中曽根派が自民と民主に分かれて八ッ場ダム推進に向け共闘体制を目指す群馬県の政治風土  八ッ場ダム問題

■さて、いよいよ午後8時から、参議院選挙の選挙速報が始まったと思ったら、いきなり中曽根弘文当選というテロップが出てきました。今日、伊勢崎で聞いた話では、中曽根事務所では午後5時半から当選祝いの赤飯の炊き出しの準備を行う予定だとか。

 さて、つい3年前までは、中曽根派の県知事として群馬県に君臨していた小寺弘之を、あろうことか、比例代表で立候補させるという民主党の戦略に、仰天した群馬県民ですが、比例代表の中間くらいに位置しているようなので、ギリギリ当選してしまうかもしれません。こちらは、同じ中曽根派でも、大勲位の子息と異なり、当落が判明するのは一番最後のほうになる模様です。

 もし、小寺弘之が比例代表で当選すれば、前原国交相がかつて公約していた八ッ場ダム工事の中止は完全に骨抜きになることでしょう。

続きを読む
6

フリマ中止を巡る未来塾と安中市・岡田市長とのバトル・・・クロをシロにした一審の仰天判決  安中フリマ中止騒動

■フリマ主催者の未来塾と岡田市長との間で、平成19年9月10日に市長室で開かれた意見交換会のやりとりを、岡田市長が平成19年12月広報紙で虚偽の内容を掲載して未来塾と未来塾代表のイメージダウンを図った事件(事件番号:平成20年(ワ)第49号)は、提訴から20ヶ月目の平成22年5月27日(木)午後1時15分から同16分にかけて、判決が渡されました。

 まず、判決文を見てみましょう。

続きを読む
2




AutoPage最新お知らせ