2014/12/11  23:19

大同有毒スラグ問題を斬る!…有害スラグを田畑に捲散らす輩を褒め称える県中部農業事務所の呆れた価値判断  スラグ不法投棄問題

■業界紙によれば、平成26年11月28日、前橋市上細井町にある群馬県地域防災センターにおいて、2014年度の県中部農業事務所長表彰式が厳粛に執り行われたようです。東吾妻町萩生地区の圃場整備事業でも問題提起したとおり、群馬県の農政部は、本来、有害物質から田畑を守らなければならないところ、自分たちの保身ばかり考えている「ノー」政部で有ることが強く疑われています。
クリックすると元のサイズで表示します
2014年度県中部農業事務所長表彰の記事。
gunmacentralagriculturalofficechiefaward.pdf


クリックすると元のサイズで表示します
群馬県地域防災センター。群馬県の箱物施設はどこも異様に立派だ。

 市民オンブズマン群馬では事前に、県中部農業事務所の所管である、北上野地区・溝呂木地区(渋川市の赤城地区)を調査しておりましたので、その結果をご報告いたします。

 市民オンブズマン群馬が誇るプロジェクト名「リットン調査団」のスラグ分析検査レポートによれば、数カ所で有害スラグが発見されましたが、今回県中部農業事務所長表彰を受賞した現場の中には、有害スラグを使用した現場がきっとあるものと睨んでいます。残念ながら、どの現場かは特定できませんが、他方で、ブラック企業佐藤建設工業のスラグ運搬車が行きかっていたという情報が当会によせられていました。

■赤城インターを降りて、右へ針路をとり、県道70号の坂道を登ります。場所はこちらです。↓


クリックすると元のサイズで表示します
コンビニがある交差点にお蕎麦屋さんがある。帰りに寄って見ると美味しいお蕎麦だった。ご馳走様〜。

クリックすると元のサイズで表示します
お蕎麦屋さんの少し上に未舗装のみちがある。まっすぐ行くと赤城ゴルフ場。

クリックすると元のサイズで表示します
未舗装の道を見ると、あれれ!角ばり石!

クリックすると元のサイズで表示します
サビも浮いている。有害スラグだらけ。自分勝手なブラック企業・佐藤建設工業は、畑だろうが容赦なく毒入りスラグを撒き散らしている。

クリックすると元のサイズで表示します
少し奥に行って見ると…。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも、サビ、サビ〜。どこまで有害スラグで汚染されているのだろうか?

■続いて、渋川市赤城町溝呂木地区を調査しました。場所はこちらです。↓


クリックすると元のサイズで表示します
赤城自然公園の下の信号近く。

クリックすると元のサイズで表示します
少し下がってきて畑の砂利道を覗くと…。 ↑

クリックすると元のサイズで表示します
草が生えていないね。

クリックすると元のサイズで表示します
う!角ばり石だ。

クリックすると元のサイズで表示します
サビ浮石。有害スラグ発見!

クリックすると元のサイズで表示します
もしも〜〜し。周りは畑ですよ〜。何かが狂っているんじゃない?

■さらに西に下り、溝呂木という信号の手前の地域を調査しました。場所はこちらです。↓


クリックすると元のサイズで表示します
赤城西麓土地改良の碑がそびえる。立派な碑だ。素晴らしい!ただ写真右下のアスファルトが傷んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します
かなり傷んでいる。大きな噴火のように丸く壊れている。

クリックすると元のサイズで表示します
中をよく見ると、角ばり石が多数。

クリックすると元のサイズで表示します
サビも浮いている。有害スラグだ!エージング不足によるガスで舗装が壊れたことが疑われる。

■県中部農業事務所長様は、挨拶の中で表彰式の目的について、次のように述べられています。

「本日の表彰式は、卓越した施工技術で他の模範となる工事を施工した施工者と技術者を表彰するものであり、建設業の発展および技術の向上とともに、地域農業の振興に寄与することを目的としています。」

 佐藤建設工業の全ての路盤材には有害スラグが混入されていると考えられます。

 同事務所長表彰を受賞した企業の中に、有害スラグを使用したことのある企業があれば、工事に当たり遵守すべき“群馬工事必携”に記載のない「有害スラグ混入盛り土材」や、「有害スラグ混入上層路盤材」が使用されていた事が相当な確率で疑われます。

 “群馬工事必携”を順守しない、こうしたいわくつきの企業が、「他の模範となる工事を施工した」などと、どうして言えるのでしょうか?

 いわゆる「倉嶋通達」で、「再生砕石」と同等品とされている「有害スラグ混合砕石」については、“群馬工事必携”に記載されていません。だから、その仕様については「他の模範となる」ことなど、あるはずがありません。いわゆる「倉嶋通達」があっても、“群馬工事必携”に記載がないのですから、有害スラグ混合砕石をあえて使用しない、まともな企業を、他の模範とすべきではないでしょうか?

■群馬県農政部では有害スラグを積極的に使用している企業を、「他の模範となる工事を施工した」として表彰対象としているのです。だから、かけがえのない尊い田畑を汚染しても、良心の呵責など微塵もないのでしょうか?食の安全を担保しなければならない郷土の大切な田畑が有害物質で汚染されている実態が、こうして浮き彫りにされつつあります。しかも、行政の不作為が、さらに汚染状況を悪化させてしまったのです。、

 読者の皆様におかれましては、「群馬県行政の表彰基準というものは、いったい何を価値判断の基準に置いて行われているのか?」と、いぶかしく感じ、さらには、腹立たしく思っていらっしゃることでしょう。こういう輩に対して、我々の血税がなぜ使われなければならないのでしょうか?まことに理不尽です。

【市民オンブズマン群馬・大同有毒スラグ不法投棄調査チーム・この項続く】
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ