2009/4/18  9:41

安全無視の突貫工事で国道に落とし穴を作った?ガスパッチョ東京ガス  東京ガス高圧パイプライン問題

■安中市民にとって、高崎方面に通勤、通学あるいはショッピングに利用する大切な生活道路であり、首都圏の交通や産業にとっても重要な動脈である国道18号線。私たちの国有財産であるその国道を、沿線住民に説明もなく勝手に掘削していた東京ガスがあろうことか、大型トラックや乗用車がひっきりなしに走る道路の下に、大きな落とし穴までこさえていたとなると、大変なことです。

 当会会員の皆さんも、陥没現場の走行車線を毎日、車で通行しておりますが、あやうく北海道のゴルフ場で4月2日(木)に起きた陥没事故で、家族の目前で女性が転落死した事故の二の舞になるところでした。

 4月16日に発生した今回の国道陥没事故では、未明だったこともあり交通量も少なく、幸いけが人も出ず、物損事故だけで済みましたが、事故にあった人は度肝を抜かれ、肝を潰したことと思います。

■東京ガスが作ったかもしれない落とし穴に軽自動車が車輪を取られた場所は、安中と高崎を結ぶ国道18号の群馬県高崎市藤塚町47番地先の上り2車線の歩道側の走行車線です。道路情報によれば、4月6日の午後9時から4月24日午前6時まで、東京ガスが高圧ガス導管敷設工事を行っていました。しかし、どうして、落とし穴ができたのでしょうか。4月17日の朝刊各紙の記事の内容をみてみましょう。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ