2009/11/28  23:29

柳川喜郎・岐阜県前御嵩町長の体験談から見える群馬県西毛地区のサンパイ場計画の深刻さ  全国のサンパイ業者が注目!

■11月28日(土)午後2時から、高崎市東町の労使会館3階で、「今、産業廃棄物処分場を考える」学習・交流会が開催されました。目玉は、あの有名な、柳川喜郎・岐阜県前御嵩町長による講演です。さっそく、出かけて見ました。

 この催しについては、あらかじめ、当会の会員から開催情報の連絡がありましたが、その後、安中市内でも回覧板で通知があったのには驚きました。これまで、サンパイ問題で、回覧板で通知が回されたのは、今年3月に岩野谷地区の区長会名で、初めてチラシが回覧されたのが唯一だったからです。

 会場の3階大ホールには、主催者の関係者も含め、約150名ほど集まりました。呼びかけ人は、県議の後藤克己氏と角倉邦良氏、それに高崎市議の山田行雄氏となっていました。このほかにも、開催前に、参加議員関係者の紹介があり、三宅雪子代議士の秘書、富岡代議士の代理人、関口県議、安中市からは茂木英子県議と高橋由信市議、そのほか、高崎市議数名らの名前が呼ばれました。

クリックすると元のサイズで表示します
盛況だった講演会の会場の様子。
続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ