2007/11/25  22:54

51億円事件第6回公判(平成8年2月1日)その5  安中市土地開発公社事件クロニクル

裁判長
自殺をすることによって責任を取ろうと思うようになったということですか。
 はい。
いつごろから。
 数年前から考えてました。
そう思いながらも、更に不正に金を引き出してたわけですか。
 はい。
あなたのやってることは随分ちゃらんぼらんに見えますが、どうですか。いいかげんすぎると思いませんか。
 はい、思います。
最初に事務費に手をつけたということでしたね。
 はい。
普通であれば、その段階で、大変なことをしたと思って後始末に走ることが多いんですが、あなたの場合は更に発展してますね。
 はい。
どうしてですか。
 ・・・お金が欲しいの一念でした。
何のために使うお金が欲しかったんですか。
 最初は小遣い欲しさでした。
借入金額勝手に書き込める部分が億単位のところだったので、億単位の金を取るようになってしまったということでしたね。
 はい。
多額の金が入ってきたので、骨董品に手を出したということですか。
 はい。
骨董品を買う金が欲しかったから、多額の不正入金を得ようと思ったんじゃないですか。
 そうじゃありません。
その後何回も億単位の勝手な書き込みをしているわけでしょう。
 はい。
それはどうしてですか。
 最初のころは、今申し上げたとおり、半年の間に億単位の金を使わなくてはならなかったもんですから、どうに使っていいか分かりませんでした。そこへ骨董品というものが入ってくるようになりまして、値があってないようなものだし、なかなか表には出にくいだろうということで、そういうふうに手をつけ始めたら、だんだんにいいものが手元に入るようになりまして、少しずつエスカレートしてしまいました。
半年の間に使わなければならなかったというのは、どういう意味ですか。
 例えば9月30日に利息を払うためにお金を借りるんですが、どうしても余ります。それを次の3月までに残しておくわけにはいきませんので、公共用地取得のために借りてるものですから、群馬銀行に対して、残っているというのは形としてまずいだろうと思いました。
今まで使ったものの穴埋めに使えばよかったんじゃないですか。
 返済期限がきないものをなしたりということは、群馬銀行さんではなかなか。
骨董品を買うときに使うお金を、穴埋めのほうに回せなかったんですか。
 その気持ちも一時ありました。
なぜしなかったんですか。
 したこともありますけれども、全額できませんでした。
自分のために使わすにそちらのほうに回そうとしなかったのは、なぜですか。
 やはりお金が欲しかったということだと思います。
あなたが使い込んだ後始末は、最後はだれがすることになるのかな。
 ・・・おそらく市のほうがするようになると思います。
最後の負担は市民のほうまでいってしまうんじゃないですか。
 (うなずく)
使い込むときから、市の負担になりということは分かってたわけでしょう。
 はい。
気にならなかったんですか。
 気にはなりました。
昭和57年ごろから平成7年3月までの間にあなたが不正取得した金額は、大体どれくらいになりますか。現在の記憶で結構ですが。
 50億近いと思います。
自分自身で使ったのは、どれぐらいになりますか。
 ・・・捜査段階では、25億円ぐらいというふうに聞いてますけれども。
あなた自身も、それぐらいになると思うんですが。
 私は、そんなに使ってないような気がするんですけれども、よく分かりません。
骨董品を買うのにいくらぐらい使ってますか、合計して。
 10億から12億円は使ってると思います。
買った先は。
 主に■■■です。  ※「一品堂」と思われる。だが実際には、甘楽信金の石原保を仲介して購入している。
■■■に対して、警察で裏付け捜査をしたわけでしょう。
 はい。
■■■のほうでは幾らくらいと言ってますか。
 聞いた話ですが、4億から5億というふうに聞いてます。
そちらのほうが正確ではないんですか。
 私は違っていると思います。
金額の開きが出たのは、どうしてか分かりますか。
 分かりません。
ほかにも三ヶ所から骨董品を買い入れてるんですか。
 はい。
珈琲ぶれいくの土地の購入代金にも、不正に取得した金員を充てているわけですね。
 最後、返済のときには一度充ててると思います。
幾らぐらい。
 ちょっと。建物と一緒だった門ですから記憶がないんですけれども。
大体で結構です。
 ・・・2000万ぐらいだと思いますけれども、土地については。
3000万から4000万ぐらいにはならないんですか。
 建物を含めては、なると思います。
自宅や店舗の家具の購入代金としては、どれくらいありますか。
 ・・・3000万ぐらいいってます。
ゴルフ会員権を買うために、どれぐらい使いましたか。
 3000万円か3000万ちょっとの金額になると思うんですけれど。
歯の治療費に大分使ってますね。
 はい。
幾ら使いましたか。
 800万ぐらいです。
普通はそんなにかかりますか。
 いいえ、かかりません。
何のために、そんなにかけたんですか。
 いろいろ話を聞いているうちに、勧められながら、そういうふうになっちゃったんですけれども。
外車の購入費にも大分使ってますね。
 はい。
何台ぐらい買って、幾らぐらい払いましたか。
 下取りしてもらったり、いろいろしてますので、5、6千万だと思うんですけど。
自宅などの新改装費として、■■■■■に大分払ってるんですね。 ※「篠崎工務店」と思われる。
 ええ。
幾らぐらい。
 店から自宅から入れますと、2億円ぐらいだと思います。
リゾートマンションを買ったり、海外旅行にも出掛けてるわけですか。
 はい。
それにどれぐらい使ったんですか。
 3000万ぐらい使ってると思います。
ギャンブルには、どれぐらい使ったんですか。
 億の単位いってると思うんですけれども。
あなたのやってきたことは、派手な生活をしたいとか見栄を張りたいと、一般的に言われてる、そういうのとは全く違うんじゃないですか。普通はここまでやらないでしょう。
 はい。
ジャガーに乗ってクラブのホステスに会ったりしてますね。
 はい。
多額の小切手もあげてますね。
 はい。
なぜこのようなことまでやってしまったのか、あなた自身振り返ってどう思いますか。
 先ほど来言われてましたとおり、何度か私の口から話せる機会があったんですけれども、どうしても話すことができなかった。やはり、その時点で話すべきだったと思います。そこで話してれば、こんな大きな事件にはならなかったと思うんですけれども、それが今は残念です。
このようにして多額の現金を使ってるときに、あなた自身どういう気持ちでいたんですか。
 半分やけな部分がありました。あとは、怖さと不安と、いろんな感情が入り乱れてました。
あなたの今話してることと実際の使い道から考えれば、あなたの気持ちとは随分離れてるんじゃないですか。
 (うなずく)
隔たりが大きい点については、どのように説明をつけることができますか。
 ・・・自分自身問い詰めますと、やはり、見栄と、いい生活をしたいということに尽きてしまうんです。
そのほかに、あなたのほうから、この点だけは話しておきたいというようなことはありませんか。
 特にございません。
1

2007/11/25  22:53

51億円事件第5回公判(平成8年2月1日)その4  安中市土地開発公社事件クロニクル

後藤裁判官
あなたが土地開発課の職務を担当するようになって、その当時の事で結構なんですが、ギャンブルをやってたということですけれども、まず、マージャンは週に何回ぐらいやってたんですか。
 ほとんど毎日やってました。
それは、何時から何時ぐらいですか。
 役所が終わってから、夜の12時、1時までです。
競馬はどうですか。
 競馬は月に3、4回行きました。
その当時、まだ自由になる金があったわけじゃないですね。
 はい。
幾らぐらいつぎ込んでたんですか。
 そのときは、先ほど申し上げましたように、マージャンのレートはそんなに高くありませんでした。競馬も、ほとんど遊ぶ程度でした。
あなたは、そのころから奥さんに給料袋は渡したことないんですか。
 はい、ありません。
それはどうしてですか。
 特に理由はございません。
奥さんに、あなたが幾ら給料をもらってるかも数えたことはないんですか。
 はい。
奥さんのほうからは、生活費幾らかかるから幾ら欲しいとか、そういう相談もないんですか。
 私がほとんど全額渡してましたので、これがすべてだというふうに話してました。
あなたのギャンブル代金は、どうやって捻出したわけですか。
 結婚した当初でしょうか。事件になる前は、私の小遣い、前からありました小遣いを内緒でへそくったもの、独身のときありましたのがありましたので、それを使ってました。
後で金額がどんどん増えていくわけですが、このマージャンとか競馬とかは、ずっとその後も続いてたわけですか。
 はい、続いておりました。
あなたの生活としては、昭和55年当時から事件発覚に至るまで、ずっとマージャンやりっぱなしなわけですか。
 ほとんどそうでした。
お子さんもいるわけで、家庭サービスも必要だと思うんですけれども、そういうことはしなかったんですか。
 ですから、それは海外旅行だとか普通の旅行だとかで穴埋めしたつもりでいました、私は。
日ごろは全然しないわけですか。
 日ごろは、ほとんど子供に会いませんでした。
今回の詐欺の経過の中で、まず開発計画が決まってから公社のほうで動き出すと思うんですけれども、開発計画というのは、市議会の決議があったことを前提としているんですか。
 いえ、開発計画というのは、議会は通っていません。事務局レベルで動いてます。
その話は、どこからあるんですか。
 市の事業であれば、安中市長から土地開発公社の理事長宛に業務委託がまいります。委託契約をもらいます。
じゃあ、議会を通さずに、行政のほうから命令があって動き出すということですか。
 そうです。
そのときには、具体的な書面とか、そういうものは来ないんですか。
 書面と言いますと。
その命令が、こういう事業をやって、こういう内容があると、ついてはこれぐらいの金が要るというような書面はないんですか。
 大ざっぱなもので来ます。それがもとで債務保証の金額が決められてくるわけですから。
債務保証だけについては、議会の決議が必要なわけですね。
 そうです。
あなたが融資を申し込むときには、群馬銀行側は、開発計画についての素案、そういうものはないのかということで、提出を求められたということはないんですか。
 ございません。
提出を求められたものとしては、何ですか。
 最初は申込書を持ってきてくださいと言ってたんです。
債務保証の限度額を示すための書類としては、何が欲しいと言われたんですか。
 それは、一番最初、当該年度の当初、議決書の抄本をいただきたいというふうには言われてました。
あなたのほうから、開発計画の素案としてこんなものがあるということで、大枠の書面はあるわけですから、その写しを提出するとか、そういうこともしたことはないんですか。
 ございません。
銀行で融資するときには、どこに使われるのかというのは気になるところだと思うんですが、その点について、あなたとしては、そういう書面があるわけですから、普通はそういうものを示して説得すると思うんですけれども、そういう問い合わせはないんですか。
 ございません。
ただ、あなたのほうとしては、もっともらしい話を持っていかなければいけないわけですけれども、あなたとしては、どうやってその点を、相手をごまかすといいますか、信用させたわけですか。
 ですから、私が詐欺をしているのは大体9月と3月の時期が多いんですけれども、その時期に利息残金の支払がございますので、そこに付け込んで、単なる公共用地取得事業という形で持って行きました。
新駅の開発計画だとか、そういうことも、あなたは言ったことあるんですか。相手に、こうやって、そういう計画があるとかということも言ったことがあるんですか。
 新駅は、私が言わなくても新聞等で報道されてましたので、周知の事実です。
あなたのほうで勝手に作った特別会計の通帳ですけども、どこに保管してありましたか。
 通帳は常に私が持って歩いてました。
じゃあ、これが人目に触れたということはないわけですね。
 ございません。
正規の口座の通帳は、どこにありましたか。
 正規の通帳は、手提げ金庫があるんですが、その中に入っていたと思います。
あなたが実際にお金を現金で引き下ろしているんですけれども、その回数が250回ぐらいということですが、最高でどれぐらい、最低でどれくらいですか。
 最低は数万円だと思います。最高が1000万から2000万の間ぐらいだと思います。
1000万を超えるような大金を引き出しに行く時間というのは、何時ごろなんですか。
 大体午前中が多かったと思いますけれども、10時から11時ごろだったと思います。
そうすると、勤務時間中出て行くということですか。
 そうです。
それは、当然あなた一人で行くわけですか。
 もちろんそうです。
乗っていく車は、自分の車ですか。
 いいえ、役所の車です。
自分で運転していくんですか。
 そうです。
その1000万を超えるような金額のお金があるときに、入れ物とか、そういうものを気を付けなければいけないと思うんですけれども、あなたはどういう形で取りに行ったんですか。
 ビニールの黒い袋を持っていきまして、それに入れてもらってました。
かばんじゃないんですか。
 かばんのような、袋のようなものです。
ジュラルミンのケースとか、そういうものでは全然ないわけですか。
 そうじゃございません。
あなたがお金を受け取る窓口というのは、ほかの人からも見えるようなところなんですか。
 もちろんカウンターの前です。
カウンター越しですか。
 はい。
低い金額だと数万円という金額ですけれども、その金額を下ろしに行くときというのも、相手に怪しまれたことはないんですか。
 ございません。
通常、土地開発の関係であれば、そんな単位で下ろすということは考えにくいと思うんですけれども、怪しまれると思いませんでしたか。
 金額が多すぎてですか。
いや、金額が少なすぎて。
 それは、特別会計じゃなく普通のほうでも何千円ということもありますから、特にそれは。
ないですか。
 はい。
平成2年の4月に高橋さんが来てから、通帳との突き合わせをやるという話があったそうですが、そのときはまだ正規の通帳しかないわけですよね。
 はい。
これは、それまでの不正な分もあるわけですから、発覚するおそれが非常に高かったと思うんですけれども、高橋さんは、これは見なかったんですか。
 高橋さんが来たのは平成2年の4月1日なんですが、それ以前につきましては見ませんでした。
結局、高橋さんが来てから、これからは通帳と突き合わせの方式で帳簿を作っていくということだったわけですか。
 そうです。
多額な詐欺があって、群馬銀行側では利息がどんどん膨らんでくるわけですけれども、その利息があと幾ら、半年毎に幾らになるかというのを、数値として市のほうへ報告があると思うんですけれども、それはどういう形で報告になるんですか。
 正式な報告ではありませんで、私のほうがお願いをしまして、一つ一つ計算していただきたいというふうにお願いしておきますと作っていただいたという状況です。
あなたが不正なことをやる前から、そういう形だったんですか。
 そうです。
あなたのところには、たくさんの骨董品があったわけで、それから奥さんの経営する店でも置いてあったわけで、その点について税務調査というのは受けたことないんですか。
 ございません。
お店の関係の所得については、税金の申告はどうやってやってたわけですか。
 私がしてました。
税理士さんとか頼んでないんですか。
 頼んでません。骨董品に関しては、一切税務のほうで、売ってるわけじゃありませんから、載せてませんでした。
現実に、買ったものを売ったことはなかったんですか。
 ございません。
奥さんの方では、骨董品の売買でお金をもうけてるんじゃないかと思ってたというんですが、うちに置いてある骨董品の数が減っていったということはないんですか。
 ないです。
奥さんがそういうことを言ってることから言うと、全然あなたの骨董品の数についても見当はついてなかったということですか。
 見せたことはありません。
結局あなた方夫婦というのは、あなたはギャンブルで遅くまでいないし、あなたの趣味についても奥さんは知らないし、実態としてあなた方夫婦というのはどういう関係なんですか。
 それば、マージャンして遅かったというのは最初のころで、子供が学校行くようになってからは、さほどマージャンに凝ってたわけではありませんけれども、ただ、趣味の骨董品について言いますと、骨董品というのは専門的な知識がなければ分からないものですから、説明してもなかなか最初のころ分かってもらえなかったもんですから、それからは一切話をしませんでした。
あなたの今回の事件について、話によると、いつか発覚するだろうと、発覚してもらいたいという気持ちも半分はあったというようなことを言ってるわけですけれども、少なくとも、平成2年の4月の段階で高橋さんが来た段階で、もうこれはやばいなと思うのが普通だと思うんですけれども、まず、あなたはそこで自分のやってきたことを正直に言わなかったですね。
 言いませんでした。
それから、平成7年4月に、社会教育課ですか、移るときも、群銀のほうには、特命があるからまだ私が窓口をやりますと言っていたわけでしょう。
 それは、下ろすために言っていたんですけれども。もう借入れすることはできませんでしたから。
いずれ、でも、あなたがいなくなれば、金利の支払いのおかしな請求がくれば、すぐ発覚するわけでしょう。
 はい。
なぜ、そのときに正直に言えなかったんですか。
 怖かったです。
結局、引き下ろしについては、4月の異動になっても、まだ続けるつもりでいたわけでしょう。
 はい。
市のほうにあなたの犯行が発覚した日は、いつですか。
 詳しくは、私、知りません。
5月の24日ぐらいじゃないですか。
 5月の24日は、監査の日だったと思うんですけれども。高橋課長に呼ばれて話をしたのは、その日です。
あなたは、そのとき何と言い訳したんですか。
 調書にもあると思うんですが、突然言われたものですから、とっさ的に、伊藤さんと親しくしてたもんですから、つい伊藤さんの名前を出してしまいました。
伊藤さんというのはだれですか。
 群馬銀行の行員の方です。
具体的には何といったんですか。
 伊藤さんがよく承知している話なんだと言いました。
群馬銀行の伊藤さんが関係しているので、少し時間をくださいと。
 そうです。
この問題については銀行側にも関与者がいて、共犯者がいるということを言ったわけですか。
 いえ、そういうふうには申してません。共犯者がいるとは申してません。
じゃあ、どういうふうに言ったんですか。
 私は、よく内容を知ってる人がいますからというふうに話しました。
このときも、あなた、正直に話す気にならなかったんですか。
 (首を示して)ここまで出かかりました、正直申し上げて。ただ、その場で警察に連れて行かれるのが一番怖かったので。
26日にも、高橋係長からあなたに話を聞きたいということがあったんですけども、そのときは何と言い逃れしたんですか。
 そのときは、今度の土日の間に伊藤さんと会うというふうに話をしました。
そこで2日間あるわけですけれども、なぜまたそこで正直に言えないんですか。
 子供のことを考えまして、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ので、土日になって帰ってきますので、そこで会って私が話したいことがありましたものですから、その話をしてからというふうに考えてました。  ※当時、長男は本庄市にある学校に通学していたと言われる。
子供に会いたかったということですか。
 そうです。
次の日の27日に、あなたは実際に特別会計の通帳を燃やして、払戻書も燃やしているわけでしょう。
 はい。
証拠隠滅の時間を稼ぐんじゃないんですか。
 いいえ、これは証拠隠滅というよりは、私が自分自身で自分の片をつけるつもりでしたから、すべてのものを燃して、妻や子供に迷惑がかからないことにしようというだけのことでした。
その通帳を燃やしたり、払戻書を燃やすと、何か責任が取れるんですか。
 いいえ、そういうことはないと思います。
かえって、どういうふうになってるのか分かりにくくなるだけじゃないですか。
 気が動転してましたもんですから、自分でもはっきり、どういう気持ちでというのは。とっさ的にそういうことをしてしまったんですけれども。
あなたは死ぬつもりだったのかもしれませんけれども、責任をはっきりさせるんであれば、証拠物燃やす必要なんか全然ないじゃないですか。
 責任をはっきりうんぬんという気持ちは全くありませんでした。そのときは。そこまで頭が回ってませんでした。
結局、市のほうに対しては、責任を明確にしようという気はなかったんですか。
 私が死ぬことで、それが明確になると思ってました。
死ぬことは別として、証拠物燃やす必要ないでしょう。
 はい。
それから、ふろ場で自殺を図ったということですけれども、この後あなたは病院行って輸血してもらったりとか、そういうことはあったんですか。
 してません。
縫ってもらって止血をしてもらったということはあるんですか。
 ないです。
じゃあ、この血はどうやって止まったんですか。
 自然に止まりました。しばらく出ていたようですけれども、薬を飲んでいましたので、ふろ場で横になってましたので、どういう状況か分かりませんでした。気が付いたときには止まってたんです。少しは出てましたけど。
それから、29日になってまた高橋係長から問い詰められたときには、何と言いましたか。月曜日です。
 月曜日、私は高橋係長と会ってないと思うんですけれども。
調書のほうでは、月曜日にも出掛けていって、あなたは、伊藤代理に会って穴埋めできると。
 29日の日に、そういうお話はした記憶ないのですが。私、29日には、午後大ごとで役所にいられませんでしたので、帰っちゃったんです。
もう、その後会ってないんですか。
 会ってないです。ただ、その事件発覚して市長のほう呼ばれたりうんぬんというときには、当然会ってますけども。
穴埋めできますという話はしたことがないんですか。
 それは、もっと前の話だと思いますが。
できるんですか、穴埋めは。
 できません。
結局、市のほうから問い詰められてたときに、あなたは自分から進んで言おうとしたのは全然やってないんじゃないですか。
 ですから、子供に会った後のことを考えたわけです。
預金の払戻しですけれども、たくさんやってますし、まだ燃えちゃってなくなっちゃった分もあるんですけれども、払戻しの用紙は理事長印がいるんですが、これはいつ作ったものなんですか。
 私が持ってたものですか。おそらく、処分してしまったものは、私の異動の内示があったころのものだと思います。
250回以上やってるわけですから、その都度必要だったわけですけれども、それはやっぱり仕事中に作っておくんですか。
 ええ、仕事中、お昼休みだとか、人のいない時期を見計らって数枚程度まとめて押してたということです。
あなたが日曜にとか閉庁の日に役所に行って、かぎを開けて印鑑を出して使ったということはあるんですか。
 宿直の日にあるかもしれません。
あなたと群馬銀行の間で、非常にお得意様なわけですから、接待があったと思うんですけれども、どんなものがありましたか。
 ゴルフに数回行ったことがあります。あとは、夏と暮れのあいさつ程度のものはもらいました。
ゴルフは、どこまで出掛けるんですか。
 ほとんど近くです。
相手をする方は、どなたですか。
 支店長、次長、担当者ですね。
市から出ていくのは、あなた一人ですか。
 そうです。

0

2007/11/25  22:51

51億円事件第6回公判(平成8年2月1日)その3  安中市土地開発公社事件クロニクル

検察官
55年に都市計画課になって、すぐ公社の担当になったわけですね。
 はい。
都市計画課に入る前は、どこにいたんですか。
 農政課におりました。
安中市役所に入ってから都市計画課に移るまでの間、この間は、市のお金を横領したりと、そういうことはしてなかったんですか。
 ございません。
一切、公の金に手をつけたことはなかったわけですか。
 はい、ありません。
それが57年ごろから、事務費と言われてた30万円、これに手をつけるようになったわけですね。
 はい。
市に入ってから10年近くまじめにやってきたのが、なぜ、急にそういう金に手をつけようと思ったんですか。
 今まで直接現金を手に触るという仕事ではありませんでした。都市計画課いきまして、公社設立いたしまして、土地代金、事務費、こういったものに直接触れることができるようになりましたので、それが発端かと思います。
仕事の内容が経理を担当すると、金を扱う、そういうことになったから金に手をつけるようになったと、こういうことですか。
 はい。
それまではそういう機会がなかったと、そういうことなんですか。
 はい。
派手な生活をしたいとか、見えを張りたいというのは、いつから思ってたんですか。
はっきりは記憶がないんですけれども、やっぱり結婚したころだと思います。
自分の給料だけでは十分じゃないと、そう考えてたわけですか。
 はい。
最初は返すつもりでしたと言っていますけれども、いつごろまでそういうことを考えていたんですか。
 その事務費に手をつけてたころはそう思っていました。
事務費に手をつけるだけじゃなくて、もっと大きな金額に手をつけるようになったのは、何がきっかけだったんですか。
 ギャンブルだと思います。
競馬ですか。
 はい。
競馬で、もっと多くの金が必要だったんですか。
 どうしても穴を埋めたいという気持ちがありましたもんですから。
競馬をしたいために、横領してたというんですか。それとも競馬でもっともうけてやろうと、そういう考えだったんですか。
 両方です。
ギャンブルをして金が欲しいという思いだったんですか。
 はい。
公社の事業が始まって、市から代金が入るようになったわけですね。
 はい。
それについて、本来なら返済しなきゃいけないものを下ろして使ってたわけですか。
 はい。
最初はそういった公社のお金を横領するということだけだったんですけれども、そのうち公文書を偽造して詐取するということを考えましたね。
 はい。
これは何をヒントに、どうやって考えたんですか。
 特にヒントはありませんでした。最初のころ、全くそういう詐取をする気持ちはなかったんですが、そこにすき間が空いてると、これはまずいだろうなというふうに思ったことがありまして、それをヒントにそういうことをすればできるのかなということでやったんです。
そこにすき間というのは。
 金と、私のほうで書き込む金額の間です。
これは公社の事業の借入れのための書類ですね。
 そうです。
書き込むことができるんではないかということを考えついたわけですか。
 逆に、書き込まれたら困るなというのが最初の発想でした。
それが、じゃあ、書き込めば相手をだませるんじゃないか、そうなったわけですか。
 はい、そうです。
それが60年ごろなんですか。
 はい。
そのころは水増しした金額、これは公社の口座に入れてたわけですか。
 もちろんそうです。
本件のような、別の口座を作ってというのは、そのときは考えなかったんですか。
 全く考えませんでした。
それはどうしてですか。
 そういう知識がありませんでした。
そうすると、口座を調査されたらまずいというふうには思ってたわけですか。
 もちろんそうです。
銀行から、公社の名義で融資を受けるためには、借入れの申込書と、金銭消費貸借契約証書、連帯保証契約証書、これを出す必要がありますね。
 はい。
さっきの水増し詐欺を考えついたときに、こういった書類はどうしようと思ったんですか。
 すべて偽造するより仕方がないと思っていました。
偽造できるというふうに考えたんですか。
 はい。
例えば借入申込書や金銭消費貸借契約証書なら、公社の理事長印が必要ですね。
 はい。
市の保証書ならば、市長印が必要ですね。
 はい。
これはもちろん自由にならないものですね。
 なりません。
どうしようと思ったんですか。
 正しいもので回しといて、後で訂正しようと思っていました。書き込もうと思っていました。
正規の決裁を受けた後で、すなわち公印が押された後に書き加えればばれないと、そう思ったんですか。
 そうです。
ただ、だまし取った金を引き下ろす際には、払戻請求書が必要ですよね。
 はい。
これはどうしようと思ったんですか。これも理事長印必要なんじゃないんですか。
 もちろん必要です。職員の目を盗んで、あるいは、管理者の目を盗んで印鑑を使うつもりでした。
公社の理事長印というのは、どこにあったんですか。
 事務局長の席の机の上です。
あなたが目を盗んで、それを盗用することはできたわけですか。
 はい、可能でした。
借入申込書などは、あなたがワープロで打ち直してますね。
 はい。
これ、見付かる心配はなかったんですか。
 正規のものと同時に作りまして、不正の部分につきましては記憶させませんから、あとに残りません。
フロッピーに残すのは正規のだけを残すと。
 はい。
で、加えた分については、印字だけするということですか。
 そうです。
公社の理事長印の場合は、目を盗んで押せますけれども、市長印はできませんよね。
 はい。
市長印はどうするつもりだったんですか。
 ・・・金銭消費貸借契約証書にはすき間があって、後で書き加えればいいわけですから、正しいものとして決裁されて回ってきますので、特別心配はなかったと思います。
正規の決裁金額で市長印が押された後に加えるんだから、ばれたことはなかったと。
 はい、すき間が空いてることに心配はありました。
疑われるんじゃないかと。
 はい。
あなたは疑いを防ぐために、水増ししない金銭貸借証書、これについてもすき間を設けていましたね。
 はい、少し設けました。
それは、常に金という文字と数字の間を空けるようにしとけば、そういうふうにやってるんだということで疑われないと考えたんですか。
 はい、そうです。ただ、その際、群馬銀行行くときは、空いてるほうと空いていないほうができてしまいますので、そのかねあいがとても難しかったですけれども、多少空いてたと思います。
市長印について、書き加えたものと、新たに偽造したものとありますね。
 はい。
これは、どうして新たに書き加えずに偽造したんですか。
 かなり不自然だったことがありまして、そういうものにつきましては一からやり直しました。
不自然というのは。
 書き加えた場合が、あまりにも不自然だったもんですから。
それについては、新たに市長印をもらって偽造し直すしかなかったということですか。
 はい。
その際のばれる心配はなかったんですか。
 はい。それは、間違えたものと新たに作ったものは数字が同じですから、それを秘書課持っていきまして、間違えたのでもう一度いただきたいということで、口頭で説明して、いただきました。
数字が一緒だから、ばれる心配はなかったんですか。
 そう思いました。
最初に起訴した分で、例えば秘書係長の横田さんが押してますね。
 はい。
そのように、書類を失敗したからと市長印を押し直してもらうということは何度かあったんですか。
 二度くらいあったと思います。
横田さんがあなたを疑ってるということは、全くなかったんですか。
 と、私は思いました。
あなたは、信頼度では、仕事もできる、まじめだという評判で通ってたんですか。
 いや、それは私、分かりません。
上司にしかられたり、そういうことはあったんですか。
 いや、特になかったと思います。
昭和60年から平成2年まで、正規の口座で11億3000万ほど水増ししてだまし取ってますね。
 はい。
間違いないですか。
 はい。
平成2年4月から、今回の起訴にかかる部分からですけれども、それはなぜ公社の別の口座を作ることを考えたんですか。
 新しく係長が替わりまして、新しく来た係長が経理に当たって、またこれからは二人で通帳を突き合わせながらやろうというふうに話がありましたもんですから、このままではばれるだとうと思いまして、4月の半ばに新しく特別会計の通帳を作りました。
これからは二人でやろうということは、経理を一人ではなくて二人で担当しようと言われたということですか。
 そういうことです。
今までの方法ではばれてしまう。
 はい。
別の、公社名義の口座というのは、それは銀行から疑われるとは思わなかったんですか。
 過去に、昭和60年ちょっと過ぎごろなんですけれども、県の事業委託受けまして、会計預かってやったことございます。その際に、そういった特別な名目をつけまして別通帳が作れたものですから、新しく作っても可能だろうなと、分からないなと思いました。
正規の口座と、特別会計つけた口座と、これはどういうふうに使い分けると銀行には説明してたんですか。
 いや、特に説明はいたしませんでした。
市長の特命を受けたものだけは特別会計だと、そういうふうに説明したわけじゃないですか。
 それは、後になって、私が異動の際はその話はしたことがございます。
正規の口座とは用途が違うといったんですか。
 はい。
それなどは、平成7年3月の異動まで、36億3000万続いたわけですね。
 はい。
だまし取った金の使い道ですけれども、あなたの記憶では主に何に使ったんですか。
 一番多いのは骨董品だと思います。
ほかに。
 あとは、自宅の改装、店のほうの改装といったものが大きかったと思います。
株券、ゴルフ会員権などにも使ってるんですね。
 もちろんあります。
外車の購入、ぜいたく品の購入、ギャンブル、それもありますね。
 ございます。
先ほど弁護人の質問で、犯行の発覚を防ぐために犯行をずるずる引き延ばしてたと。そう言ってましたね。
 はい。
ただ、実際には返済分と利息分の支払以上の金をだまし取ってるわけでしょう。
 はい。
それはどうしてですか。
 やはり、最初のころは利息と返済金で済んでたんですが、骨董品を買うようになりましてから、少し余分にお金を借りるようになりました。そうしますと、半年の間に使わなくちゃなりませんので、それが少しずつエスカレートしまして、買う量が増えていったということです。
結局、余分に金をだまし取って、返済と利息分以外に自由になる金が欲しかったと。そういうことじゃないですか。
 そうです。
ただ単に見付かるのを引き伸ばしてたんじゃないわけですね。
 両方ありました。その気持ちは。
見付かりたくないという気持ちと、ぜいたくを続けたいという気持ちと、両方あったんですか。
 はい。
実際に引き下ろした額は5年間で22億円に及びますね。
 はい。
これは、あなたが全部下ろしたわけですか。
 そうです。
あなたの供述した使途先、いろいろ調べたわけですけれども、まだ実際に22億円に合わない部分があるんですけれども、これはどうしてですか。
 私の記憶が、さんざん考えたんですけれども、分かりません。
ほかにも使ったものがあるわけじゃないんですね。
 使ったもの、大きなものはないと思います。
隠してるわけじゃないわけですね。
 現金をですか。
うん。
 隠してません。
そうすると、合わない部分というのは、少しずつ記憶違いがあるということですか。
 だと思ってます。
家族には一切話さなかったというのは、間違いないんですか。
 はい、話してません。
疑われたこともなかったわけですか。
 ないと思います。
銀行の担当者というのは、だれでしたか。
 群馬銀行ですか。
はい。
 いつの時点でしょうか。
平成2年以降。
 支店長さん、それから次長さん、融資担当の支店長代理さん、この3名が主だったと思います。
清水さんや伊藤さんですか。
 そうです。
借りる際には、公社の事業目的を話してますね。
 はい。
一番多く話したのはなんですか、借りる理由として挙げたのは。
 公共用地ということです。
新幹線の新駅の関係で多大の費用が必要だと、そういうことを話してるんじゃないですか。
 はい、話してます。
新幹線関係の開発というのは、実際にあったんですか。
 ございました。
そのことを理由にすれば、多額の借入れを言っても不思議がられないだろうと、そう思ったわけですか。
 はい。
銀行のほうから疑われたことというのは、あるんですか。
 いや、私はないと思いました。
自分が市長の特命を受けていると、自分だけを公社の窓口として欲しいと、そういうことは常日ごろ話してたんですか。
 いや、常日ごろそんなことは言ってはいないです。異動のときには、そういう話をしてました。
あなた以外の公社の人に群銀のほうから確認されたら、自分のしたことがばれてしまうわけですね。
 そうです。
自分だけ窓口にしてくれということは、言ってきたんじゃないですか。
 向こうがそういうふうに、もうそういう扱いをしてくれたことは事実だと思うんですけれども、私のほうから直接そういうお話を申し上げたことはないと思いますけど。
異動のときには、どういう話をしたんですか。
 異動の時には、もう公社の人間ではありませんから、これから金を下ろしに行きますので、そのへんで疑われないように、今申し上げたように、特命だとかという理由をつけてお話はしておきました。
長期間にわたっていろんな方法を次々と実行して、それが成功してきたために長期間になったわけですね。
 はい。
それは全部自分一人で考えたわけですか。
 そうです。
あなたとしては、今回の事件について、だまされた銀行に落ち度があると、そう思ってるんですか。
 いや、私は、書類だけじゃなくて、私が口頭でもいろいろお話をしましたので、そういった部分で私がだましたんだと思います。
相手が悪いというわけではないわけですか。
 私の責任です。
また、公社に、公印の管理がずさんだとか、そういうことは考えてますか。
 全く思っていません。
あなたがその地位を利用して、みんなの信用を悪用したと、そういうことですか。
 そうです。
今回の事件によって、前市長であります小川市長が辞めたり、議会が解散されたり、いろんなことがありましたね。職員が懲戒処分を受けたり。
 はい。
こういった結果については、どう思ってますか。
 申し訳ないと思ってます。
6億余り弁償しましたけれども、まだ合わない分30億円以上残ってますね。
 はい。
今民事訴訟行なわれてますけど、群馬銀行、被害者か、あるいは安中市が負担することになりますね。
 はい。
あなたは、これについては、どうしようと思ってますか。
 一生かけて誠心誠意償っていくつもりでおります。
実際には、しかし払うのは難しいわけですね。
 はい。
15年余りの間あなたが実際に使った額、27億ぐらいになるんですけれども、普通の市民からとても考えられないような金を使ってぜいたくしたわけですね。
 はい。
あなたのもともとの希望がかなったわけですけれども、これはずっと満足でしたか。
 いいえ、満足では全くございません。
どうして満足感得られなかったんですか。
・・・やはり、正しいことで得たお金じゃありませんから、後ろめたい気持ちは常にありました。
ぜいたくをしても、本当に満足を得られなかったということですか。
 ありませんでした。
公社が取引している金融機関は、群馬銀行安中支店だけじゃないですね。
 はい。
例えば、先ほどちょっと話が出た碓氷安中農協からお金を借りるためには、農協の場合はどこにお金が入るんですか、借りた金が。
 通帳に入ります。
通帳といっても、碓氷安中農協にある通帳と、こう聞いていいですか。
 はい。
例えば甘楽信用金庫安中支店からお借りするためには、甘楽信用金庫安中支店にある公社の口座に入ると、こう聞いていいですね。
 はい。
例えば碓氷安中農協からお金を借りるときには、手続はどなたがしてたんですか。
 担当の者がやって、私がやっております。
全部あなたがやったと聞いていいですか。
 はい。
甘楽信用金庫安中支店なども、あなたがやってたと、こうお聞きしてよろしいですね。
 はい。
あなたが変造したのは、群馬銀行安中支店だけですね。
 はい。
これは、どうしてそうなったんでしょうか。
 一番取引が多かったのは群馬銀行なんですが、借りる際に、他の銀行では金銭消費貸借契約証書に、既に私のほうで申込書を持っていった金額がチェックライターで打たれたんですね。そういうことございましたので、そうすると当然偽造できません。そういったいろんな絡みがございまして、群馬銀行だけになってしまいました。
金融機関によっては、お金を貸す借用書の中に既に金額を打ち込んであると。
 はい。
すると、変造等はできませんよね。
 はい。
再三出てることですけれども、借入れすると、その金が例えば群馬銀行安中支店の口座に入る、あるいは碓氷安中農協のところに入ると。すると、実際に借入れした金が入ったかどうかの確認というのは、結局はあなたしかしてなかったということになるわけですかね。
 はい、私が大体そうです。
借入れした金が本当に借りられたのかどうか、実際に口座に入ったかどうかも、結局があなただけが確認をしていたということですね。
 平成2年までは、そうでした。
平成2年になって、特別口座を設けましたね。その理由は、今度新しく来た高橋さんが通帳を見ると、こういったわけですね。
 はい。
特別にその段階で市や公社の内部の取扱いの規則規範等が変わったわけじゃないですね。
 特に変わってません。

0

2007/11/25  22:49

51億円事件第6回公判(平成8年2月1日)その2  安中市土地開発公社事件クロニクル

主任弁護人  ※穂積始弁護士。
あなたは55年、安中市土地開発公社の設立を市職員と兼任で公社の仕事をしてましたね。
 はい。
会計は、ほとんどあなたがやったんですか。
 はい。
55年と56年は、だれが決算書類を作ったの。
 私が作りました。
決算書を作るときに、いろいろなものを見て決算書を作るんですね。
 はい。
例えば預金通帳とか、決裁伝票とか、それから領収とかを見ながら、会計帳簿を見ながら決算書類を作るわけですね。
 はい。
それを55年からずっと平成7年の3月まで担当したということですか。
 そうです。
55年のときに決裁書類を作った段階で、この決算書類に対して、監査員から何かクレームがありましたか。
 ございませんでした。
全くなかった。
 はい。
預金通帳とか決裁伝票とか領収証なんか、監査員は見たんかな。
 通帳は見ませんでしたけれども、領収証は見ました。
あなたの証言を見ますと、要するに、決裁書類についてよく監査員の人が見なかったと、そういうことを前提にして横領を始めたということを言っているんですけれども、それは間違いない。
 間違いございません。
結局、決算書類の判子は、全くずさんな決算処理でつかっちゃったということなんだな。
 (うなずく)
これはずっと昭和55年から平成2年の3月までは、正規の預金通帳を使っていたわけね。
 はい。
そうすると、あなたが横領は別としても、60年ごろから詐欺行為をしましたね。
 はい。
でも、その詐取した金額は、公社の通帳にそのまま入ったわけね。
 はい。
すぐ決算書を見ればおかしいなということが分かったんですけれども、そういう疑問は全く監査員の人は言わなかった。疑問だとか、おかしいとか。
 (うなずく)
検査する前に、局長とかに、これも全部回したわけでしょう。
 (うなずく)
でも、何も言わなかったということか。
 (うなずく)
その関係で、こういう事件をずっと続けたということか。
 (うなずく)
で、55年のときは、あなたはマージャンをしてたの。
 (うなずく)
競馬は。
 してました。
55年、56年、君は競馬、マージャンで損したことがあったの。
 そうですね、それほどじゃないと思います。
マージャンの場合はレートとかあるんですけれども、非常に金額は少ない金額でやっていると、一日負けても2万くらいという長所があるんですけれども、実際はどうなんだい。
 最初のころはそうだったかもしれません。
それから56年とか8年とか、この段階は。
 上がってきました。
58年ごろには、どうなの。
 相手も違ってきましたので。
そうすると、市の職員ではなくて、あなたの友達とか一般の人とマージャンをするようになったと。
 そうです。
で、レートも上がったということですか。
 はい。
大体一日負けると、どのくらいになるの。
 20万くらい負けることもあります。
そうなると、市職員が一日20万負ければ生活できないな。
 はい。
あなたもできないな。
 はい。
そういうマージャンを始めたんだな。
 (うなずく)
それから競馬をやったようですけれども、これも一回どのくらい使ったの。
 100万円単位で使ってました。
58年にBMWを買いましたね。
 はい。
で、あなたも車を下取りしてもらって、約300万現金で払ったということになってますけれども、それは間違いない。
 (うなずく)
そういうことになると、もう58年の段階では、横領を始めたということか。
 はい。
で、そういうことを始めたんですけれども、これはお金に困ってやっちゃったということですか。
 はい。
調書上とか、それから冒頭陳述に書いてあるんですけれども、派手な生活をしたいとか、見えを張りたいとかいう文章があるんですけれども、それはあなたの性格としては、そういう性格でやっちゃったということですか。
 はい。
そうすると、人よりもいい生活をしたいということで、結局、マージャン、競馬を続けたということか。
 (うなずく)
58年、例えば、外車を買うについて少なくとも300万円を下ろしていると。その段階では、返す予定があったの。
 いえ、なかったと思います、
大体横領するときは、返すつもりで。
 最初はあったんですけれども。
58年のときは。
 ちょっともう無理だったと思います。
59年に自宅を新築しましたね。
 はい。
それはほかから借りてしたんでしょう。
 ええ、借りた部分もあります。
それとあなたの横領の金額も入っているのか。
 一部入っています。
それでずっと続けたんですけれども、途中で、もうやめるとか、その気持ちはありましたか。
 はい、やめたいとは思っていました。
ただ今度はお金を借りないと、すぐばれるということなんで、これは続けないとすぐ発覚すると、こう思ったんでしょう。
 はい。
そのために、怖くてずっと続けてたということだな。
 はい。
詐取したときに、平成2年後、1億の単位で詐取してますね。
 (うなずく)
これはどういうことなんですか。
 最低がやっぱり億の単位になってしまって、どうしても最低で1億になってしまう。
1億とか2億とか3億、4億、6億という数字がありますね。
 はい。
この単位、1億単位で借りてるのは、どういう形なのかと。ということは、公社が正規に借りるときに端数があると、で、あなた自身が偽造して申し込む金額は、1億単位じゃないと書類上の改ざんができないと、5000万なら5000万以上にならないと、5000万と利息じゃ足らないと、1億じゃないと数字を増やして偽造することはできないと、こういうことか。
 はい。
で、あなた自身の調書にあるんですけれども、そのお金が1ヶ月幾らかかるんだということを計算しながら、億の単位で詐取したということか。
 はい。
で、億の単位で詐取したんですが、あなた自身は骨董の趣味があって、で、億の単位を詐取したという気持ちですか、それとも、億の単位を詐取したんで、これは何かに使わなきゃいけないと思って、骨董を始めたんですか。
 そうです。後者のほうです。
要するに、億の単位で詐取したと、でも使い道がないというんで、骨董品を収集したと、こういうことか。
 はい。
それから骨董とか車、それからあなたは奥さんにもお金渡してるね。奥さんはあなたからお金とか、それからベンツ、最後は3台あったでしょう。
 はい。
それから骨董を買いに行ったことについては、何か言っていませんでしたか。奥さんは、どういう金なんだとか、どこからもらったお金とか、もうけたお金ということは言わなかった。
 私のほうから常々話してましたので、妻のほうから、そういうことを特に聞かれたことはありません。
あなたのほうで言っていると、株でもうけたとか、骨董品でもうけたということなの。
 そうです。
あなたの自宅の改装とか、これは大体■■■■■でやってますね。 ※注:篠崎工務店
 はい。
大体9回やっているようですね。
 (うなずく)
最後、自宅の台所の修理とか、それから門、塀を作るまでやってるんですね。
 (うなずく)
店、それから倉庫も入れて、総計幾らかかったか、大体分かるかい。
 おおむね2億円くらいだと思います。
大体1億9800万くらいだから、大体2億円使っているね。
 はい。
で、あなた自身は、これで文書を偽造して詐取すると、決裁書類を持っていったときに、これはばれるかなという、そんな感じは持ちましたか。それとも、当然これはもうばれないと思ってたんですか。
 やはりいつもばれる心配はしてました。
そうすると、決裁書類に判子を押したときは、やれやれという気持ちかな。
 はい。
いずれこれが発覚するという気持ちはあったの。
 ありました。
そしたらどうするつもりだったの。
 もう金銭的には償える金額ではありませんでしたので。
どうするつもりだったの。そこまでは考えなかったの。
 もう最後は決めてました。
何か調書を見ますと、自殺も考えていたということがあるんだけれども、その詐取しながら、発覚したら自殺したいという気持ちがあったの。
 はい。
それと骨董品買いに行くときも、びくびくしながらやってたということですか。
 はい。
そういうことで生活して、気持ちというかな、どうなんですか。気持ちとしては毎日不安だったんですか。それとも平気だったんですか。
 不安でした。
毎日不安だという生活はしてたということか。
 はい。
で、これが発覚したというんで、私のところに来たのが5月の31日かな。
 はい。
で、内容を聞いて、これは大変だと、市のほうの市長さんに報告しろという話をしましたね。
 はい。
それで処分を受けると、自首するのはそれから後だという話をしましたね。
 はい。
そのときの段階では、弁護依頼じゃなくて、そうしたほうがいいよというんで、明くる日に来て、弁護の依頼をしたということね。
 はい。
で、2日に、午前中に私が用事があったんで午後に出頭するつもりでいたと。
 そうです。
ところが、その2日の朝、市長から警察に通報があったと、こういうことだね。
 はい、そうです。
あなた自身は自首するつもりがあったと、これは間違いないね。
 はい。
それから私のところに来た段階で、現金、それから預金、それから骨董品全部動かしちゃいけないと、そう言いましたね。
 はい。
ですから、押収された段階では、ちょうど2日にあった物が全部押収されたということだな。
 はい。
で、現金は別として、骨董品、宝石類、それからガラス製品とか、この押収された物件についてはどう処分したのか、知っていますね。
 はい、先生に処分していただきました。
これは押収されたんで、まず解除を検察庁にお願いしたということだね。
 はい。
それがいつだったか、大体覚えていますか。
 11月半ばごろだったと思います。
その押収されたものをきれいにしないと、土地家屋を売るったって、そういう骨董品があるんで売れないという相談をしましたね。
 はい。
で、押収された物を換金すると、そのために群馬銀行と、それからあなたと、それから公社と、それから市との間で合意をしたということは知っていますね。
 はい。
私が代理人でやったと、知っていますね。
 はい。
それからこの換価に対しては、群馬銀行、それから公社、それから市、これも同意してるということですね。
 (うなずく)
その書類は、前回裁判所に出たということは知っていますね。
 はい。
で、その同意に基づいて、骨董品を売買したということですね。
 はい。
私が代理人で、■■さんという人にお願いして売買したと。具体的には、東京のオークションで売買して換金したということは知っていますね。  ※中島(誠之助)のことだと思われる。
 はい。
金額も大体分かりますか。
 2億4、5千万円と言われました。
手数料引いて、大体2億くらいですね。
 はい。
それから車の関係、これもあなたは私に委任されて、しましたね。
 はい。
で、売買したということで、2台ベンツが売れましたね。
 はい。
1台分はお金が入ったんですけれども、あと1台、ワゴン車についてはまだお金が入っていないと、それは知っていますか。
 はい。
これは今日入るということは知っていた、知らなかった。
 いや、知りませんでした。
ということになると、もう押収された物件に対しては、今残っているのは何だい。
 リゾートの関係。
利用権が2枚ありますね。
 はい、それとゴルフの会員権。
これは白水カントリーということですね。これは名義書換えができないと。
 はい。
それからクラシックカーのベンツが1台、これは売れるかどうか分からないけれども、まだ換金できてないと。
 はい。
これは早晩換金はできるんじゃない。
 と思います。
ほかのものは、白水カントリーの会員権と、それから利用権、これはちょっと不可能だということで、そのほかについては全部換金したということでいいんかな。
 はい。
株券も換金しましたね。
 はい。
で、換金して、あなたが持ってるお金、それから詐取して残ったお金を入れて6億群馬銀行に弁済したと、これも知っていますね。
 はい。
現在どのくらい私が預かってる金額残っているか、知っていますか。
 800万くらいです。
ということは、これから480万の車の代金が入って、それをまたこの結審の前に全部弁済したいと、これも知っていますね。
 はい。
それから、土地家屋なんですけれども、あなたの自宅の上の家屋2棟ありますね。
 はい。
これは下の土地は奥さんが相続した土地ですね。
 はい。
すると、換金するといっても、建物2棟だけですけれども、換金できるかね。ちょっと分かんないな。
 そうですね。
珈琲ぶれいくについては、換金はこれからやりたいということですね。
 はい。
で、現在そういうことのお願いもしているということだね。
 はい。
最初に田中先生から聞いたんですけれども、本件の事件起こして、現在の心境をもう一度言ってください。
 申し訳ないことをしたと思っています。この前もお話したとおり、大変な事件起こしてしまいましたので。
田中先生が尋問したときと同じような気持ちでいるということですか。
 はい。
0

2007/11/25  22:48

51億円事件第6回公判(平成8年2月1日)その1  安中市土地開発公社事件クロニクル

平成7年(わ)第333号
被告人供述調書(第6回公判調書)平成8年2月1日
多胡邦夫

田中弁護人
公社が地権者にお金を払うのは、振込みが原則でしたね。
 はい。
あなたは公社に15年以上お勤めになってるでしょう。
 はい。
そこで現金を下ろして、現金で地権者にお支払いしたというのは、15年以上お勤めしていてどのくらいありましたか。
1、 2件だと思います。
それでは、その1、2件というのは、例えばどういう場合ですか。
 恐らく推測なんですけれども、地権者の方が相続関係で土地代を分けたいということで、現金で欲しいということを言われたことがあります。
そういうときだけが現金を下ろして現金でお支払いすると。
 はい。
それ以外はすべて振込みだったと、こう聞いてよろしいですね。
 はい。
これは検事さんが冒頭陳述で言われてることなんだけれども、平成2年以降、なんと約251回、約22億4000万円をあなたが引きおろしていると、こういっています。そうすると、あなたとしてもやはりそういう記憶ですか。
 (うなずく)
つまり250回以上現金で引き下ろしてると、こういうことですね。
 (うなずく)
そうすると、前回もお聞きしたけれども、頻繁にそういうことをやっていて、銀行のほうから何も聞かれたことはなかった、こういうことですか。
(うなずく)
群馬県下の公社というのは、どうも30以上あるようなんですけれども、当然例えば群馬銀行の人が隣の富岡市の群馬銀行の支店に移れば、群馬銀行富岡支店は富岡の公社と取引をしてる、あるいは、仮に高崎に群馬銀行の方が異動すれば、高崎の群馬銀行はまた高崎の公社と取引がある、こういうことになりますね。
 (うなずく)
そうすると、群馬銀行の職員の方も、公社が地権者にお金を払うのはどういうやり方をとっているかというのは、分かっていたんじゃないでしょうか。それについてはどう思っていますか。
 銀行のことはちょっとよく分からないんですけれども。
公社が群馬銀行からお金を借り入れるときには、当然資金使途を伝えたり、あるいは、口頭で説明するわけでしょう。
 はい。
ただ漫然と貸してほしい、そういう申入れじゃないですね。どこの土地について、どういう金を使うんだということで、こういうことで申入れするわけでしょう。
 はい。
そこでお聞きするんですが、平成5年9月30日付けの際、これはたくさんあるんで一応申し上げますと、本来1386万を借り入れるところを、3億円を水増しして3億円を詐取したと、こういう事件です。分かりますか。
 はい。
その平成5年9月30日のときは、借入れの目的については、どういう記載をして出したか、あるいは、どういう説明をしたか、大体覚えておりますか。
 書類を見ないとはっきりとは分かりません。
〔検察官請求証拠等関係カード(甲)150添付の貸出申請書を示す〕
この貸出申請書っていうのは、群馬銀行の内部の書類なんですけれども、この中の真ん中のちょっと上のほうに、「取上理由」と書いてあるのありますね。
 はい。
つまり簡単に言うと、どんなことで群馬銀行が金を貸すのかということについての部分なんですが、それを見ると、「公共用地取得資金(下線部分譲住宅団地用地取得資金)として申込」と、こう書いてありますね。
 (うなずく)
この書類は上を見ると分かるけど、平成5年9月30日にあなたのほうが手続を取ってお金を借りた、それに関する書類です。そうですね。
 はい。
これを見ると思い出しますか。
 はい。
つまり平成5年9月30日付けの借入れは、公社が下磯部分譲住宅団地用地としてお金を貸してほしいと、こういう申入れをして借りたということですね。
 はい。
そうしますと、平成5年9月30日の段階では、先ほど言いましたように、公社は既に下磯部分譲団地用地取得資金として、群馬銀行から3億1386万円を借りてると、こういうことになりますね。
 (うなずく)
〔検察官請求証拠等関係カード(甲)62添付の貸出申請書を示す〕
これは日付を見ると、平成7年3月31日付けの借入れに関連してのやはり群馬銀行の内部の書類なんですが、問題は、このやはり取上理由の中の3行目を読んでみますと、「他行攻勢厳しく現貸含め金利引下げ要請、下磯部地区取得資金を碓氷安中農協に奪われた反省から」って書いてありますね。
 はい。
つまり平成7年3月付けの群馬銀行内部の資料によると、下磯部地区の取得資金は群馬銀行ではなくて、碓氷安中農協が融資したんだと、こう書いてあるでしょう。
 はい。
先ほどの高橋弘安さんの調書に添付してあった、平成5年9月30日付けの貸出申請書の取上理由も下磯部分譲住宅団地取得資金と、群馬銀行の東さんの調書に添付されている貸出申請書に書いてある下磯部地区取得資金というのは、全く同じ資金のことでしょう。
 はい、そうです。
そうしますと、群馬銀行は平成5年9月30日付けで、もう既に下磯部地区について買収資金を公社に貸付けしてるわけですよね。
 (うなずく)
それをその後碓氷安中農協に奪われたというのは、一体どういうことなんでしょうか。それについて、あなたはどう思いますか。
 私には分かりません。
平成5年9月30日付けで、全く同じことについて、群馬銀行はもう金を貸したわけですよね。
 はい。
ところが、その後の書類を見ると、その貸付けは碓氷安中農協に奪われたんだと、こう書いてあるでしょう。これは明らかに矛盾してますよね。
 (うなずく)
あなたはそれは分からないということになりますかね。
 はい。
事実としては、下磯部地区は碓氷安中農協が融資をしたでしょう。
 はい。
したがって、下磯部地区の方に公社の方がお金をお支払したのは、碓氷安中農協から借りたお金でお支払しましたね。
 はい。
碓氷安中農協からお借りして、下磯部地区の方にお支払したのは、当然これは振込みだったでしょう。
 はい、そうです。
地権者の中には、群馬銀行の安中支店に口座を持っている方もおられたんじゃないんですか。
 いると思います。
そうすると、群馬銀行安中支店に売買代金が入ってくる、そういうことになりますよね。
 (うなずく)
先ほどの高橋弘安さんの調書の中の14丁の表から裏にかけて、今私がお聞きしたことが書いてあるんだけれども、更に高橋さんのほうでは、9月30日以降に、群馬銀行の方に公社が下磯部分譲住宅団地の事業資金を借り入れるための金利の見積もりも要求しているんだと、したがって群馬銀行はその時点でおかしいと、既に自分のところで金を貸してる土地について、また公社から、借りるとすれば幾らの金利になりますかっていう申入れを群馬銀行にしているんだから、群馬銀行はその段階で不審に思わなければおかしいんじゃないかと、こう言ってます。全くそのとおりじゃないですか。
 (うなずく)
それと、平成7年3月の全面偽造の件がありますね。
 はい。
前回のあなたの調書によると、変更契約書数枚と理事長の決裁書類を持っていって判をもらったと、こう言ってましたね。
 はい。
そうすると、あなたが持っていったのは変更契約書と理事長の決裁書類ですね。
 (うなずく)
本来持っていく決裁書類は、理事長の決裁書類じゃなくて、事務処理上は、財務課の決裁書類であるのが正しいんじゃないんですか。
 (うなずく)
安中市の公印規則の第10条の1項によりますと、公印を使用するときは、決裁済みの回議書等を保管者に提示し、その承認を受けなければならないと、こうあります。知っていますか。
 はい。
市長がいたときには、押していただく書類のほかに、回議書、つまり決裁書を持っていくということですよね。
 (うなずく)
そこで持っていく本来の回議書、決裁書類は理事長の決裁書類でなくて、財務課を通じて市長印を押してもらうんだから、財務課の決裁書類が正規の手続だと思いますと、そういうことですかね。
(うなずく)
0

2007/11/25  22:42

51億円事件第5回公判(平成8年1月18日)被告人供述  安中市土地開発公社事件クロニクル

平成7年(わ)第333号
被告人供述調書(第5回公判調書)平成8年1月18日
多胡邦夫

質問及び供述
田中弁護人
今の気持ちを率直に言っていただけますか。
 申し訳ないことをしたというのが率直な気持ちで、この事件は社会に与えた影響が大変大きいものだと思ってます。まして公務員の地位を利用して、公務員の名誉を大きく傷つけ失墜させ、社会に対しての背信行為を深く反省してます。
要は、どんな処罰でも受けますと、そういうことですか。
 はい。
今の率直な気持ちはね。
 はい。
現在の気持ちはよく分かったんですけれども、かない長い間、横領したり、又は詐欺をしてましたね。
 はい。
一口では言えないでしょうけれども、この間はどんな気持ちでいましたか。
 最初のころは、一つの快楽を夢見たというか、魔が差したというか、最初の金額は小さかったんですが、少しずつ大きくなりまして、できれば人に相談したいという気持ちもありました。しかし、気が付いたときには、相談しても、金額的に数千万いってましたから、もうどうなる金額ではないと自分で判断いたしまして、そのままずっとずるずるきてしまったんですが、途中何度となく、この事件が露呈してほしい、あるいはまた反対に分かってほしくない、入り乱れた気持ちで毎日を過ごしてました。
まして、あなたが毎日出勤される公社のことですよね。
 はい。
毎日職場にあなたが行かなくちゃいけない、そういうことですよね。
 はい。
一方においては分かっては困る、また一方においては自分のやったことが早く分かってもらいたいと、あるいは人に相談したいと、そういう気持ちが日によって右に揺れたり左に揺れていたと、こういう気持ちでしょうかね。
 そうです。
本件が発覚してから、自殺を図ったことがありますね。
 はい。
奥さんの口から出ましたけれども、もう死のうと思って左手首の動脈のところにカッターナイフを突き刺して切ったと、かなり血が出てたと、一時間以上そこに座っていて、浴槽内に手を入れてじっとしてたと、捜査機関の前で言われてますね。
 はい。
そのときのあなたの気持ちを、自分の口からちょっと言っていただけますか。
 先ほども申し上げましたとおり、私が責任取れる金額でなくなってしまったもんですから、責任の取り方は最後はこういう形で取ろうと数年前から考えておりましたので、それをただ実行しただけです。
もう、かなり以前から、分かったら死ぬしかないだろうと、こう思ってたということですね。
 はい。
この事件が発覚したときに、奥さん、あるいはあなたの子供さんのことを、当然考えたこともあるでしょう。
 はい。
公社は55年4月に設立をされましたね。
 はい。
昨年、あなたが異動を命じられるまでの間、なんと15年間ありますね。
 はい。
なぜ、あなたは異動の命令がなかったんですかね。
 ちょっと私には、それについてはよく分からないんですけれども。
市の場合は、どの職員がどの配置につくか、異動、これはどの部分で決めてるんですか。
 総務部の秘書課で決めています。
それで、市の職員は異動命令があれば、直ちに移動すると、こういう立場ですね。
 はい。
あなたが知る範囲内で結構なんですが、県内たくさん公社がありますね。
 はい。
実を言うと、私もある公社の仕事を時々頼まれてやっているんだけれども、そこでお聞きするんですが、あなたが知る範囲では、ほかの公社の職員は、およそどのくらいで異動を受けていますか。
 他の公社の状況というよりは、安中市の人事に関しましては、おおむね5年を目安に人事異動対象になっているようでございます。
そうすると、あなたは異動の命令を受けるほうだから、なぜ自分が異動されなかったかよく分からないと、そういうことでしょうかね。
 はい。
さて、公社の組織についてお聞きしますけれども、理事長さんは市長さんがされるわけですね。
 はい。
その下に、副理事さんがおられるでしょう。
 はい、副理事長です。
で、副理事長さんというのは、どなたがしていたんですか。
 今までは助役がしておりました。
それでは、常務理事さんは。
 今までは収入役が担当していました。
副理事や常務理事以外にも、理事さんはいらっしゃいますね。
 はい。
何人おられますか。
 理事は全部で14名だと思います。
これは簡単で結構ですが、どういう方が理事をされていましたか。
 市の職員では、総務部長以下、部長職の人間が4名、議会代表から残りの人数が出ています。
たしかその下に、事務局長、で、事務局次長と、皆さんがおられる、こういう組織形態ですね。
 はい。
そうすると、例えばあることについて決裁を受けると、捜査記録を読んでみると、正確には回議書と、こう呼んでいるようですね。
 はい。
そうすると、あることで、いわゆる決裁を受けなきゃいけないということに公社内でなったときには、その書類には、一体何人の方が目を通すことになりますか。
 決裁の内容によって違うんですが、理事長決裁になりますと、担当職員並びに同僚、それから事務局次長、事務局長、常務理事、副理事長、理事長、それだけの人間が目を通すことになります。
そうすると、あなたが起案して決裁を受けなきゃいけない書類を作ったときには、今あなたが言われたたくさんの方がその書類に目を通すと、こういうシステムですかね。
 はい、そうです。
あなたが捜査機関でお話をしている調書によると、公社が設立されてから間もなく、市の方から年間30万円の事務費が出ていたと、こう言われましたね。
 はい。
本件の詐欺事件のまず基本にあるのは、あなたが市から公社に交付があった30万円のお金の一部を使い始めたと、これが契機になっていますね。
 はい。
当然、公社では監査が行なわれるでしょう。
 はい。
公社の監査というのは、毎年何月に行なわれるんですか。
 5月です。
公社の監査をされる方、いわゆる監事の方は、何人おられたんですか。
 2名です。
それでは、どういう方が、あなたの公社の監事をされていましたか。
 今までは市の監査員の2名が公社の監事を兼ねておりました。
では、市の監査員と公社の監査員は同じ方でしたね。
 はい。
具体的には、どういうお仕事をしたり、あるいは、経歴を持ってる方が監査員、あるいは、監事をしておりましたか。
 今までは、私が知る限りでは、2名のうち1名が市のOB、もう1名は議会代表といいまして、議会の方から推薦であがってくる人物です。
安中の市のOBが監事に入っていますね。
 はい。
OBといっても、前歴いろいろあると思うんだけれども、例えばどんな役職を前歴されたOBでしたか。
 今、部長制度が敷かれているんですが、公社が設立された当時はもう部長制度になっていたんですが、OBの方が退職なさったころは部長制度ってありませんで、一般事務職では課長が一番上の地位でした。課長経験者が主になっていたと思います。
市の職員では、一番ポストが上の方が退職されたときに、市や公社の監事等になられたと、こう聞いてよろしいんですか。
 はい。
そうすると、一人は市のOBですから、市若しくは公社内の事務処理については、当然精通されていますね。
 はい、一般的なことについては、精通されていると思います。
参考にお聞きするんですが、群馬県の公社の中には、税理士の肩書きを持った方が市や公社の監事になられる、こういう公社があるということは、あなたは耳にしてますか。
 はい、昭和55年に設立するときに、私は担当いたしまして、公社を設立したんですが、そのときに、群馬県内の土地開発公社の状況を取り寄せまして、いろいろ調べてみたんですが、そういった肩書きの方が公社の監事になるという所も、二、三ありました。
あなたがお勤めになっていた市、公社では、資格をもった税理士さんにやっていただくという話は、耳にしたことはなかったですか。
 ありませんでした。
先ほど言いましたように、初め、市から交付された30万、これは市から公社の口座に入るわけでしょう。
 そうでございます。
そうすると、あなたはそのお金を横領するということは、公社にある金をあなたが銀行で下ろすと、こう聞いてよろしいですか。
 はい。
そうすると、本件横領事件ですから、例えば30万入った、あなたが1万円下ろした、2万円下ろしたと、それが本件のきっかけになっていますね。引き金にね。
 はい。
したがって、あなたが現に横領したと、その処理はどうされていたんですか。
 帳簿上の処理は、公社の経理っていうのは複式簿記なもんですから、市の一般会計とは異なった方法でやっております。なおかつ伝票処理で、伝票会計で、伝票が元帳になるという形をとっておりますので、伝票を起こさない限り、数字的に合わせることができませんので、私とすれば、支出する場合は、青い伝票で起こすんですが、振替伝票でグリーンの伝票で起こすという手口で記載いたしました。
つまり出金伝票を起こすわけでしょう。
 もちろんそうです。
出金の書類を作りますね。
 はい。
そうすると、例えば1万円出金したというのは分かるんだけれども、じゃあ、どこに出金したという、出金先はどこになるんですか。
 出金先は書きませんでした。
でも、領収書をどっかでもらってこなくちゃいけないんじゃないですか。
 30万円の市からいただいている目的は、他の市町村の公社の場合は、土地を売買して公社が取得し、市に売り渡すときに手数料というのがいただけるんです。ところが、安中市の場合は、その手数料が払えないから、その30万円を事務費にあてろということで、事務費、いわゆる消耗品、あるいは、理事の報酬、こういったものの目的のために30万円がきてますので、もし1万円を使って横領して、領収証をとるとなると、事務費でボールベンを買ったり、ノートを買ったりとか、そういう消耗品関係以外はとれないんですね。ですから、結局、領収証はつづってございません。
1万を出金した、横領したと、そうすると、出金伝票は作るけれども、それに合った領収書は不存在ということになりますね。
 はい。
たとえば公社で必要な文房具を買うときも、そうすると、1万円出金して領収証なしと、こういうことになるわけですか。
 そうです。
そうすると、そういう事務処理ですと、本当にそのお金が正式に出金されているかどうかというのは、分かりませんね。
 はい。
その点について、領収証をそろえるようにと、そういう指示、あるいは、話が公社、あるいは、市のほうからあったことがありますか、ありませんか。
 ありません。
関係の記録によると、例えば、ときには30万のうち半分の15万くらいを横領したこともあると、こういうことですよね。
 (うなずく)
そうすると、交付されたお金の半分も横領していたときがある、こういうことになりますね。
 はい。
そうすると、それが、なぜ公社の監査のときに分からなかったんですか。
 監査の方法になってしまうんですけれども、領収証と通帳の付け合せというのが、伝票の付け合せというのがありませんので、分からなかったんだと思います。
この法廷にも監事の決算書類が出ています。適切であると、あるいは、関係書類を見ても間違いないという書類が法廷に出ているんだけれども、事実は全くそのとおりじゃなかったですね。
 はい。
出金をしたという伝票はあっても、本当に出金をしたかどうかって言うのは、領収書がなきゃ、正しく分かりませんよね。
 (うなづく)
あなたは公社に15年もお勤めだったね。そうすると、文字通り、簡単に言えば、15回、あるいは、16回監査があったと、こういうことになりますね。
 はい。
一度も監事のほうから、例えば、ある書類を見て、これはどうなっているの、おかしいじゃないか、こういう趣旨の言葉は聞かれたことはなかったですか。
 はい、ありませんでした。
それでは、そもそも監事さんが監査をするに要した時間、それは通常、さあ監査が始まった、そうすると、どの程度かけていましたか。
 最初のころは、朝の10時ごろから始めまして、お昼ごろまで、最近ここ何年かは、9時半ごろから始めまして、12時、お昼で終わるというのが通常でございました。
あなたの捜査機関の記録によると、ときには1万円、2万円下ろしたと、それがかさんでいったと、それで、結局は、金融機関の借入金を水増しをする方法で切り抜けようとしたと、そういうことですね。
 はい。
そこでお聞きしますが、本件の起訴以前のことなんですけれども、例えば、5000万借りるのを1億円水増しして、1億5000万を借り入れたということで考えてみると分かりやすいと思うんですが、そのお金は、まずどこに入るわけですか。
 特別会計を作る前は、公社のほうの通帳に入ります。
当然決裁、つまり稟議に回すのは5000万と、ところが、公社の口座に入ってきた金は1億5000万と、たとえた場合で言えばですよ。
 はい。
そうすると、特別口座ができる前の話なんですけれども、監事の方が通帳を見れば、もうあなたが不正に借入れしてるという事実は、一目瞭然ですよね。
 はい。
そうすると、この監事さんは監査のときにその一番基になる、重要な通帳を見なかったということになるんですか。
 はい、そうです。
じゃあ、何を見て、監事さんは当時監査してたんでしょうかね。
 決算書類を作りまして、私のほうからその書類についての説明をいたします。それからいろんな台帳、書類ですね、土地を買った契約書、工事をした場合、工事の請負契約書、そういった書類関係を見、あとは帳簿類を見ていただくということでございます。
そうすると、もとの金額がどういうふうに動いてるかということに関しての通帳については、監事の方は全く見なかったと、こう聞いてよろしいですね。
 はい。
あなたも捜査段階で言われてるけれども、その口座に市から土地代金が入ってきたこともありますね。
 はい。
ときには、実際は銀行に返していないんだけれども、返したという決裁書類を作った、でもお金は以前としてその口座になると、こういうこともありましたね。
 はい。
そうすると、そういう段階で口座を見れば、あなたが不正をしたことは一目瞭然ですね。
 はい。
安中市の公社に安中市土地開発公社会計規程というものがあるのを、あなたも御存じでしょう。
 はい。
既に裁判所に出されている書類の中に入っているんだけれども、その28条によると、預金の残高証明を監事に確認してもらいなさいと、こういうのがあるのも、あなたも恐らく御存じでしょう。
 はい。
その中のどこを見ても、金融機関からの借入れの残高証明をもらいなさいという規定は、どこにも見当たらないんだけれども、そこでお聞きするんですが、あなたがお勤めしてた当時、預金の残高証明書だけでは正しく事実をつかめないから、金融機関からの残高証明書をもらおうと、もらうべきだと、こういう話があなたが在職中出たことがありますか、ありませんか。
 ありません。
さて、平成2年に入って、特別口座を設けましたね。
 (うなづく)
だました金は特別口座に入る、正規の借入れの金額は従前の口座と、こういうことにしましたか。
 はい。
いずれにしても、例えば、群馬銀行からお金を借りるとき、借入依頼書、あるいは、金銭消費貸借契約証書、そこには必ず公社の理事長印が押されますね。
 (うなずく)
そこで、理事長印がどういうふうに保管されていたかと、簡単にちょっとお聞きします。まず公社の理事長印は、ふだんはどこにあったんですか。
 理事長印は、公社の事務局長でもあります都市計画課長の席に、執務時間内はそこにございます。
〔検察官請求証拠等関係カード(乙)5添付の「都市計画課の配置状況」と題する書面を示す〕
これはあなたがお作りになったわけですかね。
 はい、私が作りました。
都市計画課の配置状況とありますね。
 はい。
この図面のほぼ真ん中辺りに、「加部局長(都市計画課長)」とありますね。
 はい。
この加部課長は、公社の局長のことですね。
 はい。
あなたが言われたのは、この加部局長の机の上に理事長印がふだん置かれていると、こういうことでしょうか。
 はい、そうです。
それでは、その日の仕事が終わるでしょう、そのときに、その判子はどこに保管されることになりますか。
 課長だと思うんですが、課長の後ろにロッカーがあるんですが、そこが都市計画課の公印の保管場所、並びに公社の印鑑の保管場所となっておりました。
この図面で、真ん中の右側にロッカーと書いてあって、公印保管用とありますね。
 はい。
そこに、勤務時間過ぎると保管するわけですか。
 はい。
それではかぎはかかりますか、かかりませんか。
 かかります。
そうすると、どなたが、勤務時間を過ぎると、そのロッカーを開けて保管されますか。
 通常、課長がやると思います。
その課長がかぎをした、そのかぎは、その後どうなりますか。
 課長の机の上にレターケースがあるんですが、そのレターケースの引き出しの中にいつも入れてあったと思います。
この図面の中の加部局長の机の上に、レターケースって書いてありますね。
 はい。
そこにかぎは入れると。
 はい。
そのレターケースには、かぎはかかってますか、かかってませんか。
 レターケースにはかかっておりません。
そのレターケースにかぎがかかってないから、そこからかぎを持ち出して、ロッカーを開けることは、これは可能になりますね。
 はい。
その理事長印がどういう手順で押されるかということについて、ちょっとお聞きします。例えば、群馬銀行から1億円を借りたいということになったとしますね。そうすると、1億円を借りられる借入依頼書、それをあなたは担当で作りますね。
 はい。
その所には、どういう経緯をへて理事長印が押されるか、ちょっと説明してくれませんか。
 回議書が決裁になって、理事長から戻ってきまして、戻ってきました決裁書類を提示して印鑑をもらうのが通常なんですが、課長とか留守の場合には、私が直接机の上から印鑑を持ち出して、その場で押していくことが多かったです。
もうちょっと前のサイドから聞きますね。決裁書を起案します。それからどのように上がっていくか説明してください。
 決裁書を起案しまして、同僚の回議の印鑑をいただき、それから事務局次長、事務局長、常務理事、副理事長、理事長と、そこまでいって決裁になります。
そうすると、決裁になった書類は、例えば、あなたが群馬銀行から1億円借りたいと、そういう決裁書類の場合は、決裁になった書類は、だれからあなたのところに戻るんですか。
 これは市長室の秘書から戻ることもあれば、たまたま課長が市長室に行ってもらってくることもあります。
市長さんの話はまた聞きます。私が聞いているのは、理事長印のこと。
 ですから、市長が理事長ですから、理事長のところまで書類が回りますので、そこで市長の秘書である職員が、決裁になったものは各課のほうへ戻すというのが通常でございます。
そうすると、公社の理事長から各課に戻ると言いましたね。
 はい。
そうすると、たくさんの借入依頼書が法廷に出てるんですけれども、理事長印が押されていますね。
 (うなずく)
その理事長印というのは、あなたが例えば群馬銀行から1億円借りるというときには、もう一度言ってくれませんか。正規に流れていったとき、だれがどうやって押すんですか。
 正規の場合は、決裁された回議書が私のところに戻ってきます。それを印鑑を保管されている課長のところに行って、課長に提示し、で、課長にその決裁になった書類を見ていただいて、群馬銀行に提出する書類であれば、それに印鑑をもらうというのが通常の流れです。
そうすると、決裁をした後に課長が理事長印を押すと。課長の上に理事長印がありますけれども、こういう流れですね。
 はい、そうです。
本件の場合は、あなたが無断で理事長印を押したことはあるわけですか。
 ございます。
回数で答えるのは難しいでしょうけれども、あなたが無断で理事長印を押したというのは、都合どのくらいあるんでしょうかね。
 書類に関しまして、少なくても、借入れに関しましては、不正をしている部分は100パーセント私が押しました。
なぜ、事務局長の机の上にある理事長印をあなたが無断で使えるんですか。
 これは各課もそうなんですけれども、担当職員が印鑑をお借りしますと言って借りて、どの書類に判子を押すっていちいち断らずに押すということも、度々ありますんで、そういう合間を縫ってということですか。
通常は、事務局長、つまり課長が判子を押すことになりますね。
 はい。
ところが、実際には、時々、担当者がほかの部署でも判を押していたことがあると、分かりやすく言うと、そういうことですかね。
 はい。
それをあなたも利用したと、こういうことですか。
 そうです。
ちょっと話は変わるんですけれども、公社が借り入れることについて、市が連帯保証をしますね。
 はい。
毎年、議会で債務保証について限度額、上限を決めますね。
 はい。
それはいつの議会で決めるんですか。
 例えば、平成7年度の債務保証であれば、平成7年の3月議会で決めます。
平成7年というのは、平成7年4月から平成8年3月まで、こういうことになりますね。
 はい。
では、市のほうで毎年限度を決めるわけですね。
 はい。
そうすると、各金融機関にとって、例えば安中市のほうでは幾ら限度になったか、あるいは、お隣の富岡市では幾ら限度になったかというのは、非常に重要なことですね。
 はい。
そこで、その議会で議決した債務保証についての議決の部分を抄本にして、各金融機関に毎年出しているでしょう。それは分かりますか。
 はい。
私がお聞きしたいのは、市のほうの調書にも書いてあって分かるんだけれども、現実に各金融機関にだれが出していたかというのが、分からないんです。そこでお聞きしたいんですが、各金融機関には、限度額議決の抄本等を公社が出していたんですか。それとも、市のほうが出していたんですか。
 私もその辺ははっきり分からないんですけれども、毎年4月になりますと、群馬銀行には、私が抄本を議会にお願いして作っていただいたものを届けてました。
安中の公社の場合は、金融機関は群馬銀行だけじゃないですね。
 はい。
甘楽郡信用金庫安中市店とか、碓氷安中農協とか、群馬県信用組合とか、東和銀行安中市店とか、いろいろあるんじゃないですか。
 はい。
ほかの金融機関などは、どなたが出していたんですか。あなたは分かりますか。
 ええ、借入れ行くときに、そういうものを作ったものを持ってかないと、銀行は貸してくれませんから、一応そういうものはお持ちしました。
そうすると、例えば3月の議会で決めると、当然にそれを各金融機関に出すんじゃなくて、借入が起きたときに初めて持っていって出してると、こういうことですか。
 そうです。
それは間違いないですか。
 はい。
そうすると、金融機関に出すのは、市ではなくて、公社、こういうことになりますか。
 それはどちらが出すのが正しいかは、私には分かりません。
現実には、どなたが出していたのか、公社と聞いていいですか。
 はい。
それでは、この保証の限度額が予定が変更になって、年度中に減額する場合がありますね。
 はい。
安中市の場合も、土地開発公社の場合、何度かあったでしょう。
 はい。
そうすると、例えば初め借入れしたときに、10億円なら10億円の上限の議決書の抄本を出しますね。
 (うなづく)
ところが、年度の途中に、行事の変更で減額する場合がありますね。
 はい。
減額をする場合は、また議会が議決をしてるでしょう。
 はい、してます。
それでは、例えば10億円の限度が7億円の限度になったときに、その減額された議会の議決書の抄本は、安中市の場合は出しておりましたか、出していなかったですか。
 私は請求がなかったら出しませんでした。
そうすると、金融機関としては、初めの10億円は出てると、その後、減額されたのが出てないと、初めのものが10億円だとすると、仮に3億円減額されて7億円になったとしても、金融機関としては分かりませんね。
 はい。
そこでお聞きするんですが、年度の途中で変更になり、議会で減額が議決されたときに、あなたの話だと、減額の議決書は出していないということですね。
 はい。
あなたはずっと15年間いましたよね。
 (うなづく)
減額になったときも、かなりあるでしょう。
 ございます。
初めの減額されない限度額の書類を前提にして、減額された分まで借りちゃったと、こういうことはかつてありましたか、ありませんか。
 あります。
そうすると、議会が議決をしていない、つまり議会が議決をした限度を超えた借入れと、こうなりますね。
 はい。
それを市が債務保証したとなると、その効力はどうなっちゃうんですか。
 さあちょっと私には分かりません。
現に、そういうことがありましたね。
 はい。
金融機関のほうから、初めの議決書だけでは困ると、減額があったら、その都度きちんと出して欲しいという指示が、あなたのほうにあったか、ないか、結論だけお答えください。
 ありませんでした。
〔検察官請求証拠等関係カード(甲)99を示す〕
その調書の7丁の裏から8丁に、「最後に、債務保証の減額をする場合の理由について説明します。この理由として、大きく分けると、国庫補助金の減額や増額などによる市の財政運営上の都合による場合、用地交渉の難航により、その年度内に取得できない場合、単価が当初見込みよりも上回ったり、下回ったりした場合が考えられると思います,このうち最も多いのは、用地交渉の難航によるものであり、この場合には、三月の定例議会において減額補正をし、先ほども説明したとおり、議決書の写しを作成して、公社の取引金融機関に提出していると思います。」という言い方をしてるんだけれども、現実的には、出されていなかったということですね
はい。
先ほどもお聞きしたけど、群馬銀行のほうから、時々、当然議会が開かれるわけだから、減額の有無を確認をされたことはないわけですか。
 ありません。
それでは、例えば群馬銀行から借入れを起こすとしたとしますね。
 はい。
まず簡単に言うと、公社で、先ほどあなたが言った手順をへて、理事長の決裁印が押されるわけでしょう。
 はい,
そうすると、例えば借用書なら借用書に、公社の理事長印が押されますね。では、連帯保証人欄に市長印が押されることの手順を簡単にお聞きしたいんだけれども、借用書に市長印が押されるっていうのは、どういう手順で押されることになりますか。
 土地開発公社と安中市とは、別団体なもんですから、公社の理事長の名前で、安中市長あてに債務保証依頼という文書をつけまして、担当課である財政課のほうへ持って行きます。財政課のほうが市長のほうへ決裁をとりまして、市長印を押して、公社のほうへ戻ってくるというのが流れでございます。
まず公社のほうで、幾つかの段階をへて決裁を得ますね。
 はい。
そうすると、今度は財政課のほうにいくわけですね。
 はい。
そうすると、今度は、財政課は財政課で、保証することに関連しての起案をするわけでしょう。
 はい。
それが財政課で稟議されるわけですね。
 (うなずく)
最終の決裁は、たしか総務 部長ですか。
 はい。
それでは、公社は公社で、先ほど言いましたように、起案をする、公社内の決裁が下りた、次に今度は財政課に連絡をして、財政課は財政課で起案をされる、で、財政課で決裁が下りますね。そうすると、その後どうなるんですか。
 財政課で決裁が下りますと、通常であれば、財政課が秘書課の公印の管理している係まで行きまして、決裁書類の私のほうでお願いした金銭消費貸借契約証書を持って、市長印を捺印にいくんだと思います。
金銭消費貸借契約証書の市長印を押印する方はどなたになりますか。
 秘書課の横田係長です。
正規の流れでいくとすれば、横田係長は、どなたから市長印を押す借用書を受け取ることになるんですか。
 財政課の担当職員だと思います。
それが押されてから公社に戻るということですね。
 はい。
そうすると、借用書に押される市長印というのは秘書課の方か判を押すんだけれども、財政課の方が持っていって印を押していただくと、こうなりますね。
 はい、そうです。
ところが、本来、財政課の人が持っていって押してもらうべきなのにもかかわらず、あなたが持っていったときに、秘書課は判を押しているでしょう。
 はい。
それは全く間違った手順でしょう。
 そうですね。
公社と市というのは別組織ですね。
 はい。
借用書の市長印を、公社の方が待っていって直接押してもらうということは、本来あり得ないことでしょう、組織としては、いかかですか。
 はい、そうです。
本件は何回かそれをあなたがしていて、どういうわけだか分からないけど、判を押してますね。
 (うなずく)
特に、本件の起訴事実のうち、あなたか全面偽造したのは平成7年3月の2億5000万と平成6年9月の4億円ですね。なぜ、そういうことができたかということなんです。借用書に押される市長印、あなたが秘書課に持っていったって、秘書課は判を押すべき立場じゃないでしょう。
 (うなずく)
市役所の財政課財務係で課長補佐兼係長をされている田島文雄さんが昨年6月5日に警察でお話をしている調書があります。この調書の中で、どういう手順で市長印が押されるかを細かく警察の方に御説明をしてるんですけれども、11丁裏4行目で、「今話した、字句の訂正でも、新たな書き替えでも、公社は財務係を経由しなければならないことはあたりまえのことです。なぜならば、今まで説明した様に、市とは別組織だからです」と言われています。全くそのとおりですね。
 はい。
あるいは、財政課財務係主査の須藤純子さんも平成7年6月6日付けで警察の前で話してます、この方も全く同様のことを言ってます。市長印は公社が押すんじゃない、財務課が持ってきて初めて押すんだと、直接公社が持ってきて押すなんてことはあり得ないんだと、こう言われてますけれども、確かに全くそのとおりですね。
 (うなずく)
平成6年9月の4億円の全面偽造、これはあなたは当初水増しを考えてたけど、結局は書き間違えたんで全面偽造をしましたね。
 (うなずく)
そのときには、全面偽造した書類を、あなた、直接、財務係を通じないで横田さんのところに持っていって判を押してもらってますね。
 (うなずく)
横田さんのほうから、組織上そんなことはできませんと、財務係を通じてくるようにと言われましたか、言われませんか。
 言われませんでした。
財務係の係長さんも主査の方も、異口同音に、公社と市は組織が別だから秘書課に市長印を直接公社の方がもらいに来ることはあり得ないことなんだと、こう言われているんだけれども、そうすると、これだけはっきり捜査機関の前で財政課の方が言っているにもかかわらず、安中市の場合は、その辺が、されてなかったということになりますか。
 その件に関してはそう思います。
調書の中では、今まで公社からの訂正の申出は一件もなかったけれども、訂正をするときにはこういうふうにするという具合に言われているんです。実際は、田島係長は御存じなかったけれども、現実には行われていた、こういうことですね。
 (うなずく)
金銭消費貸借契約証書の連帯保証人欄に市長印を押すのは秘書課ですね。
 はい。
平成7年3月の2億5000万の全面偽造の件、その借用書は、秘書課にだれか持っていったんですか。
 偽造分は私が持っていきました。
横田さんのほうから、手続が違うと、財政課を通してくれるようにと言われましたか。
 いえ、言われませんでした。
あなたが捜査官にお話ししたところを見ると、平成6年の全面偽造のほうは、書き損じをしたんで、一方の書類にバツ印をつけて、全面偽造の書類をもう1通作って、それを直接秘書課に持っていって判を押してもらったと、こう言ってますね。
 はい。
平成7年の3月に全面偽造したほうは、あなたが秘書課に行って直接判を押してもらったと言いましたね。
 はい。
そのとき、あなたは、全面偽造した借用書と何を持っていったんですか。
 借用書以外には、変更契約書数枚と理事長の決裁書類を持っていきました。
理事長の決裁書の中に、2億5000万を借りるというのは書いてありましたか、ありませんでしたか。
 書いてありません。
横田さんのほうがあなたが持ってきた書類をざっと見れば、あなたが持ってきた書類の中に一部全面偽造されているのがあるということは容易に分かりますよね。
 (うなづく)
横田さんは、あなたが持っていった書類は全く中身確認しないで、めくら判押したということですか。それとも、何かあなたとの間で特別なものがあったんですか。
 そんなことはありません。
あなたは、先ほど、変更契約書の中に全面偽造した借用書を紛れ込ませて持っていったと言いましたね。
 (うなづく)
変更契約書というのは、はっきり太字で書いてありますね。金銭消費貸借契約証書というのも、はっきり太文字で書いてありますね。見れば一目瞭然でしょう、その違いは。いかがですか。
 はい。
あなたは、そんなことじゃ簡単に見破られてしまうと思わなかったですか。
 やはり、怖さはありました。
でも、決裁が通っちゃった、市長印も押されちゃったと、こういうことですか。
 はい。
変更契約証書というのは、いったん金融機関から借入れした、その弁済期間を変える、若しくは利率を変えるということについて使う書類のことですね。
 はい。
だから、お金を借りるという書類じゃないですね。
 はい。
法廷にも変更契約証書がたくさん出てます。ところが、あるものについては市長印が押してあり、あるものについては市長印が押してないんだけれども。
〔検察官請求証拠等関係カード(乙)28末尾添付の変更契約証書を示す〕
この連帯保証人欄には市長印がないですね。
 はい。
〔検察官請求証拠等関係カード(乙)27末尾添付の変更契約証書を示す〕
こちらには市長印が押されているでしょう。
 はい。
そうすると、群馬銀行に出された変更契約証書の連帯保証人の部分に、時には判が押されたものが出たり、時には判が押されなかったものが出たり、全くばらばらな気がするんだけれども、これは、どうしてこうなるんですか。あなたの認識の範囲内で、もし分かればお答えいただけますか。
 変更契約がある場合、群馬銀行の方から指示がありまして、その指示に従って印をいただいてました。
群馬銀行は、時には市長印もらいなさいと言ったり、時には市長印はいいと言うから、あなたは、簡単に言うと、群馬銀行の指示に従ったということですか。
 はい。
平成7年11月7日付けのあなたの調書によると、最後のほうに、変更契約証書の連帯保証人欄には市長印をもらう必要なかったんだと、だから、不正借入金の更新契約についてはとても都合がよかったんだと言ってます。でも、よく書類を見ると、きちんと市長印が押されるのと、全く押されてないのと、ばらばらですよ。そうすると、あなたは、銀行の指示を受けた、そのとおりやった、こういうことですね、それしか答えようがないね。
 (うなずく)
群馬銀行のことについて聞きます。群馬銀行から、多額の、それも長期にわたって、時には水増しでお金を借入れしましたね。当然、金融機関とすると、いくら相手が公社だからといって、資金の使途は非常に大事だと思うんですよ。次から次への借入があったわけですからね。この使途については、銀行のほうから、あなたに対して質問はなかったんですか。
 あることもありましたし、何も言わないで貸してくれたこともあります。
どの程度の質問があったんですか。
 事業名を聞かれました。
そうすると、ほとんど群馬銀行は資金使途には関心を持ってなかったと、こういう感じですか。あなたの今の感じでいいです。
 そうですね。
公社の場合、公社の金を土地の買主に払うときには、全部振り込みだと思うんですよね。恐らく県下の公社もほとんどそうだと思います。ところが、安中市の公社の場合は、あなたが何回も金を下ろしに行ったでしょう。それについてあなたに不審を持ったようなことはなかったんですか、あなたの感じでは。
 はい、ありませんでした。
公社が市民の方なんかにお金を払うときに、銀行から金を下ろして現金で払うんじゃなくて、振りみにすることはあなたも分かるでしょう。
 はい。
役所の事務処理ですね、ある意味では。
 はい。
ところが、あなたは、しょっちゅう群馬銀行に行っては、多額の金を数限りなく下ろした。
 (うなずく)
そうすると、あなた、とがめられるとか、あるいは疑われているんじゃないかという考えはなかったんですか。
 考えました。
あるいは、金融機関の場合、お金を貸すだけじゃなくて、公社から支払われたお金の預金を獲得するという仕事が非常に大事なことは分かりますね。それも、大きいお金の場合は、その金がどこに流れているか、どこに払われるのかということについて、預金獲得のために最大の関心持つんだけれども、捜査記録読んでみても、その辺も、ほとんど群銀さんのほうはあんまり関心持たなかったと聞いていいですか、あなたの感じでは。
 はい、そのとおりです。
変造のほうですが、決裁を通して、数字を付け足したということですね。
 (うなずく)
改造前の書類とあなたが変造した書類を見ると一目瞭然なんだけど、金という不動文字が書かれてるところと、あなたが書いた数字の間に、非常に余白があるんです。長期間、そういう書類の作成の仕方をしていて、稟議はたくさんの人を渡っていくでしょう、多胡君、余白部分がありすぎだよと言われたことがありますか、ありませんか。
 ありません。
変造の金銭消費貸借契約証書を見ると、あなたが書き足した部分がいかにも不自然のように見えるのがたくさんあります。その点について、銀行から、何かあなたのほうで質問受けたことありませんか。
 ありませんでした。
〔検察官請求証拠等関係カード(乙)24末尾添付の金銭消費貸借契約証書(平成4年9月30日付け、金額壱千五百五万四千円のもの)を示す〕
金額の欄に、「金」として、「壱千五百五万四千円」とありますね。非常に余白があるでしょう。
 (うなずく)
〔同号証末尾添付の金銭消費貸借契約証書(平成4年9月30日付け、金額弐億壱千五百五万四千円のもの)を示す〕
これは、いかにも、全体の数字のバランスからすると、あとで書き入れたんじゃないかという感じは目で見てします。まずいな、分かるんじゃないかなと思ったことないですか。
 あります。

0

2007/11/25  22:41

51億円事件第5回公判(平成8年1月18日)その5  安中市土地開発公社事件クロニクル

裁判長
給料以外に大分お金を入れてもらったわけでしょう。
 はい。
普通だったら、おかしいなと思うはずですね。
 今から思えば、どうしてそういうふうに感じなかったのか。
競馬で勝ったとか、骨董品でもうけたということを、本当に信じたんですか。
 はい。
昭和57年ごろから平成7年ごろまでの間、10年ちょっとあるけれども、その間に被告人から今回の不正取得金でどれぐらいあなた自身がお金を受け取ってるのか。
 一億くらいだと思います。
普通だったら、そんなにもうけるはずないと思うんじゃないですか。
 そうですね。今から思えばそうですけれども、ただ、言い訳になってしまいますけれども、バブルの時代で、株がすごくもうかった時代ですとか、私も商売してましたから、お客様にいろんな話、景気のいい話ばっかり聞いていたんですね。そういうの真に受けてしまったというのがあると思います。
時間が足りないために、まだ不動産を売却できずにいるということでしたね。
 はい。
最初の事件で起訴されたのが去年の6月28日でしょう。
 はい。
もう半年以上たっているじゃないですか。
 まず骨董品の処分をどうにするか、穂積先生にいろいろ、どういう処分の仕方がいいのか。骨董品というのはふだん我々の生活にないものですから、処分の仕方が非常に難しかったんですね。そういうこともあって、時間がかかってしまいました。一つ一つやっていったら、結局時間が足りなくなってしまったんです。
自宅はまだ持ち家ですか。
 今は貸家に住んでます。
質問だけ受けていたわけですが、あなたのほうから言いそびれたような点ありませんか。
 特にないと思います。
こういうことを話しておきたいということはありませんか。
 ご迷惑をおかけした皆様には大変申し訳ないと思ってます。できるかぎりの償いをさせていただきたいと思います。

0

2007/11/25  22:38

51億円事件第5回公判(平成8年1月18日)その5  安中市土地開発公社事件クロニクル

後藤裁判官
店を経営されていたわけですよね。
 はい。
そうすると、税金を納めなければいけないですね。
 はい。
これは、どなたにやってもらってたんですか。
 主人です。
あなたは一切タッチしてないんですか。
 はい、そういうことは一切しませんでした。
被告人のほうで、自分で骨董品の売買とかでもうけてるというんで、給与所得以外のものがあったと思うんですけれども、そういうものの申告方法とか、そういうことについて全然分からなかったんですか。
 そういうものを見たかどうか記憶にないんですけれども、私にはそういう税金関係はよく分からないので、一切主人にしてもらってました。
税務署でも、写真をみれば分かりますけれども、高い骨董品があれば、どうしてこんな所得が生まれるんだろうということで、調査に来るようなこともあると思うんですけれども、そういうことはなかったんですか。
 ありませんでした。
それから、被告人の給与明細というんですか、そういうものは見たことないんですか。
 見たことありません。
去年の5月29日ですか、打ち明けられて会いに行ったときのようすなんですけれども、被告人のようすを見て、まず表面的にどっか異状を感じたところありますか。
 まず、電話が入ったので、おかしいな、変だと、一番最初電話で連絡があったときに、そうに感じたんですね。それで、小諸まで行ったんですけれども、何かあるとは感じましたけれども、こういう内容だとは考えても見ませんでしたから、正直言ってびっくりしました。
ですから、そのときの被告人の身体的なようすなんですけれども。
 言われてから初めて分かったんですけれども、要するに、手首を切ったとそのときに聞いて、言われてみれば元気がない。要するに、電話のときに何かあるというふうには感じましたけれども、その中で、何が何だか分からない状態の中で、とにかく会いに行った。その様子を観察するという気持ち、余裕がなかったです。事実をまず話してもらいたいという、それだけしか頭にありませんでしたから、ようすがどうだったか、そういうことについては一切頭の中にありませんでした。
手首に包帯巻いているというようなことはあったんですか。
 包帯だったか何だか分かりませんけれども、あったと思います。それも言われるまで分かりませんでした。
例えば被告人が足元がふらふらで顔色が真っ青で動けないとか、そういう状態ではなかったんですか。
 動けない状態ではありませんでした。ただ、今から思えば、元気はなかったし、顔色は悪かったと思います。
今現在、生計の立て方なんですけれども、収入は何があるんですか。
 一応会社に勤めてますから、その給料で生活をしてます。それと、主人の弟、それと私の姉が、子供の学費ですとか、それから私の生活費で足りない部分を補ってくれています。
被告人と一緒に生活している間に蓄えた財産、そういうものは処分してもしょうがないという考えでいるんですか。
 しょうがないんじゃなくて、するべきだと思います。
0

2007/11/25  22:37

51億円事件第5回公判(平成8年1月18日)その4  安中市土地開発公社事件クロニクル

検察官
あなたは被告人の性格をどういうふうに思ってますか。
 いわゆる普通の性格だと思っています。例えば人間関係に対しても、嫌だって言えないんですね。断れない性格なんですね。頼まれると断れない性格。例えばボーナス時期銀行さんが貯金をしてくれと来ますよね。そうすると、無理してもしちゃんですよね。すべてがそういう感じなんです。
見栄っ張りなところというのがあるんですか。
 外に対しては、若干。私が商売してたせいもあるんだと思います。ですから、表に対してはそういう部分があったと思います。ただ、うちの中では、ハンドクリームを平気で顔につけてしまったりとか、そういう生活でした。
被告人と付き合いしてから、最初のうち金銭感覚というのはどうだったんですか。
 ごく普通だったと思いますけれども。
公務員だから、給料が限られてるというのも分かってたわけですね。
 私自身公務員という経験がありませんから、いわゆる給料というのは特別に高いとか安いとかいうのは考えたことがなかったんですね。ですから、年齢と自分の給料を基準に考えて、給料ベースというものを考えてました。
結婚した当初は、特に金の回りがいいとか、そういうことはあったんですか。
 特別はありませんでしたけれども、友達どうしのマージャンですか、そういうもので多少のお小遣いはあったと思います。
最初は、生活費、一定額もらってたんですね。
 はい。
どのぐらいですか。
・・・正直言って記憶にありません。
昭和58年ごろから、被告人が公社の金を横領するようになったんですけれども、そのころから特に余分にお金をくれるようになったとか、そういう記憶はありますか。
 多くなったと思います。
それについて、被告人はなんて説明してたんですか。
 ただ、マージャンとか、そういうことでしたから、実際にマージャンして夜遅く帰ってきたりとか、そういうことがありましたから、何ら不思議には思いませんでした。
それから、だんだん額が大きくなるわけですよね。
 (うなずく)
マージャンが強くなったとか、そんなような感じですか。
 そうですね。実際に一緒にマージャンした人、競馬に行った人、そういう人から、今日はすごく勝ったとか、一人勝ちしたとかという話を実際に聞いてたものですから、何ら不思議には思いませんでした。
被告人のようすが変になったと、そういうふうに感じたことはなかったですか。
 一切ありません。
それまでと全く変わりなかったんですか。
 はい。
悪いことをし始めて、罪悪感というか、そういうのをうちで見れたことはなかったんですか。
 自宅を造ってから、自分の部屋に入るようになってしまったんですね。もちろん商売してましたから、帰りが遅い、10時まで仕事してました。そうしまして帰ると、おふろ入って寝るだけです。ですから、一つの部屋で顔合わせる時間というのは、ほとんどなかったです。
そうすると、ようすがおかしいとか、心配だとか、金のこととは分からなくても、そういうふうに思ったこともなかったんですか。
 一切ありませんでした。
その後何度かに分けて、60年以降になると更に詐欺の額が大きくなったり、平成2年以降は更に大きい詐欺をしているということは、もう聞いて分かってると思いますけれども、そういうたびごとでも、特に変化というのはなかったですか。
 分からないですね。そのころになりますと、私も商売、チャリンコから珈琲ぶれいくになって、時間的な余裕はあったんですけれども、今後は子供の受験ですとか、いろんなそういうことが重なってしまったもんですから、そういうのに気付きませんでした。
金額がだんだん、月に50万とか100万とか、更に何かでもうかったといって100万、200万くれるようになりましたね。
 はい。
それについて、変だと思って聞いたことはありましたか。
 別段なかったと思います。ただ、金額が大きくなったころというのは、骨董品を処分する方法だけ、仕入れるんではなくて、処分することしか、そういうことしか話を聞きませんでしたから、これからは買わない、買えない、売れば何とかなるというようなことを聞いてましたから、ですから不思議に思ったことというのは一度もありません。
不思議に思って問い詰めたけれども何でもないんだと断られてたわけでもない。
 そういうわけじゃないです。私も聞きませんでした。そこが私の不注意だと思います。
被告人の方から、何か相談したいことがあるとか、そういうこともなかったんですか。
 はい。
実際被告人は十何年の間こういうことを続けたわけですけれども、その間、あなたに相談しなかったとか、おかしなようすすら見せなかったというのは、それはどうしてだと思いますか。
 本来でしたら気付くべきだったと思います、私自身が。だから、自分も商売やってるとか、子供のことだとか、そちらのほうに注意が向いてしまったために、気付かなかった私のミスだと思います。
被告人があなたに隠したのは、どうしてだと思いますか。
 私に分かれば、この事件はもっと早くに発覚するはずですよね。
分かってれば自首を勧めたということですか。
 はい。
さっき使途先についていろいろ、報告書等説明しましたけれども、あなたもかなり、服を買ったり、海外旅行に行ったり、貴金属もらったり、いろいろ使ってますね。
 はい。
これは事実ですか。
 はい。
こういったものは多胡が買ってくれて渡してくれるんですか。
 貴金属については、私は自分で買ったのはほとんどありません。ですから主人からもらったものです。洋服に関しては、私も仕事をしてましたから、合計金額を言われれば確かに大きいかもしれませんけれども、長い間商売をしてましたから、その間に買ったものですから。
そんな大したものではないと思ってたわけですか。
 はい。
そうすると、生活費とか度々もらうお金以外に、そういったものももらってたんですね。
 はい。
今、骨董品なんかを先生に処分してもらって、6億ぐらい弁償しましたね。
 はい。
まだ30億以上残ってますね。
 はい。
先ほど、離婚はしなくて今後やっていくと言われましたけれども、そうすると、この30億というのは、どういうふうに返済するつもりなんですか。
 私にできることは、すべて先生にお願いをして、処分をしたりとかするつもりでおります。ただ、それから先になると、何をどう考えたらいいのか、正直言って分かりません。
働いて少しずつでも返したいと、そういうふうに考えてるんですか。
 できることなら、そうしたいです。
さっきも聞かれましたけれども、土地とか自宅などは売却してないですかね。
 はい。
これはどうしてですか。
 時間的余裕がなかったということです。
今後売るというつもりですか。
 それは田中先生と穂積先生にお願いしてあります。
被告人に対しては、今どう思っていますか。
 こんな言い方すると、おかしいと言われちゃうかもしれませんけれども、気が付いてやれなかったことに対して、申し訳なく思ってます。
あなたもだまされたことになるわけでしょう。
 結果的にはそうですね。
ひどいことをされたという思いはないんですか。
 正直言って、多少はあります。100パーセントないとは言い切れません。ただ、それを今さら言ったところで、離婚だと騒いでみたところで、何がどうなる、やはりこれは二人して反省していかなければならないと考えています。
被害者の群馬銀行に対しては、どう思っていますか。
 大変申し訳ないと思ってます。少しでも大きな返済をしたいと考えています。
あなた自身も責任を感じてるということですか。
 はい。
0

2007/11/25  22:35

51億円事件第5回公判(平成8年1月18日)その2  安中市土地開発公社事件クロニクル

田中弁護人
子供さんのことですけれども、テレビで報道されたり、それから新聞等で随分報道されましたよね。
 はい。
何か子供さんは御家庭で言っておりますか。
 やはり、直接私に報告しないような感じで、私に何かを言うのを避けてるみたいですけれども、別段大きないじめとか、そういうのは、最初のころはあったんですけれども、今現在はないと思います。
子供さんは、お父さん、つまり被告人のことについては、どんなことを言っておりますか。
 下の子どもは、お父さんによく、手紙を書こうと言って書いてます。内容は、私に見るなということなので、どんなことを書いているかは分からないんですけれども、ふだんの会話の中で、例えばお父さんはこれが好きだったよねとか、そういう思いやる気持ちが私には感じられるんですけれども。
上の子供さんはどうですか。
 やはり最初のころは、お父さんなんてという言葉が多かったと思いますけれども、この間も、コーヒーを入れましたら、お父さんにこれ持っていってやりたいねということを言いました。
多胡さんという、そんなにある姓じゃないと思うんですよね。あの人だという意味では分かりやすい姓だと思うんだけれども、そんなことで、息子さんが学校などでどんなことを言われているのか、どんな立場にあるかというのは、母親としてはいろいろと思い悩むことがあるわけでしょう。
 一番気になるところなんですけれども、最初のころは、安中で通学したときは、確かにそういうことがあって、つらい思いをしたみたいなことを何回か聞きました。
どうも聞いてると、子供さん自身も、できるだけあなたには話をしないようにしようと、こういう気持ちでいるということでしょうかね。
 そうですね。
お母さんにもできるだけ心配かけたくないという気持ちでしょうかね。
 はい。
あと、あなた自身いろいろ言われたと思うんだけれども、どんなことを言われた記憶がありますか。数限りないと思いますけれども。
 一番ショックだったのが、7月の、事件が一番山場と言ったらおかしいですけれども、そういうときに軽井沢で避暑をしているとか、事実に全く反してることを、例えばお金を隠して持ってるんだろうとか、そういうことは、やはりつらいですね。
一般の人みたいに胸を張って外歩くというのができるような気持ちですか、それとも、そうじゃないですか。
 とてもまだできる状況ではありませんけれども、前そのことも話したんですけれども、奥さんが知らなかったわけはないって、みんなが、10人いたら10人思うって。でも、少しずつ分かってもらえればいいんだ、取りあえず警察の方に分かってもらって、その先友達一人に分かってもらって、みんなが分かってくれなくてもいいけれども、事実は知ってほしい。だから、とにかく警察の方にも本当のことは話しますと、話を聞いてもらいましたけれども、ですから、徐々に、うそじゃなかったんだということが分かってもらえれば、返済もちゃんとしているんだということが、お金も隠して持ってないということが、少しずつ分かってもらえればいいなと思ってます。
被告人の奥さんという立場上言いにくいとは思いますけれども、あえてお聞きするんですが、本件は非常に長い間、非常に莫大な金額でしたね。
 はい。
そこで、あなたにももちろん大いに責任あるんだけれども、公社を含めた市や国のほうでもっと注意してればという気持ちが内心あるんじゃないですか。その点はいかがでしょうか。
 正直に申し上げますと、ないとは言い切れません。ただ、それは一番先に気づくべきなのは私なんですね。それが分からなかった、気が付かなかった、そこが一番大きな問題だと思うんです。

0

2007/11/25  22:33

51億円事件第5回公判(平成8年1月18日)その1  安中市土地開発公社事件クロニクル

平成7年(わ)第333号
証人尋問調書(第5回公判調書)平成8年1月18日
多胡春美(42歳)会社員 群馬県高崎市上小塙町XXXX
尋問及び供述

主任弁護人  ※穂積始弁護士
あなたが結婚したのが昭和53年ですね。
 はい。
当時は高崎でお住まいをしたと。
 はい、そうです。
それから、今度は安中のほうへ移転したということですね。
 はい。
結婚した当時から、多胡さんはマージャンをしてたんですか。
 はい、ほとんど毎日してました。
マージャンでもうけたとお金をもらったのは、いつごろなんですか。
 結婚してしばらくたってからです。
一年ぐらいたってからもらったということですか。
 はい。
どのぐらいもらったのかな。
 最初は、マージャンということですから、金額は少なかったと思います。何万という単位だったと思います。
要するに、生活費以外に、マージャンでもうけたというんでもらってたぐらいね。
 はい。
競馬でもうけたというんで、もらったこともある。
 最初のころはなかったですけれども、どのぐらいから競馬になったのかが記憶にないんですけれども、結婚してしばらくたってからだと思います。
58年にベンツ買ってますね。知ってる。とにかく外車買った。
 多分間違いないと思います。
そのお金をどこから工面したか、分かりましたか。
 いいえ。
全然分からなかった。
 はい。
すると、マージャンでもうけたとか、競馬でもうけたとか、その程度だったんですか。
 そうです。はい。
マージャンのレートというか、結構高いんですか。調書上はうんとレートが少ない調書になってますけど、実際どうなの。
 実際は、幾らが高いのか、幾らが安いのかは分かりませんけども、高かったと思います。
あなたもマージャン荘に勤めてたことあるね。
 はい。マージャンはできませんけれども。
大体一日うまくいくと30万とか50万もうけるとかいうレートでやったということは知ってた。
 はい。
その中から、もうけてあなたにやったということかな。
 はい。
59年に自宅を新築しましたよね。
 はい。
土地は、あなたの土地ですね。
 はい。
相続でもらった土地ですか。
 はい。
自宅を新築した、そのお金はどういう形で工面したか。
 それは銀行で借り入れたと思います。
記録を見ますと、60年の3月までは横領してお金をもらったということらしいですけれども、それは別としても、その金は使ってないかな。
 分かりません。
それから、57年かな、8年かな、あなたが喫茶店をやることになりましたね。
 はい。
なんという名前ですか。
 チャリンコです。
人がやった喫茶店といか、これ、喫茶店じゃなくて、カラオケとかなんかのスナックか何か。
いいえ、喫茶店です。
を引き継いでやったわけですね。
 要するに借りて。
それは何年ごろ。
 57年だと思います。
そのときは、けっこう収入がありましたか。
 はい。お客さんはかなり来ていただきました。
自分で食べる分ぐらいは収入があったわけね。
 はい。
にもかかわらず、58年、9年かな、だんだん本人からお金が、生活費というのは別としても、多くくれることになりましたね。
 はい。
これに対しては、あなたは不思議に思いませんか。
 ちょうど景気のいい時期というんですか、株が上がってきたとか、例えば競馬に行ったとか、そういうことで、何ら不思議には思いませんでした。注意すればよかったんでしょうけれども、そういうことは考えたことがありませんでした。
本人の給料で売り買いしたとかという感覚だったのね。
 はい。
それから、あなたが土地を買って、現在の喫茶店珈琲ぶれいく、喫茶店を買ったのは、63年。
 そのころだったと思います。
そのお金は、どうしたんですか。
 それも、借入を起こしてます。
上物については。
 それは特に記憶にないんですけれども、建築を頼んだ先が主人の親戚ということで、割と意識して考えなかったんですね。主人とその工務店との話合いで始めたものですから。
そのお金はどこからきたか。当然、市役所の収入では、買える、また建築はできないわけな。
 はい。
ですから、どこからそういうお金がきたと、これについては疑問に思いませんか。
 例えば株でもうけたとかという話、100万もうけたら100万もらったという感覚がなかったんですね。ですから、主人も少しずつそういうものを蓄えているんだろうという感覚しかなかったんですね。
それから、だんだん金額が増えてますね。
 はい。
平成4年には、40万とか50万とか、次は60万とか、最後は100万ぐらい月々もらったということになってますね。
 はい。
それから、家屋の改装ですね。それからお姉さんが今住んでいる土地を購入したとか、リゾートマンションの利用権を買ったということですね。
 はい。
そのお金がどういう形で入ったか、全然不思議に思ってませんか。
 私がチャリンコをやめるころから、骨董品を買うことを控えて、売ることに重点を置くと思ってたんです。ですから、今まで少しずつ蓄えたものが、それを処分することによって、そういうことができるのかなと思ってしまったんですね。
チャリンコとか珈琲ぶれいくのお客さんから、骨董品の売買の話とかということは見たり聞いたことあるのかな。
 はい。お客様も、例えば商品を見て欲しいという感じ、私には商品のこと分かりませんから何とも言えませんけれども、実際に欲しいと言う方が見えたりしてたもんですから、そういう売買があるものと思ってました。
だから、そういう生活もできるというようなことだったんですね。
 はい。
現在の段階で、あなた自身がもう少し気を付ければという気持ちは、現在どうですか。
 事件を知ってから、今までいろんなことを言われてきました。奥さんが知らないはずはないというのが、最初はそれに反発したんですけれども、最近は、やはりそれが正しいと思います。私の注意が足りなかったと思います。
あなたが注意すれば、どこからお金がくるんだとか、どういう形のお金だとか注意をすれば、こういう事件を途中でやめることもできたかもしれないな。
 はい。
これは、あなた自身も責任があると、現在は思ってますね。
 はい。
ところでこの事件が発覚して分かったのはいつごろですか。
 主人から話を聞いたのは、(平成7年)5月の29日です。
で、30日に、これは長野から電話があって、あなたが飛んで行ったと。
 それは29日です。
それから、30日に帰ってきて、どうするかというんで相談したわけな。
 はい。
で、31日ですか、田中先生と私のところへ来られたということですかね。 ※田中善信弁護士
 はい。
で、夕方、多胡さんと、あなたと、弟さんかな、来まして、これは市長さんに全部報告しちゃうよという話だよね。
 はい。
その上で処分を受けて、それから自首したほうがいいよという話をしたのね。
 はい。
で、明くる日また来ましたね。
 はい。
その段階で、弁護をお願いしたいと。
 はい。
是非自首をしたいということだったよね。
 はい。
その段階で、現金、骨董品、これは全部移動しちゃいけないよと私から言われて、そのまま置いたと。
 はい。
で、(平成7年6月)2日に出頭する際、私の都合で午前中行けないんで、午後出頭したと。
 はい。
これは間違いないな。
 はい。
ところが、2日に市長から警察のほうへ通報があったということだったね。
 はい。
多胡さんが一時半に行くからという通報があったと。
 はい。
知ってますね。
 はい。
で、出頭したと。
 はい。
この骨董品の売買につきましては、あなたが売買ができないという形で、これを全部私に任せたということですね。
 はい。
で、全部売却したということですね。
 はい。
残った分はありますね。動産、株券とか。
 株券は処分できましたね。
結局白水カントリーの会員権が任意解約できないというんで売れなかったというのが一つと、もう一つは、リゾートの利用権ですか、二つありますね、ハワイとサイパンかな、これは売れなかったと。
 はい。
それ以外は全部換価したということですね。
 はい。
その報告は私から聞いてますね。
 はい。
それを全部換価して、通帳入れて、支払ったというのね。
 はい。
で、800万円現在残ってると。これ、知ってますね。
 はい、分かりました。
それから、残った分ありますね。
 はい。
これはどういうふうに考えてるの。不動産ね。
 これは穂積先生と田中先生にお願いするより仕方ないと思います。
家屋が二棟、これは自宅のほうですね。それから珈琲ぶれいくの場所に喫茶店と倉庫があるということですね。
 はい、そうです。
その下の土地は、あなたの名前ですね。
 はい、そうです。
それについては、どう思う。
 一応それも先生にお願いして、処分の方向を決めていただきたいと思ってます。
とにかく、あなたの持ってる財産、それからあなたの名義で持った財産は、全部やっておきたいという気持ちですね。
 はい。
通常、ここまできますと離婚ということも考えられるんですけれども、その気持ちが全くないらしいですね。
 ありません。
どういう形ですか。今の心境は。
 離婚については、全く考えておりません。やはり先ほども申し上げましたように、私の責任というものが大きかったと。やはりこの事件は私にも責任があると思います。
だから、これは離婚しないで、本人が出るまで待ってるという気持ちでいるんだということですね。
 はい。
0

2007/11/25  22:32

51億円事件第4回公判(平成7年12月ごろ)  安中市土地開発公社事件クロニクル

平成7年(わ)第333号
被告人供述調書(第4回公判調書)平成7年12月ごろ

検察官
〔請求(甲)証拠番号190の借入申込書一枚を示す。〕
これの理事長印はだれが押しましたか。
 私が押しました。
これの借入金額欄の数字はだれが記入したものですか。
 私が記入しました。
〔検察官請求(甲)証拠番号191の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約証書一枚を示す〕
これの金額欄の「弐億」という字は、だれが書き加えたものですか。
 私です。
〔検察官請求(甲)証拠番号200の借入申込書一枚を示す〕
この文書は、だれがワープロで作成したものですか。
 私です。
この理事長名の横にある公印は、だれが押しましたか。
 私が押しました。
〔検察官請求(甲)証拠番号201の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約証書一枚を示す〕
これの金額欄の「弐億」という字は、だれが書き加えたものですか。
 私が書きました。
〔検察官請求(甲)証拠番号210の借入申込書一枚を示す〕
これは、だれが作成したものですか。
 私です。
理事長名の横にある公印は、だれが押しましたか。
 私が押しました。
〔検察官請求(甲)証拠番号211の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約証書一枚を示す〕
これの金額欄の「四億」という文字は、だれが書き込んだものですか。
 私です。
〔検察官請求(甲)証拠番号220の借入申込書一枚を示す〕
これは、だれが作成しましたか。
 私です。
理事長印は、だれが押しましたか。
 私が押しました。
〔検察官請求(甲)証拠番号221の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約書一枚を示す〕
これの金額欄の「四億」という字は、だれが書き加えたものですか。
 私です。
〔検察官請求(甲)証拠番号230の借入申込書一枚を示す〕
この文書は、だれが作成したものですか。
 私です。
理事長印は、だれが押しましたか。
 私が押しました。
〔検察官請求(甲)証拠番号231の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約証書一枚を示す〕
これの金額欄の「壱億」という字は、だれが書き加えたものですか。
 私です。
〔検察官請求(甲)証拠番号248の日記帳中の平成二年四月一六日付け普通預金入金票一枚を示す〕
これの金額欄の「30000」という数字を書いたのはだれですか。
 私です。
「安中市土地開発公社理事長湯浅正次」とのゴム印は、だれが押したものですか。
 私が押しました。
「特別会計」という字は、だれが書いたものですか。
 私の筆跡です。
〔検察官請求(甲)証拠番号249の普通預金印鑑票一枚を示す〕
これのおなまえ欄にある「安中市土地開発公社理事長湯浅正次」とのゴム印はだれが押したものですか。
 私です。
これの届出印鑑欄にある理事長の公印は、だれが押したものですか。
 私が押しました。
以上
0

2007/11/25  22:31

51億円事件第3回公判(平成7年11月ごろ)  安中市土地開発公社事件クロニクル

平成8年(わ)第333号
被告人供述調書(第3回公判調書)平成7年11月ごろ

検察官
〔検察官請求(甲)証拠番号147の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約証書一枚を示す。〕
これの金額欄の「参億」という文字は、だれが記入したものですか。
 私です。
これの理事長公印と市長公印は、だれが押しましたか。
 理事長印は私です。市長印につきましては、秘書課の秘書係長です。
借主欄にあります理事長印の公印、これはだれが押したものですか。
 私です。
〔検察官請求(甲)証拠番号148の借入申込書一枚を示す〕
この文書は、だれが作成したものですか。
 私です。
この理事長名横の理事長印は、だれが押しましたか。
 私です。
〔検察官請求(甲)証拠番号164の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約証書一枚を示す〕
これの金額欄の「壱億」という文字は、だれが記入したものですか。
 私です。
これの理事長公印と市長公印は、だれが押しましたか。
 先ほどと同じで、理事長は私です。市長印につきましては、担当の係長です。
〔検察官請求(甲)証拠番号165の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約証書一枚を示す〕
これの金額欄の「八千」という文字は、だれが記入したものですか。
 私です。
これの理事長公印と市長公印についてはどうですか。
 理事長印は私が押しました。市長印につきましては、担当の係長です。
〔検察官請求(甲)証拠番号166の借入申込書一枚を示す〕
この文書は、だれが作成したものですか。
 私です。
理事長印はどうですか。
 私が押しました。
〔検察官請求(甲)証拠番号180の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約証書一枚を示す〕
これの金額欄の「弐億」という文字は、だれが記入したものですか。
 私です。
これの理事長公印と市長公印はどうですか。
 理事長印は私が押しました。市長印につきましては、担当の係長です。
〔検察官請求(甲)証拠番号181の借入申込書一枚を示す〕
この文書は、だれが作成したものですか。
 私です。
理事長印はどうですか。
 私が押しました。
以上
0

2007/11/25  22:29

51億円事件第2回公判(平成7年10月ごろ)  安中市土地開発公社事件クロニクル

平成8年(わ)第333号
被告人供述調書(第2回公判調書)平成7年10月ごろ

検察官
〔検察官請求(甲)証拠番号116の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約証書一枚を示す〕
これは、あなたが、群馬銀行安中支店に持ち込んだものですか。
 はい。
これの、金額欄、使途欄、最終弁済期欄、弁済方法欄、これはあなたの字ですか。
 そうです。
借主欄にあります理事長の公印、これはだれが押したものですか。
 私です。
市長の公印はだれが押したのですか。
 横田さんです。
〔検察官請求(甲)証拠番号117の借入申込書一枚を示す〕
これは、あなたが群馬銀行安中支店に持ち込んだものに間違いないですね。
 間違いございません。
これは、だれが作成したのですか。
 私です。
これの理事長の公印はだれが押しましたか。
 私が押しました。
〔検察官請求(甲)証拠番号126の借入申込書一枚を示す〕
これも、あなたが群馬銀行安中支店に持ち込んだものに間違いないですね。
 間違いございません。
これは、だれが作成したものですか。
 私です。
これの理事長の公印はだれが押しましたか。
 私が押しました。
〔検察官請求(甲)証拠番号129の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約証書一枚を示す〕
これも、あなたが持ち込んだものに間違いないですか。
 はい。
これの、金額欄の「六億」という字は、だれが記載したものですか。
 私です。
あなたが書き加えたものですね。
 はい。
以上
0

2007/11/25  22:19

51億円事件第1回公判(平成7年9月18日)  安中市土地開発公社事件クロニクル

平成7年(わ)第333号
被告人供述調書(第1回公判調書)平成7年9月18日

検察官
〔請求(甲)証拠番号19の借入申込書一枚を示す。〕
このワープロの印字は、あなたがしたものですか。
 はい。
これの「安中市土地開発公社理事長小川勝寿」の横にある理事長印は、誰が押捺したものですか。
 私が押捺しました。
間違いありませんか。
 間違いありません。
〔検察官請求(甲)証拠番号20の金銭消費貸借契約証書兼連帯保証契約書一枚を示す。〕
この金額欄、使途欄、最終弁済期欄、及び弁済方法欄、これらの字はだれの字ですか。
 私の字です。
あなたが記入したものですか。
 はい。
借主欄、保証人欄の理事長あるいは市長のゴム印は、だれが押捺したものですか。
 私が押しました。
借主欄にある理事長の公印はだれが押捺しましたか。
 私が押しました。
保証人欄にある市長の公印はだれが押捺しましたか。
 それは横田氏が押しました。
以上
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ