恐るべし多胡運輸・・・ローリー炎上事故の痕跡を首都高に払拭させた21年度決算報告  首都高炎上とタゴ運輸

■株主総会ラッシュだった先月6月26日(金)に、首都高速道路株式会社でも第4回定時株主総会が開催されました。ただし、株主といっても、国土交通大臣(49.99%)、東京都(26.72%)、神奈川県(8.28%)、埼玉県(5.90%)、横浜市(4.45)、川崎市(3.82%)、千葉県(0.80%)の持分ですから、ホテルの大会議場を借り切って、と言うわけではなく、霞ヶ関の本社の小さな会議室でこじんまりと開かれたことでしょう。

 そこでの報告事項は、前年同様、首都高にとって第4期目となる平成21年度の事業報告、連結決算書類及び計算書類の内容報告、会計監査人及び監査役会の連結決算書類監査結果報告でした。また、決議事項は第1号議案「剰余金の処分」、第2号議案「取締役選任」、第3号議案「退任取締役に対する退職慰労金贈呈」の件でした。

■首都高では、株主総会の前に、6月11日に決算説明会を開いており、ここで平成21年3月期の連結業績を発表しました。

クリックすると元のサイズで表示します
多胡運輸で勢揃いする出光の石油タンクローリーと、出光系のアストモスLPG運搬車。首都高からの45億円の請求圧力も跳ね返す多胡運輸のバリアーの底知れぬ不気味さは、やはり政治圧力からか。
続きを読む
8




AutoPage最新お知らせ