27回忌・・・  その他

今日は 日本橋きみ榮師匠の27回忌に行ってきました。








私が最年少で ほぼ最後の弟子ですし 姉弟子の多くは 亡くなっているので 
師匠のご家族と親族の方 それに 私と夫だけです。





姉弟子(故人)にあたる方のお弟子さんより お塔婆だけでも・・と
申し付かりました。 





お斎は 師匠が折に触れ 食べに行っていたお蕎麦屋さんで 
其々注文しました。





お蕎麦屋さんの玉子焼きは美味しいです(^^)v











師匠の唯一の家族である姪の方が 90歳を超え その娘さんとは
昔から親交があったので 今回お呼びいただきました。


おそらく 姪の方も認知症が少しあり 今回がお墓に行くのも
最後かな?・・という事でしたが お元気な様子で安心しました\(^o^)/
2

形見の三味線・・・  その他

先日 日本橋きみ榮師匠のご家族から戴いた三味線のメンテナンスが
終わり 手元に戻ってきました。





メンテナンス代は お稽古用の三味線くらい掛かってしまいましたが 
でも 形見なので 大事にしたいと思います。





そして 私達を見守っていて下されば・・と思います。


0

アナログからデジタルへ・・・  その他

アナログから デジタルにするのは手間がかかるので なかなか
思うように進まないというか やる気が出ないと出来ません(>_<)

一応 そのミッションを遂行するための機器はあるんですけど。。

・・で 先日は 夫に 頼んでみました。





そうしたら こんな風に出来上がって \(^o^)/です。


日本橋きみ榮師匠のラベルの方は 82年頃のNHKの邦楽番組を
録画したもので 山田五十鈴さんのラベルの方は 『たぬき』という
お芝居を録画したものです。






ご存知の方もいらっしゃると思いますが 山田五十鈴さんの相手役は 
古今亭志ん朝師匠です。
0

プログラム・・・  その他

5月に行われる合同稽古のプログラムが出来ました。





今回は皆さん忙しいようで 出席者は少なめです。


でも その分 『貴重なお楽しみ』を 用意しました(^^)/
0

枷・・・  その他

端唄では 使う頻度が少ないですが 上調子を弾く場合に 枷(かせ)を
使います。


ずいぶん前に 購入した枷(かせ)です。





和紙のこよりを挟んで 響きを出します。




そして 自分では持ってないのですが 弦を二枚の枷で 挟むようにして
使うタイプです。







そして 今時は こんな東さわり付もあるようなので 購入してみました。





調節は 少し難しいですが かなりクリアな音が出ますね。。



枷を取り付けるのは時間がかかりますので 時短には良いかもしれません。
ただ 舞台上で使うのは 『邪道』と言われてしまうのでしょうか?
0




AutoPage最新お知らせ