2009/2/28  21:16

政官癒着の権化・税金ムダ遣いの象徴/カネまみれ八ッ場ダム物語  八ッ場ダム問題

■八ッ場ダムはすでに、3000億円以上の予算を注ぎ込んでいるにも関わらず、まだ本体関連事業に、本格的に取り掛かれておりません。今後の本体関連事業費に加え、生活再建関連事業費などを加えると、総額1兆円を超えるとも言われている世紀の税金無駄遣いプロジェクトは、巨額の利権の固まりでもあります。そのため、その内部や背後では、いろいろなことが起きています。今回は、「八ッ場ダム物語」と題して、平成19年当時、当会に寄せられた地元関係者からの衝撃的な情報をご報告します。

当会はこの情報を市民オンブズマン群馬に伝え、気骨のあるジャーナリストの協力を得て、数度にわたる現地調査を重ね事実関係を把握したうえで、平成19年2月に県庁の刀水クラブで記者会見を開くとともに、国交省の八ッ場ダム工事事務所に公開質問状を提出しました。とりわけ重要事項である、地元の神社移設に伴う、所有権移転登記について、公文書偽造等のルール違反の経緯について、国の見解を質しました。しかし、登記簿に「錯誤」と記載しただけで、とりあえず所有権は村に戻しましたが、国がやることはすべて法律に基づいているという理屈で、違法不当な手続きはいっさいしていないという趣旨の回答でした。

ダム建設のような巨額の利権を伴う公共事業には必ず、こうしたウラ事情が存在します。ここで報告する内容は、決して八ッ場ダム事業だけの特殊な出来事ではなく、全国津々浦々の大規模公共事業では大なり小なり、こうした話があるという意味で、参考になれば幸いです。
続きを読む
25



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ