんともいえない爽やかな笑顔。

私は久しぶりに心ときめいちゃった♡

わぁ、カッコいい!

心の中で叫んだけど言葉がでない。

やっとの思いでありがとうの言葉がでた頃はもうすでに姿が見えなくなっていた。

あ〜ぁ、もっと早くありがとうが言えたら良かった。

帰り道はその人の笑顔を思い出してどんどん笑顔になりながら帰ってきた。

渋滞で止まっている車の中の人達は私の事をみている。

何笑っているんだろう?と思っているのかな?

夜のヘルパーさんにその事を言うと久しぶりだなぁと笑ってた。

スカイプで彼に報告!

「そりゃぁ良かったな」

「秀の次にカッコ良かったか?」だって!

「言ってるよ、そういう事にしとこうかな!」

そんな会話を言えるのが嬉しいな。

たった1分くらいの出来事だったけどなんだかその日はすごく春風に吹かれている様に気持ちよかった。

こういう日があっても良いよね。

まこりんの一瞬の出来事でした。
5

2012/6/12  16:53

まこ農園の大収穫  


梅雨入り間近の今日この頃。
雨が降ったかと思うと晴れて真夏を思わす様な暑さに体調を崩している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私は今の所元気で動き回っています。

だけどエミちゃんが背中が痛いと3週間ぐらいしおれています。

整形外科に行ったら上腕骨が癒着しているから手術した方が良いと言われました。

手術をしないと決めているエミちゃんはすぐに断りました。

でも一度言われた事だからショックが大きいみたい。

昨日は前から約束していた彼の家にお泊りする事になっていました。

畑に色々な野菜が植えてある。

いつも時期折々の野菜が産地直送で届く。

毎年ジャガ芋をこの時期になると掘ってくれる。

私が「ジャガ芋ってどうやって出来るの?」と聞いた事から話が始まって、収穫をさせてくれる事になった。

昨日はお天気も良く格好だけは畑スタイルのまこりん★

車が置けるギリギリの所に3本まこジャガが植えてあった。

ブルーシートを植えてあるジャガ芋の所に敷いて私が、エッチラホッチラ支えて貰いながらどっこいしょ!!!

座りこんだ場所がジャガ芋より少し離れちゃった。

茎に手が届かない・・・。

抜きたいよぉ。

彼が一生懸命私のお尻を押したけど泥の上で、でこぼこしているから身体がいうこと聞かないんだよ。

仕方なく彼がジャガ芋の茎を引っこ抜いた。

出てきた!!!!!!

「わぁ、凄いね」

いっぱいゴロゴロジャガ芋が泥の中から出てきたよ。

私はこの時までジャガ芋が埋まっている所を見た事が無かった。

私が凄いねこんなに出来るんだとビックリしたら今までで一番の大収穫だよと言っていた。

1個ずつ大きなバケツに入れていく。

時々間違えて泥のかたまりを入れちゃった。

そしたらそれは泥だからダメだよとバケツから出してくれた。

3本の茎から大きなバケツの3分の1ぐらいとれた。

これで何作ろうか?

だけどエミちゃんがしおれちゃっているから今日のお泊りは止めようと2人で決めて、お土産を持って帰ってくる事にした。

1時間ぐらいの道のりをドライブ気分。

「こっちに行くとどこに行くの?」と私が聞いたら「まこりんの大好きな所だよ」

「え〜どこ」と聞くと私の頭の中は温泉マーク。

だけど言わなかった。

「イオンだよ」だって!!!

なんだイオンか(笑)

「まこりんは何を考えているんだ?」
すぐにそっちの方に頭が回るんだな〜と笑いながら面白おかしく帰ってきた。

今日は2人でまこジャガをお世話になっているヘルパーさんにあげた。

まこが初めてジャガ芋を掘った記念だよ〜。
味わって食べてね!

大きいのも小さいのも色々あるけど、それが個性なんだよねと言うような意味合いを彼が言っていた。

私はよく障害は個性と言っているからそんな言葉が出たのかな?

まこ農園には私が買ってきた春菊、小松菜、青梗菜、インゲン豆、おくらがお行儀良く植えてあった。

インゲン豆は大袋で買ったから、食べきれないぞっと言っている。

産地直送の野菜がこれからどんどん運ばれてくる。

食べるのが忙しい。

また横に大きくなっちゃうな(笑)
2

2012/6/3  17:49

もう一つの誕生日  

こんばんは。
皆さんまたまたご無沙汰しています。

この頃のお天気は晴れていたかと思うと急に雨や雷、突風が吹いたり怖いです。

おちおちお出かけも出来ません。

私の楽しみはゆっくり買い物をしながら買わなくてもいいから、見て歩く事。

出掛けられないと楽しみを奪われた様な気になってストレスが溜まってしまいます。

そんな中でも5月31日は私のもう一つのお誕生日。
めでたく迎えられました。

20年前のこの日に親の反対を説得してやっとの思いで家を出て念願の一人暮らしを始めました。

「自立生活20周年記念」を迎えました。

私が一人暮らしを始めた頃は一週間に2回2時間だけしかヘルパーさんが入りませんでした。

あとは全部私が講演会や講習会で、ボランティアを呼びかけて毎月自分で調整しながら介助者探しをしました。

介助者が見つからない時やドタキャンをされた時には夜中まで電話を掛けてお願いする生活が続きました。

親の反対を説得するだけでも4年掛かったので絶対に弱音は吐けませんでした。

なんとか潜り抜けた時期もありました。

2次障害に悩まされたのは、1人暮らしを始めて4年ぐらい、6年目でドクターストップがかかり、自宅を改装して戻ってきました。

20年を振り返ると色々な事がありました。

でもあの時歯を食いしばってやり抜けたから今こうして生活が出来るんだなと改めて20年の重みを感じています。

35で自立生活に踏み切った私はまだまだパワーがありました。

今でもまだパワーはありますけどね。

もうあの頃のパワーは出せません。

やっぱり若くないと出来ないんだなとやりたい時は思い切ってやってみないとなと実感しました。

ヘルパー不足は何時の世も続いていますが、生きていればなんとかなる物です。

だって私が生きている以上は介助が必要だから、これからもずっと介助の事を考えていく事が私の仕事だと思っています。

まこりんの友達も介助者探しに明け暮れている人が多いです。

情報交換しながら一緒に前に進みたいなと思う今日この頃です。

制度も色々変わって、訳分かりませんがとにかく介助者を大切に、コミュニケーションをとっていきたいと思います。

最近なかなかこういう会話も出来なくなりました。

時間で決められてその時間内に終わる事を余儀なくされていますから、ムダ話言っている時間はなくなりました。

でも語り合いたい時もありますよねー!

お互いに勉強が出来れば良いなと思うのに段々余裕のない生活になってきました。

もっとお互いの気持ちを出せる時間が無いかなとしみじみ思っています。

これを読んだ皆さんはどう思いますか?

とりあえず、20年間こうして生活してこられた事に感謝して今日の日記は終わります。
5

2012/3/25  15:09

介護タクシーに乗ってきた彼女  

こんばんは。
我が家の庭の梅の花も今は満開です。
やっと春が来た様な感じがするけど、まだ寒い日もありますね。

先週の日曜日は30年来の友達が、深谷の施設から介護タクシーに乗って遊びに来てくれた。

その友達はリハセン時代に同室だった。

彼女は私とは正反対でおとなしくて、自分で決めた事をこつこつとじっくりやるタイプ。

クロスステッチが大好きな彼女は、毎晩食堂の自分の席で5針ずつ足していくのが日課。

その頃は彼女のご両親が日曜日になると面会に来て、本当に優しい
家族の雰囲気だった。

リハセンを退所してからはずっと会えなかったんだけど、去年お父さんがお母さんの遺言みたいな感じで「まーちゃんに会わせてあげて」と言われていたらしく、去年から再会が実現した。

お父さんはエミちゃんと同じ歳。
だけど彼女が生きがいだから、全部介助をこなしている。

施設から家に帰る時にお父さんが連れてきてくれた。

2回目は私から施設に遊びに行き、その次は外で会いお昼を食べた。

そして先週は今までと違って一人で介護タクシーで我が家に来てくれた。

タクシーを運転してくれる人が彼女の介助に慣れているので、運転と介助をしてくれた。

お父さんが用意してくれたお昼を皆で食べながら、話の花が咲いた。

一息ついて3人で色々な話をしていたらやっぱり世の中って狭いね。

また繋がっちゃった。

運転手さんと友達が知り合いだったのよ。

「障害者の世界は狭いから必ず繋がっちゃうんだよね」と私が言ったら「そうですよね〜」となんとなくビックリしていた。

私が嬉しかったのは、いつもお父さんと一緒の彼女が勇気を出して一人できてくれた事。

エミちゃんはお父さんが子煩悩で生きがいに思っているくらい可愛いのに、やっぱり彼女はうっとうしいのかな?

なんだかエミちゃんはズレてるよね。

もう熟年女性なのに小学生に言っているみたいな感じ。

黙って聞いていたけど、ピントがずれているなと思った。

これからどんどん行動を起こして欲しいな。

同じ女性として色々な経験をして欲しい。

私の3つ違いの人に向かっていう言葉じゃないけど、彼女の人生も輝いて欲しいなぁと思う今日この頃。

私ももっともっと輝きたいな!!!!!!

仕事も恋愛も益々磨きをかけてね★
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ