2009/12/26  20:55

選挙モード全開の岡田義弘・安中市長の来年4月に向けたチラシ戦略(その5)  困ったちゃん岡田前市政

■安中市土地開発公社の理事長を兼務している岡田義弘安中市長は、来年4月11日投開票の安中市長選への2期目の出馬が取りざたされています。このため、例年より早く、今年の9月13日を手始めに、これまでに、9月25日、10月18日、11月23日と、毎月平均1回以上のペースでチラシを新聞折込しています。

 11月24日のブログ記事で、当会は、「毎月1回程度のペースのようなので、次回は、12月23日の天皇誕生日の祝日か、その前後の日曜日あたりが予想されます。12月25日は群馬銀行へのあらたな今後10年間の和解金支払いの第1回目にあたるので、タゴ事件の真相に触れたチラシ記事が執筆されるかどうかが、注目されます。」と占いました。すると、12月23日の天皇誕生日に、岡田義弘後援会の名前で、第148号のチラシが新聞折込みされ、当会の予想は的中しました。赤字は、前回と同じ部分を示します。

クリックすると元のサイズで表示します
岡田義弘後援会事務所と駐車場。大手組の協力を得て水田に、野殿ヒヤ坂の市道改良工事で出たカドミウム汚染の土を大量に埋め立てて農地法無視で造成。県道とは用水路を隔てていたため、裏にある狭い農道を隣接道路と偽って建築基準法の認可を不当に取得。なんでもありの群馬県政と安中市政のシンボリックな施設。
続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ