2015/4/24  23:36

大同有毒スラグ問題を斬る!…不法投棄実行犯を刑事告発せよ!「追及第9弾」国交省発表の分析結果の信憑性  スラグ不法投棄問題


■平成27年4月24日、国土交通省より鉄鋼スラグに関する土壌の分析試験結果についてとする記者発表がありました。
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/kyoku_00000682.html
 以下転記してみます。


**********記者発表資料 平成27年 04月24日
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000621465.pdf
    鉄鋼スラグに関する土壌の分析試験結果について
                    関東地方整備局
 国土交通省関東地方整備局では、大同特殊鋼(株)渋川工場が鉄鋼スラグを出荷した記録があることが判明した工事の施工箇所および鉄鋼スラグと類似する材料の混入が認められた工事の施工箇所を合わせた56工事の施工箇所において、有害物質の含有量等について分析試験を実施し、その調査結果を「鉄鋼スラグに関する材料の分析試験結果について」として平成26年12月26日にお知らせしたところです。
 このたび、22工事の施工箇所において、材料直下の土壌における有害物質の含有量等を確認する分析試験を実施しましたのでお知らせいたします。
1.分析試験の対象工事
 鉄鋼スラグを出荷した記録があることが判明した工事の施工箇所および鉄鋼スラグと類似する材料の混入が認められた工事の施工箇所を合わせた56工事の施工箇所のうち、材料の分析試験の結果、基準※1に定める基準値を超えた27工事の施工箇所のうち22工事の施工箇所について、材料直下の土壌における有害物質の含有量等を確認するため、土壌汚染対策法に準じた分析試験を実施しました。
なお、八ッ場ダム工事事務所の発注工事において、基準※1に定める基準値を超えた工事の施工箇所のうち、当該材料を撤去することで引き続き調整している6工事※2の施工箇所の土壌汚染対策法に準じた分析試験は、撤去時に併せて実施します。
2.分析試験について
土壌汚染対策法に準じた分析試験を行った22工事の施工箇所のうち、高崎河川国道事務所の発注した4工事の施工箇所において、「ふっ素」の溶出量が基準※3に定める基準値を超えて検出されました。(別添1、2、3)。
 なお、八ッ場ダム工事事務所の発注工事において、基準※1に定める基準値を超えた工事の施工箇所のうち、当該材料を撤去することで調整していた「付替国道145号(中村地区)改良工事」(進入路(敷砂利))、「H23大沢地区代替地他整備工事」(資材置場(敷砂利))および「H24上湯原地区代替地他整備工事」(資材置場(敷砂利)、埋戻部(不陸整正))については、すでにその撤去を完了し、撤去の際に、材料直下の土壌において、土壌汚染対策法に準じた分析試験を実施した結果、「ふっ素」の溶出量および含有量は基準※3に定める基準値以内でした。
3.今後の対応
土壌汚染対策法に準じた分析試験の結果、基準※3に定める基準値を超えた4工事の施工箇所については、群馬県環境森林部および前橋市環境部に報告しており、群馬県環境森林部および前橋市環境部において、地下水の利用状況に関する調査を行っていきます。なお、土地の所有者の意向および関係機関の依頼により、当該材料を撤去することで調整の整った2工事の施工箇所については、撤去を実施します。
今後は、地下水の利用状況に関する調査結果を踏まえ、群馬県環境森林部および前橋市環境部の助言を得ながら、「鉄鋼スラグに関する連絡会議」において構成する機関と連携し、適切に対応していきます。
***********

 国交省が材料(=有害スラグ混合砕石)直下の土壌の有害物質の含有量等の分析試験をした結果、ふっ素の溶出量が基準値を超えていたのは次の4工事となっています(基準値は0.8mg/L)。
 番号 契約年度 事務所        工事名        土壌の分析結果
  1 H20 高崎河川国道事務所 半田拡幅改良工事      1.1mg/L
  3 H20 高崎川国道事務所  田口改良その4工事     1.2mg/L
  5 H20 高崎河川国道事務所 漆原舗装その1工事     0.84m/L
 19 H23 高崎河川国道事務所 上武道路橋梁下部その2工事 5.6mg/L

■取り急ぎ、考察をしていきましょう。

<考察その1>
 まず、第一の疑問点として、八ッ場ダム工事事務所の発注工事においては、相変わらず、「盛り土」について、有害スラグの分析調査をしていない点が挙げられます。「盛り土」のなかのスラグを分析していないのですから、当然、直下の土壌分析も行われません。八ッ場ダム工事事務所では、「盛り土」について、徹底無視を決め込むつもりなのでしょうか?ちなみに当会では、佐藤建設工業関係者から「長野原駅前の盛り土にスラグを運んだ」という証言を聞いています。

<考察その2>
 この分析調査自体、疑問に思うのは、大同特殊鋼が持つ優秀な科学技術の知識を悪用して、行政によるこうした分析調査を先読みして、天然石と有害スラグを混合して故意に基準値を下回るように調整することで、「不法投棄」という犯罪行為をごまかせる、と思いついたのはなぜか?という視点が欠けている点です。今回、国交省が発表した分析調査結果で、基準値を超える有害な値が出ている現場は、大同特殊鋼・佐藤建設工業のブラック連合が、たまたま犯罪の隠蔽工作をしくじったことで、直下の土壌が汚染されていることが判明した事を意味しています。だから、大同・佐藤ブラック連合が巧妙に犯罪を隠蔽したその他数多くの現場は、残念ながらこの分析調査からでは、汚染の度合いが検出できないのです。

<考察その3>
 廃棄物処理法第19条の5は、今回の有害スラグのように、基準に不適合な産業廃棄物の保管、収集、運搬又は処理が行われた場合、「生活環境の保全上支障が生じたり、保全上支障の生ずるおそれがあると認められるときは、知事や環境大臣は、その支障の除去等の措置を講ずべきことを命ずることができる」と定めています。今回、国交省がこの分析結果だけを公表したところで、故意に基準値を下回るよう天然石と有害物を混合した今回の悪質な不法投棄事件の解決を、本気で図ろうとしているのだろうか?と思わざるを得ません。
 例えば、No.4の「H20 高崎河川国道事所 漆原舗装その2工事」の現場で検出された材料直下の土壌中のフッ素の値は0.75mg/Lとなっています。基準値の0.8とほぼ同じレベルです。故意に基準値を下回るよう廃棄物と廃棄物でないものを混合した悪質な不法投棄事案について基準値を少しでも下回ればそれでよいという考え方で良いのでしょうか?

<考察その4>
 国土交通省は、平成26年3月28日にも有害スラグの分析調査をしています。↓
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/kikaku_00000182.html
その結果、「半田改良その4工事」では補強土壁の置換工を分析して4.4mg/Lものフッ素が検出されています。また同時に、直下の土壌の分析結果からも、2.0mg/Lの値が叩き出されています。
 ですが、今回の分析調査の結果をみると、「半田改良その4工事」は基準値内で収まっているとされています。昨年、直下の土壌が汚染されていると発表した事はどうなるのでしょうか?昨年の調査は“お試し”調査だったのでしょうか?

<考察その5>
 そもそも、この分析調査は果たして有効なのでしょうか?故意に基準値を下回るように有害スラグを天然石と混合させた悪質な不法投棄事案に対しては、産業廃棄物であるスラグが含まれているだけで、「生活環境の保全上支障が生ずるおそれがあると認められる」と考えて、措置をすべきではないでしょうか?

■今回の分析調査で、有害スラグが捨てられた直下の土壌がフッ素で汚染されていることが確認されました。有害スラグが混合された資材は「生活環境の保全上支障が生ずるおそれがある資材」であり「産業廃棄物」と認識されるべきです。許可なく処理され大量に投棄され続けた今回の大同有害スラグ問題は、産業廃棄物の不法投棄事件に当たることが、確定したことになります。

 もはや躊躇している場合ではありません。一刻も早く、不法投棄実行犯・佐藤建設工業を刑事告発し、以ってこの大事件の全容解明をはからなければなりません。

 当会は引き続き行政に対して、刑事告発を強く促すとともに、必要な場合は、自ら法的対応をとることを視野に入れて、政官業によるこの問題の幕引きを抑止することを目指します。

【市民オンブズマン群馬・大同有毒スラグ不法投棄特別調査チーム・この項続く】
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ