幹部職員の薬物汚染による逮捕にも反応が鈍い群馬銀行の体質  土地開発公社51億円横領事件

■群馬銀行の幹部職員が薬物汚染されていたという報道が先週全国版で報道されました。このニュースでは、いかにも群馬銀行らしい対応がみられました。

 覚せい剤取締法違反(譲り受けなど)で逮捕されたのは、群馬銀行の法人部で推進役という役職にあった幹部職員ですが、同じく金融機関関係者で秘書室長が逮捕された川崎信用金庫が、事件発表当日に、いち早く理事長自ら謝罪をしたのに対して、事件が全国的に報道された翌日になって、ようやく会社として謝罪会見をしたのでした。

続きを読む
3




AutoPage最新お知らせ