2009/4/11  7:58

51億円事件の真相をタゴにきくため千葉刑務所を訪れた当時の模様  安中市土地開発公社事件クロニクル

■当会では、地方自治体としては、国内で最大級の巨額詐欺横領事件であるタゴ51億円事件の真相解明のため、合計4件の住民訴訟を提起してきました。このうち、タゴ51億円事件の温床となった安中市土地開発公社のずさんな土地保有と固定資産税の不課税について、タゴが原市の芝原団地の一区画を隣接土地所有者の市民の名義で勝手に登記して、土地ころがしをしていた事実の真相を明らかにするための裁判を通じて、タゴと面会しようとしたことがあります。

 この平成9年(行ウ)第1号違法確認請求事件として審理されたこの住民訴訟では、事件発覚から3年後の平成10年(1998年)5月8日(金)午後4時から、前橋地裁3階の3号和解室において第9回公判が開かれました。この口頭弁論の最後のほうで、被告中島市長(当時)の訴訟代理人の渡辺明男弁護士は、唐突に、「本件は、公拡法第5条が一番問題になっている。そこで実は、刑務所に服役中の多胡邦夫に面会してみようかと思っている」と裁判長に提案しました。

■このとき、田村洋三裁判長は、渡辺弁護士に「当人がどこの刑務所に居るのか分かっているのか?」と問うと、渡辺弁護士は自信たっぷりに「千葉刑務所と聞いている。これまでに既に市税務課の職員が二、三度、千葉刑務所に行って、タゴに面会しようとしたが会えなかったというので、今度は自分が行って面会し、証言を取りたい」と言いました。「多分、断られるだろうが、ぜひやってみたい」と渡辺弁護士は、力を込めて言いました。

 田村裁判長は「どれくらい(時間があれば)行って来られるか?それによって次回の公判の日取りを決めたい」と渡辺弁護士に尋ねました。同弁護士は「6月の頭に(千葉刑務所に)行きたい」と予定を述べました。

 これに対し、原告側として当会も、多胡受刑者への面会の必要性を痛感し、同受刑者の服役の様子などもさぐるため、急きょ翌5月9日(土)、千葉刑務所を訪れました。このときの模様は、当会が月間で発行していた安中市民通信「まど」1998年5月20日第29号の6ページと7ページに掲載したので、次に引用します。

クリックすると元のサイズで表示します
↑千葉刑務所正門。これは記事掲載当時ではなく、後日撮影されたもの。↑
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ