2009/4/16  1:28

アニータ事件とタゴ事件、こんなに違う責任追及のやり方  他の自治体等の横領事件とタゴ51億円事件

■通称「アニータ事件」と呼ばれるのは、青森県住宅供給公社を舞台にした巨額横領事件ですが、同事件では、同公社の元経理担当主幹千田郁司が1993年2月から2001年まで計約14億5900万円を横領しました。事件の規模は、安中市土地開発公社を舞台にしたタゴ51億円事件に比べると、犯行規模は約3.5分の1に過ぎませんが、マスコミでの報じられ方は、何十倍にもなりました。

 この事件は、2001年9月11日の米国での同時多発テロをきっかけに、日本政府が我が国から海外に出て行ったカネの流れを調べたところ、青森県から南米チリに対して高額な送金がたびたびあるのがわかり、その連絡を受けた仙台国税局が、青森県住宅供給公社の税務調査をしたところ横領が発覚したものです。横領は1993年2月から始まりましたが、公訴時効のため1994年10月以降の計約14億4600万円が起訴されました。千田郁司は青森市の飲食店で知り合ったチリ人女性アニータ・アルバラードと結婚した1997年から横領額が急増し、約11億円がチリ人妻に渡ったとされています。

クリックすると元のサイズで表示します
↑3月31日に解散し、今後3年間清算業務を続けることになった青森県住宅供給公社↑

クリックすると元のサイズで表示します
↑県合同ビル内の各階案内板。最上階の8階に公社がある。↑
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ