2009/4/29  10:58

陥没事故の責任を認めたがらないガスパッチョ東京ガスの生返事  東京ガス高圧パイプライン問題

■4月16日の陥没事故について、4月18日付で、公開質問状を東京ガスの社長や広報部、そしてCSR・コンプライアンス室あてに郵送し、写しを東京ガス群馬支社の建設事務所長あてにFAXと郵送で提出していたところ、4月28日の午前9時49分に、東京ガス群馬幹線建設PTからFAXで次の内容の回答がありました。

**********
平成21年4月28日
小川賢様
  東京ガス株式会社 群馬幹線建設事務所
平成21年4月18日付貴公開質問状に対する弊社回答
 拝復 陽春の候、貴殿ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、平成21年4月18日付貴公開質問状について、下記のとおり回答申し上げます。  敬具
     記
1. 貴公開質問状1)について
 明確な因果関係は判明していないものの、周辺の埋設物の状況、陥没の位置や形状などの状況から、弊社のシールド工事がこのたびの陥没の原因のひとつとして影響している可能性は否定し得ないと考えております。
2. 同2)について
 推進工法とシールド工法では覆工(トンネル部の躯体)の構築方法が異なりますが、基本的な地中での掘削方法は同様の工法と位置付けられます。
3. 同3)について
 弊社では施工要領や図面等の資料等を外部に開示しない扱いとなっておりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
4. 同4)について
 渋滞の影響を受けた車両数及び1台あたりの平均渋滞時間に関するデータは所有しておりません。
5. 同5)について
 陥没事故発生まで、弊社にて実施したパトロールや測量による路面状況調査において異常は確認されておりません。検査要領等につきましては、上記3)と同様の扱いとなっておりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
6. 同6)について
 過去に弊社が発注したシールド工事において、道路が陥没したとの報告はございません。
7. 同7)について
 シールド工事の元請会社は、住友金属パイブエンジ株式会社であり、事故発生時の通報体制は施工要領にて取り決めがなされております。なお、各種責任者の個人名については回答を控えさせていただきます。
8. 同8)について
 弊社の工事がこのたびの陥没の要因のひとつとして影響しているものであれは、今後このような事故が発生することのないよう、一層の注意、努力をして参りたいと考えております。
9. 同9)および10)について
 これまで貴殿より賜りましたご要望及びご要諸に対しまして、弊社より再三にわたり、書面、ご面談及び工事説明会等にてご説明申し上げて参りましたとおりでございます。  以上、
     連絡先 渉外課 課長 ・・・・電話 027-327-5488
**********

クリックすると元のサイズで表示します
↑シールド工事の発進抗が設置されていると思われる国道18号線脇の旧パチンコ宝塚跡地にある住友金属パイプエンジの資材置場兼高圧ガス導管加工場。この土地を借りられたことから、東京ガスは国道沿いの開削工法から国道直下1.4kmのシールド工法に変更したとみられる。当初は、途中、板鼻堰用水路、八幡大門交差点の雨水幹線、豊岡交差点だけをそれぞれ推進工法とする予定だった。一気にトンネルを掘ったため、シールドマシンも途中で先端の掘削用ビット(刃)を交換したという。しかし空洞検査は全線に掛けて実施しておらず、他にも空洞があるのではないかと懸念される。↑

■それでは、当会が提出した公開質問状と、東京ガスの回答内容を、それぞれの項目ごとに見てみましょう。

続きを読む
13



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ