東京都医師会コメント・・・  お知らせ・・・

私共でも お弟子さんたちが 色々と心配なさっていると思いますが
一応 インフルエンザなどの対応と同じように考えています。

(感染したナ・・と思ったら 自主的に お休みしてくださいね。。)


では 医師会のコメントです。

まずは かみ砕いた 【要約】です。


・手洗いと うがいをしろ!
・風邪かと思ったら 休め!
・症状のある人こそ マスクしろ!
  (予防的効果は低いよ)
・感染力はインフルエンザと同等か、それ以下
・重症化度もインフルエンザと同程度
  (弱ってる人は毎年 インフルエンザでも亡くなってます)
・感染しても ほとんどの人は風邪と変わらないレベルで収束するよ!
・肺炎になったときの治療法は普通の肺炎と同じ
・抗ウイルス薬はまだないし、コロナウイルスだけの特別な治療法はないよ!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全文は・・・

東京都医師会感染症危機管理対策協議会 (2020 年 2 月 13 日)

【全文】

新型コロナウイルス感染症に関する都民の皆様へのお願い
予防策について もっとも大切なことは『標準的な感染症予防策』です。

1 外出後は手洗いを! うがいも有効と言われています
2 咳やくしゃみをしている方はマスクの着用を! 他者への感染予防が目的です
(健康で症状のない方のマスク着用の有効性は高くないと言われています)
3 軽い感冒症状の場合は自宅で休養・安静を!
4 症状が長引いたり、重くなってきたら医療機関へ電話連絡の上、受診を!
5 普段からバランス良い栄養と休養をとり体調管理を万全に!
6 高齢者や乳幼児、体調の思わしくない方は、人ごみへの外出は控えましょう
~ これらの項目は『通常のインフルエンザ流行期と同様の対応』です ~

新型コロナウイルス感染症の検査対象となる疑い例について

(1)発熱または呼吸器症状(咳、痰、鼻水等)があり、確定患者と濃厚な接触がある
(2)37.5°C以上の発熱と呼吸器症状(咳、痰、鼻水等)があり
 1) 2週間以内に対象地域(※)に渡航・滞在したことがある
 2) 2週間以内に対象地域(※)に渡航・滞在した者と濃厚な接触がある 以上の
要件を満たした場合に検査対象となります。

※対象地域:令和 2 年 2 月 13 日現在、中国湖北省及び浙江省(対象地域に
ついては、発生状況に応じ変更される場合があります)

新型コロナウイルスの検査は、現時点では時間と手間がかかり多くの方々に
行うことができません。そのため上記 の要件に該当しない方への検査は難しい状況です。

新型コロナウイルス感染症の感染力、重症度、診断、治療について

1 感染力はインフルエンザと同程度かそれより弱いと言われています
2 重症度は、通常のインフルエンザなどと同程度と予想されます
(例年のインフルエンザでも
高齢者や免疫力の低下した方など重症化し死亡する場合が一定数みられます)
3 簡易的な診断方法が現時点ではありません
4 治療薬はありません(インフルエンザに対するタミフル®のような抗ウイルス薬は
まだありません)
5 感染しても多くの方は症状が出ないか、少し長めの呼吸器症状で完治すると
予想されます
6 肺炎になった患者さんへの治療法は、他の肺炎治療と大きくは変わりません
(超重症例では、多様な治療が試みられています)
7 予防方法も上記の『標準的な感染症予防策』で十分と言われています
 
* 2009 年に流行し大きな脅威になると思われた“新型インフルエンザウイルス
(pdm2009)”は、 近年流行している A 型インフルエンザの主流です。
日本の医療体制は今回の新型コロナウイルス 感染症に対しても十分対応でき、
重症化の可能性も低いと思われます。

* 現在、多くの不正確な情報が氾濫しています。厚生労働省のホームページなど
信頼度の高い情報の 取得を是非お願いします。

ご不明な点はかかりつけ医にご相談ください。


https://www.tokyo.med.or.jp/wp-content/uploads/application/pdf/covid-19.pdf?fbclid=IwAR1ByMXBUMAWz9UNgNio6fAVXZjRZlKv8TAfBed4gNYjQXcECjV-cRzjhBk

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


メディアが 恐怖を煽っているというか 不安を与えるような報道が
多いと思いますが 一部分だけで 予防をしようと思っても 多くの方は
通常通りに動いています。
(夫も 息子も 満員電車で通勤してます)

となると 不安がっていても同じ気がするので 『感染するものか!』
・・と云う強い気持ちをもって 過ごしましょう!(笑)
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ