2009/4/5  23:55

エイプリル・フールに岡田理事長=市長から公開質問状の回答届く  土地開発公社51億円横領事件

■平成21年2月17日に岩野谷公民館で開催された地区別懇談会で、最後に時間切れ寸前に、当会は岡田義弘市長兼安中市土地開発公社理事長に6項目の公開質問状を提出しておりました。その後、2月20日付で書面による回答延期通知が来ました。その後、一ヶ月以上経過しましたが、何の音沙汰もありませんでした。ところが、年度が変わった途端、突然、安中市と土地開発公社から2つに分けて回答書が送られてきました。回答書の日付けが3月31日になっていることから、エイヤーっとばかりに、放り出した格好です。4月1日に届いたことから、エイプリル・フールかと一瞬思ってしまいました。

 まずは、当会の質問に対する安中市・公社の回答内容を見てみましょう。

*********
【安中市土地開発公社に係る公開質問状の回答について】

質問1.公社が被った損失の責任は、歴代の公社役員や職員にあると考えられます。なぜ、そうした人たちへの責任の所在追求を行わないのですか。

公社回答)公社が被った損失の責任は、ひとえに有印公文書偽造、同行使、有印公文書変造、同行使、詐欺を行った元職員であると考えます。刑事及び民事ともに司法の判断を仰ぎ、判決(和解)も出ており、関係職員の処分も行われていることから、既に決着していると認識しています。

質問2.群馬銀行との和解条項を、さらに10年間継続するということですが、市民には事件の経緯が分かりません。公社にも落ち度があり、その責任は上記1項で追及されるべきと考えますが、群銀の責任についてももっと、市民に明らかにして、あらためて、群銀との裁判を視野に入れた行動をとるつもりはおありですか。

公社回答)和解を受け入れておりますので、現時点においては(株)群馬銀行に対して裁判を視野に入れた行動をとるつもりはございません。

質問3.元職員は、すでに仮出所したとの情報もあるようですが、公式には、いつ刑期を終えるのでしょうか。

公社回答)個人情報に該当することから回答できません。

質問4.元職員の出所を機会に、元職員およびその関係者らへの損害賠償請求をどのように行う予定ですか。

公社回答)本人の所在を確認して損害賠償を請求する方針です。元職員に対し、現在は22億821万1500円の損害賠償請求権が残っています。

5.公社の損失は、市とは別法人である公社に解決の責任があると思いますが、元職員が正規な手続きを踏まずに購入したりした土地を、なぜ買い取ろうとしているのですか。

安中市回答)市が土地開発公社から収得する土地は、先行収得依頼した土地です。

6.元職員から絵画や骨董品をもらった安中市の関係者はたくさんいたようですが、彼らに返還を求めましたか。

公社回答)ご指摘の点につきましては、把握しておりません。
**********

■それでは、それぞれの質疑応答について分析してみましょう。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ