2009/4/6  1:55

【世界は今】北朝鮮のロケットと千葉のハゲコウ+千葉刑務所の大サギの話  国内外からのトピックス

日本中が北朝鮮のロケット打ち上げで騒いでいた頃、千葉市若葉区では、大トリ物のまっ最中でした。北朝鮮のロケットは11時50分ごろ太平洋に自分で落ちましたが、千葉では、午後2時半ごろ、ようやく獲物が落ちました。

 この獲物の名前は、ハゲコウ。アフリカに広く分布するのでアフリカハゲコウと呼ばれます。体を表すその名前には、個人的にもたいへん親近感?をもっているのですが、4月2日の午後、関東で吹き荒れた強風により浮力を得た雌のハゲコウが、飼育されていた千葉市動物園から飛び立ちました。とはいっても、その後3日間は、動物園から半径1キロ以内を転々としていたようですが。

 せっかく塀の外に出たのに、わずか3日で御用となったハゲコウ。アフリカでは、広々とした空や森を自由に飛び回っています。

 写真は、ケニアのナイロビ市内の緑地で、営巣しているハゲコウ軍団。大きな木の上に、たくさん巣をつくり、日が暮れ出すと、木の上の巣にもどってきます。昼間は、近くのサッカー場を歩き回って、えさ探し。体長が人間の背丈もあるため、近くで見ると迫力があります。
クリックすると元のサイズで表示します
↑人家のすぐ脇の木の上で群れをなすハゲコウ(ナイロビ、08年7月撮影)↑

クリックすると元のサイズで表示します
↑樹上で営巣するハゲコウの群れ↑

クリックすると元のサイズで表示します
↑近くのサッカー場や公園で、ミミズをついばむハゲコウの群れ↑

 千葉で脱走したハゲコウは、体長120センチ、体重6キロと小柄だったようです。

 ところで、千葉市動物園は、千葉市若葉区にあります。若葉区と言えば、我らが安中市役所が生んだ史上最大の巨大サギが1996年4月からお世話になっている千葉刑務所があります。脱走したハゲコウが、もうあと1キロ半、南に飛べば、また塀の中だったのに。やはり、自ら塀の中には落ちたくなかったのでしょうね。

 安中出身の大型サギが仮出所さえしてなければ、ハゲコウとの大トリ同士の出会いがあって、大トリ物に花を添えたかもしれませんね。

<ハゲコウ>
分類:脊索動物門 鳥綱 コウノトリ目 コウノトリ科
学名:Leptoptilos crumeniferus
英名:Marabou stork
特徴:アフリカ全域に分布し、草原や湿地などに群れで暮らしています。ハゲコウの仲間は数種が知られますが、いずれも首と頭部の皮膚が裸出しており、これはハゲワシなどと同様、腐肉を食べるときの衛生上の問題に対処しているものです。カエルやヘビなどを自力で捕らえて食べることもあるようです。寒さには弱いようで、千葉市動物公園では冬季の間室内に収容しています。ハゲコウも春を待ちかねていたんですね。

【日本産ハゲジイ】
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ