2009/12/31  10:46

多胡運輸横転炎上事故から1年半…中間決算から見えてくる首都高の炎上事故の尻拭いの転嫁先  首都高炎上とタゴ運輸

■平成20年8月3日午前5時50分頃、首都高速5号池袋線(下り)熊野町ジャンクション付近においてタンクローリーの横転炎上による火災事故が発生いたしました。この事故は首都高速道路として、かつてない大事故でした。首都高速道路株式会社では早期復旧に向け、昼夜兼行の作業を進めた結果2ヶ月半後の同年10月14日12時までに上下線とも全面開通しました。

 その日、同社の佐々木克己代表取締役社長は、記者会見で、「8月3日の事故発生から全面開通に至る2ヶ月半、多くの方々にご迷惑をお掛けいたしましたが、このことを深くお詫び申し上げると共に、復旧に向けご協力いただきましたお客様、24時間の工事にご理解いただいた沿道の皆様、及び関係機関の皆様方に心より感謝とお礼を申し上げる次第であります。」と述べるとともに、「また、復旧工事費や本事故による通行料金の減収額については、今後精査の上、原因者に請求していく予定です。」と決意表明しました。

 あれから、早くも15ヶ月近く経過していますが、首都高はまだ、原因者である多胡運輸や元請のホクブトランスポートに対して、請求をした形跡が見られません。さらに言えば、請求する気配も見えません。あと15カ月間請求しないと時効になる恐れがあります。
続きを読む
3

2009/12/28  18:00

安中市議会からの「議会軽視」クレームに「反省」知らずの岡田市長のワンマンぶり  困ったちゃん岡田前市政

■四半期ごとに市議会が発行している「安中市議会だより」ですが、平成21年10月27日発行の第17号の最後の6頁目に、次の抗議文が掲載されたのをご覧になった市民の方もいらっしゃると思います。

クリックすると元のサイズで表示します
岡田市長と市議会のバトル(?)の発端となった「安中市議会だより」の記事。
続きを読む
4

2009/12/27  22:46

岡田市長の選挙戦略・・・旧安中高校跡地に40億円ものハコモノを建設する基本計画策定  安中市長選挙

■旧群馬県立安中高等学校の跡地に、選挙公約で二重に否定したにもかかわらず「ハコモノ」を「合併特例債」をフルに使って建設するために、巨額の事業費をつぎ込むプロジェクトが、岡田市長主導で着々と進んでいることは、11月29日の当会のブログで報告しました。

 これまでの経緯は、次の通りですが、僅か1年余りでこれほど素早く事が運ぶのも、イエスマンで周りを固めきっている岡田市政のなせる技と言えましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
多くの安中市民にとって、思い出の学び舎も、利権の道具として間もなく取り壊され、無用なハコモノが立てられようとしている。タゴ事件の103年ローンに加えて、40億円の合併特例債が安中市民にのしかかる。
続きを読む
4

2009/12/26  20:55

選挙モード全開の岡田義弘・安中市長の来年4月に向けたチラシ戦略(その5)  困ったちゃん岡田前市政

■安中市土地開発公社の理事長を兼務している岡田義弘安中市長は、来年4月11日投開票の安中市長選への2期目の出馬が取りざたされています。このため、例年より早く、今年の9月13日を手始めに、これまでに、9月25日、10月18日、11月23日と、毎月平均1回以上のペースでチラシを新聞折込しています。

 11月24日のブログ記事で、当会は、「毎月1回程度のペースのようなので、次回は、12月23日の天皇誕生日の祝日か、その前後の日曜日あたりが予想されます。12月25日は群馬銀行へのあらたな今後10年間の和解金支払いの第1回目にあたるので、タゴ事件の真相に触れたチラシ記事が執筆されるかどうかが、注目されます。」と占いました。すると、12月23日の天皇誕生日に、岡田義弘後援会の名前で、第148号のチラシが新聞折込みされ、当会の予想は的中しました。赤字は、前回と同じ部分を示します。

クリックすると元のサイズで表示します
岡田義弘後援会事務所と駐車場。大手組の協力を得て水田に、野殿ヒヤ坂の市道改良工事で出たカドミウム汚染の土を大量に埋め立てて農地法無視で造成。県道とは用水路を隔てていたため、裏にある狭い農道を隣接道路と偽って建築基準法の認可を不当に取得。なんでもありの群馬県政と安中市政のシンボリックな施設。
続きを読む
5

2009/12/25  21:07

メリークリスマス!タゴ横領の尻拭い2千万円を群馬銀行に支払う岡田市長の恩義とは  土地開発公社51億円横領事件

■一年前の明日となる平成20年12月26日に、安中市土地開発公社の岡田義弘理事長と、安中市の岡田義弘市長との間で、次の書面のやりとりがありました。

 これは、岡田市長が理事長を兼務する安中市土地開発公社が、群馬銀行にタゴの横領金の尻拭い金を支払うための債務保証をしたいとして、平成20年10月17日の政策調整会議で、公社から示された平成21年度から10年間、毎年12月25日に2000万円を支払うとした案で合意して、同年10月20日付け(安企発第17802号)で公社に通知したことを踏まえて、岡田公社理事長と岡田市長との間で交わされた“自作自演”同然の書面です。

クリックすると元のサイズで表示します
タゴに異常に接近していた職員らがいた群馬銀行にとって、預金量5兆円に比べれば、タゴ51億円事件は金額的には微々たるものだが、事件発覚直後は戦慄に怯えた忌まわしい出来事。しかし、安中市の幹部や政治家の戦慄が上回ってくれたおかげで、いまや、安中市が連帯保証してくれる公社からの和解金2千万円が支払われる12月25日は、まさに笑いの止まらない記念日。タゴ事件の真相に詳しい岡田市政が続く限り、安中市の財政は群馬銀行に牛耳られることだろう。
続きを読む
5

2009/12/23  23:58

野殿の切通し地区で東京ガスのパイプライン工事後に、またもや市道改良工事するの「怪」  東京ガス高圧パイプライン問題

■野殿地区で、一昨年の夏から生活道路や通学道路を掘り返して、超高圧のガスパイプラインを敷設してきたガスパッチョ東京ガスの群馬幹線T期工事も、どうやら終盤に向けて最後の調整段階にあるようです。

 しかし、東京ガスの工事に同意をした覚えのない大多数の安中市岩野谷地区住民にとって、ガス管埋設工事が終わったとはいえ、いまだに一部の仮舗装部分のデコボコ道にハンドルを取られそうになり、危険な運転を強いられているのは事実です。

 ところで、切通しにある野殿交差点から、北野殿に向かって、天神川のたもとまでの市道は、まだ、東京ガスがガス管を埋めた後、仮舗装のままとなっています。

クリックすると元のサイズで表示します
↑来年1月から3月まで、市道改良工事と称して大手組が施工予定の現場。東京ガスの高圧パイプラインが敷設後仮舗装のままとなっている。
続きを読む
5

2009/12/19  12:48

税金が政治家に流れムダな事業で談合した金がまた政治家へ…八ッ場ダムの利権スパイラル  八ッ場ダム問題

■利権の巣窟の八ッ場ダム問題で、「地元住民」とマスコミが呼ぶ水没関係5地区連合対策委員会の萩原昭朗委員長の名前が、相変わらず新聞やテレビで取りざたされています。いい加減に、地元住民という呼称をやめたらよいと思いますが、新聞マスコミ族議員の山本一太に多額の政治献金されていることを見ても、この問題の根深さを痛感させられます。

続きを読む
3

2009/12/17  23:40

オサカベ自動車の口利き道路を、理由説明書で否定してきた岡田市政の厚顔無恥  協立精工北の市道工事の摩訶不思議

■安中市岩井地区に進出を目指すオサカベ自動車のために口利き道路を作った岡田義弘市長に対し、口利きの事実を確認するために、当会では平成20年9月14日付で、次の内容の行政文書開示請求を岡田市長に行っておりました。

**********
【開示請求行政文書】
岩井地区の東邦亜鉛安中精錬所隣接地に、高崎市並榎町のオサカベ自動車が進出するための便宜を図るために、平成21年1月25日に市道岩35号線道路改良工事の入札で内田組が落札して工事が施工され、3月末までに終了したようだが、年度を過ぎてもまだ開通の気配がない。これについて、次の件に関する一切の情報。
@異例尽くしのこの事業手続きの背後に、地元では政治関係者あるいは政党関係者の口利きがあったとする未確認情報がある。よって、そうした口利きに関わる一切の情報。
**********

続きを読む
3

2009/12/16  23:52

新聞販売店に支えられる岡田義弘市長と山本一太参議員のキケンな献金コネクション  政治とカネ

■12月2日に興味深いブログに出会いました。http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/archive/2009/12/2

 【不思議発見!】山本一太議員へ不適切な献金の可能性? と題するこのブログは、冒頭に「山本一太議員と新聞販売店」という見出しからはじまります。

続きを読む
5

2009/12/15  23:54

広報あんなか12月号で市税滞納整理強化月間を掲げた岡田市長とタゴ和解金  土地開発公社51億円横領事件

■今年もあと残すところ半月となりました。先日、市内全戸に配布された広報あんなか12月号の4ページ目に「12月は“市税滞納整理強化月間”」と題する記事が載りました。どうやら、市民税の滞納額が目に余るほどひどくなっているため、市税滞納整理許可月間と銘打って、格好だけつけるようです。

 安中市の税務業務は、タゴ51億円事件で露呈したように、課税台帳の改竄だらけで、裏では何でもありの状況にありました。タゴ事件直後は、市民の間で市民税の不払い運動が起きましたが、事件の風化ともに収まりました。

 ところが、最近は、どうどうと税金を踏み倒すやからが再び増え出しました。どうやらタゴ事件当時と同様に、税金を払わなくても見逃してくれる安中市の税務体質が復活している可能性があります。

 まずは、広報あんなかの市民税滞納防止を訴えるキャンペーン記事を見てましょう。

続きを読む
5

2009/12/14  20:22

オサカベ自動車の口利き市道を作った岡田市長から資料代20円支払えとの回答書  協立精工北の市道工事の摩訶不思議

■オサカベ自動車が東邦亜鉛安中精錬所に隣接した安中市岩井地区に進出するに際して、岡田市長が自民党県連の重鎮の口利きで、通常では考えられない便宜を図った問題で、11月11日付の安中市役所建設部土木課から到来した異議申立容認通知書で同封されてきた「原材料単価契約明細書」の2ページについて、開示手数料20円を支払えという通知がありました。

 そこで、11月27日付けで、支払い拒否の通告書と、20円支払い請求の根拠について質問書を出していたところ、12月2日付けで、岡田市長(総務部秘書行政課)から、次の回答書が到来しました。

続きを読む
3

2009/12/13  23:56

秘密のヴェールに包まれていた閉鎖都市ウラジオストク・・・現在の実態(その7)  国内外からのトピックス

■ロシアの食べ物と言えば、やはりボルシチです。ボルシチの具にはいろいろな野菜や肉や卵など多種多様な食材が使われ、あたかも日本の具沢山の味噌汁のようです。食材の組み合わせでいろいろなボルシチがあります。このほか、赤カブなどの野菜サラダも種類が豊富で、ぺルメリという一口水餃子など、味もさっぱりしていて、日本人にもよく合います。

 市内には、ロシア料理のほかにも、イタリア料理、ドイツ料理、フランス料理、中国料理、韓国料理、そして数は少ないものの日本料理店もあります。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ボルシチとぺルメリ。ウオッカはロシア料理に欠かせない。
続きを読む
4

2009/12/12  23:09

秘密のヴェールに包まれていた閉鎖都市ウラジオストク・・・現在の実態(その6)  国内外からのトピックス

■ウラジオストクは全長9288キロのシベリア鉄道の起点でもあります。1905年までに中国領満州のハルビンを経由して、モスクワとウラジオストクを繋ぐシベリア鉄道が建設されました。ウラジオストク中央駅の構内には、起点を示す標識が立っています。

クリックすると元のサイズで表示します
ウラジオストク中央駅構内にある全長9288kmのシベリア鉄道の始点を示すマイルポスト。国章である双頭の鷲は東ローマ帝国と同じもの。

続きを読む
4

2009/12/11  23:56

秘密のヴェールに包まれていた閉鎖都市ウラジオストク・・・現在の実態(その5)  国内外からのトピックス

■1917年10月のロシア革命後も、極東に位置していたウラジオストクは1922年まで、赤軍=ソ連政権が進出して来ませんでした。この空白期間に、アトランタ条約で、イギリスとアメリカ軍が当地に入りました。日本も、現地で発生した商社員殺人事件を理由に、軍隊を派遣し、当地のみならず、シベリアのかなり奥地まで進駐しました。これがシベリア出兵とよばれるものです。

 白軍と赤軍による内戦が続いていた1920〜1922年の間、極東共和国の支配下にあったウラジオストクには、各地から白系ロシア人が押し寄せたため、市の人口は、9万7千人から41万人までに増加しました。しかし、1922年10月25日に、最後の外国軍部隊が撤収したため、ウラジオストクは赤軍の支配下に入りました。市の人口は、あっという間に10万8千人にまで減少しました。

クリックすると元のサイズで表示します
ロシア革命で勃発した国民戦争で赤軍が勝利したのを記念する革命広場。両側のモニュメントは、パルチザンの貢献を示す銅像。
続きを読む
3

2009/12/10  23:37

秘密のヴェールに包まれていた閉鎖都市ウラジオストク・・・現在の実態(その4)  国内外からのトピックス

■ウラジオストクの市民は殆ど高層アパートに住んでいますが、これらのアパート群は、街の中心部から少し離れた場所に、ソ連時代から次々に建てられてきました。それぞれの年代で少しずつ違った設計なので、市民は、高層アパートを見れば建築年代がわかるそうです。

 ソ連崩壊後18年が経過しましたが、この過程で所得格差が生じ、裕福な人たちは、郊外の一戸建てに住んでいるか、街の中央部に居住しています。

クリックすると元のサイズで表示します
市内から50キロ離れたウラジオ空港に向かう途中に見える一戸建て。ただし、これはどうやらダーチャと呼ばれる別荘らしい。91年のソ連崩壊後、ウラジオ市民も競って別荘での農園作業がブームになったが、最近は耕作放棄状態のダーチャが増えたという。

続きを読む
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ